医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第48話: 難治癌に朗報。 がん遺伝子検査が保険適応に

 がんは種々の遺伝子の異常によって引き起こされます。その遺伝子異常を一度に調べることのできるがん遺伝子パネル検査が、2019年6月から保険適応となりました。がん遺伝子検査を受けるには、手術で摘出されたがん組織、または診断目的で採取されたがん組織が必要です。3年以内のものが望ましいとされます。

竜 崇正 先生
竜 崇正 りゅう・むねまさ
浦安ふじみクリニック院長
=浦安市富士見2-18-9=

 血液のがんは、今回はがん遺伝子パネル検査の対象になっていません。これらの検査は、国立がん研究センター中央病院や東病院、その他の「がん中核拠点病院」で受けることができます。関東では、東大病院、慶応病院です。これらの遺伝子パネル検査はまだ100から300程度の遺伝子異常を調べるのみで、全ての遺伝子異常を調べるレベルにはないので、限界があります。しかし、標準治療で効果が得られなくなった方には朗報です。

 この遺伝子パネル検査で、治療と関連する遺伝子の変化が見つかる可能性は5割程度。実際にその結果に基づいて治療が実施された患者さんは、全体の1割から2割程度です。具体的な治療薬が見つかった場合でも、それらの治療が保険診療で実施できない場合も多いです。その場合、関連する治験がある場合は、治療が可能になります。それ以外は保険適用外として治療する場合には、先進医療や患者申出療養等の制度を用いる場合や、自費診療などが考えられます。

 遺伝子パネル検査により、明らかにできる遺伝子異常の数は徐々に増えることが期待され、患者の遺伝子情報全体を網羅的に調べる「全ゲノム解析」が行われる方向になっています。多くの症例での「全ゲノム解析」ができれば、日本から新たながん治療薬が創薬される可能性も期待されます。現在、進行がんで悩まれている方も、希望をもって、明るい気持ちで自己の免疫力を高めて生活していくことで、新たな治療薬に巡り合う日が来るかもしれません。

(文責 竜崇正)

広告画像

関連記事

  1. 浦安市が「障がい者等自宅療養緊急支援」を開始 浦安市が「障がい者等自宅療養緊急支援」を開始
  2. 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見
  3. がんと向き合う講演会と相談会  がんと向き合う講演会と相談会
  4. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第57話:新型コロナウィルス感染の予防を…
  5. 新型コロナの検温でブリオベッカに支援の手 新型コロナの検温でブリオベッカに支援の手
  6. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第56話:新型コロナウィルス感染の予防を…
  7. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第49話: 電子タバコ、加熱式タバコの健…
  8. うらやすの人(26): 浦安シティマラソン 最高齢女性ランナー 岩花よし江 さん うらやすの人(26): 浦安シティマラソン 最高齢女性ランナー …

新着記事

  1. 「浦安の漁撈用具3」刊行 浦安市博物館
  2. 新型コロナウイルス対策ステッカーを発行 市内飲食店・店舗・事務所が対象
  3. 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始
  4. うらじょグルメ(15) 趣向を凝らした和食が味わえる 志摩家
  5. うらやすの人(56) 浦安市ゴルフ協会会員 深澤一三さん(71)

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社 富士屋商事
メディケア浦安/田所医院

今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…
嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金

PAGE TOP