防犯・安全・法律

弁護士 京介 「家庭の法学」(73) 成年年齢の引き下げと離婚

 こんにちは。弁護士の矢野京介です。今回は、「成年年齢の引き下げと離婚」についてお話いたします。今年4月1日から成年の年齢について規定する民法が改正され、成年年齢は18歳となりました。この成年年齢の引き下げは離婚に何か影響があるのでしょうか。

矢野京介
矢野京介

 結論から申し上げますと、離婚にあたり、成年年齢の引き下げを心配されることはありません。ただ、離婚をする際、親権者を決めなくては離婚ができません。今までは、子どもが20歳未満の場合、親権者を決めなくては離婚できなかったのが、今年4月1日以降は、子どもが18歳未満の場合に親権者を定めないと離婚ができなくなります。

 また、養育費について、この成年年齢引き下げを不安に思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられため、それまで20歳まで支払いを受けることが出来た養育費が18歳までしか支払いを受けられなくなるということはありません。成年年齢と養育費を負担する終期は連動せず、未成熟である限り養育費の負担義務があるのです。

 例えば、未成年であっても自分で稼ぎ自立している場合には、養育費はなしとすることも可能です。他方、子どもが成人していても大学に通っており、自分で稼ぐことが出来ない場合、子どもが大学卒業の年の3月まで養育費を支払う取り決めをすることも可能です。

 養育費の取り決めする場合、支払いの終期や金額はもちろん、支払い方法や後々支払われなくなった時の対策はできているか等、きちんと決めておくことが大切です。離婚や離婚する際の養育費等でお悩みの方は、一度専門家に相談されることをお勧めいたします。

葛西臨海ドリーム法律事務所

広告画像

関連記事

  1. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(74) 生活費を渡してくれない時…
  2. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(32) 婚約破棄の慰謝料
  3. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(41) 養育費を不払いにされた場合…
  4. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(60) 共有財産と特有財産
  5. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(24) 財産分与不動産
  6. 着服の元市税収納員を告訴、上司を処分 着服の元市税収納員を告訴、上司を処分
  7. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(66) うつ病の配偶者との離婚
  8. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(71) 養育費と扶養料の違い

新着記事

  1. 祝100回!Uスタイル ”日本のサッチモ”外山喜雄が登場
  2. 第57回 市民功労者表彰 今年度は晴れて9人が受賞
  3. 浦安商工会議所の臨時総会
  4. 公共施設などで キッチンカーの 利用が可能に
  5. 全国社会人サッカー選手権大会 ブリオベッカ浦安 PK戦で競り勝ち優勝

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
【11/19(土)開催】第3回ブルーオーシャン作戦「日本とアジアをつなぐビーチクリーン~海ごみ拾い・プラ干狩り」

PAGE TOP