防犯・安全・法律

弁護士 京介 「家庭の法学」(80) モラハラが原因で離婚する場合の証拠

 こんにちは。弁護士の矢野京介です。今回は「モラハラが原因で離婚する場合の証拠」について、お話いたします。

矢野京介
矢野京介

 配偶者のモラハラでお悩みの方は、離婚したいと考えてはいるけれど、「怖くて言い出せない」「どのように離婚を進めたらよいか分からない」となかなか現状から抜け出せない方が多いのではないでしょうか。

 もし相手が離婚を拒否した場合、相手にモラハラをした自覚がなければ、なおさら協議離婚は困難になります。協議でも調停でも離婚が成立しなければ、裁判所で離婚を認めてもらう「離婚訴訟」という方法をとることになります。離婚訴訟では、民法で定められている法定離婚事由が必要となり、モラハラがあったことを立証する証拠が必要です。

 しかし、モラハラの被害で残るのは「心の傷」ですので、証拠が残りにくいという問題があります。ですから、以下に挙げる証拠として有効なものを一つだけではなく、できるだけ多く揃えることが大切です。

 例えば、(1)モラハラの内容を記載した日記やメモ (2)モラハラの現場を録音・記録したデータ (3)モラハラ夫(妻)から届いたメールやSNS (4)精神科への通院履歴や医師の診断書 (5)警察・公的機関への相談履歴 (6)友人や親族などによるモラハラの証言―などがあります。

 証拠集め、特にモラハラの内容を記載した日記やメモは、時間がかかるかもしれませんが、精神的暴力を受け続け心が傷ついた状態では、冷静な判断が難しくなります。証拠を揃えて準備したら、ご自身を守るため、相手から離れましょう。

 配偶者のモラハラでお悩みの方は、一人で抱え込まず、一度専門家に相談されることをお勧めいたします。

葛西臨海ドリーム法律事務所

広告画像

関連記事

  1. 「目指すのは街の安全だ」浦安防災 「目指すのは街の安全だ」 浦安防災
  2. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(70) 浮気調査の違法性と注意点…
  3. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(77) スピード離婚
  4. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(26) 親権者の決め方
  5. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(83) 離婚前に別居した場合の住…
  6. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(46) 不貞慰謝料請求で退職を要求…
  7. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(88) 夫源病
  8. 第12回セーフティー コンサート 約800人の市民が演奏を満喫 第12回セーフティー コンサート 約800人の市民が演奏を満喫

新着記事

  1. 心待ちにしていた浦安三社例大祭復活
  2. 三社例大祭 ハイライト
  3. 浦安三社例大祭8年ぶりに開催浦安っ子の心意気示す
  4. 東京ディズニーシー、新エリア「ファンタジースプリングス」開業
  5. ウルフ・アロンさん パリ五輪への意気込みを語る

浦安ふじみクリニック
さくら保育園
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP