医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第52話:動脈硬化予防は「超悪玉コレステロ―ル」の含まれた食品を避ける

 動脈硬化は、高血圧、脂質異常症、糖尿病などによってダメージを受けた血管壁に、悪玉コレステロール(LDL)が入り込むことで進行する。血管壁に入り込んだLDLは、「酸化」されることで異物と認識され、体内の白血球のターゲットとなり、プラークの形成をもたらし、動脈硬化を誘発進行させる。悪玉コレステロールの中でも小型で密度の高い悪玉コレステロール(small dence LDL)が酸化されやすく、動脈硬化を誘発進行させる「超悪玉コレステロールとして近年注目を集めている。

竜 崇正 先生
竜 崇正 りゅう・むねまさ 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見2-18-9=

 血清コレステロール値が正常にもかかわらず、超悪玉コレステロールが動脈硬化を引き起こした例も報告されるようになった。特に心臓の冠動脈が硬化、狭窄をきたして心筋梗塞を起こしやすくなるなど、超悪玉コレステロールと心血管疾患との関連を裏付ける研究結果も報告されている。

 狭窄をきたした心臓の冠動脈を経皮的に広げるインターベンション治療後の冠動脈再狭窄予防に関して、スタチン単独とスタチンとエゼチミブ(ゼチーア)併用の比較試験が2017年に行われ、動脈内皮機能障害は、エゼチミブのコレステロール吸収阻害作用によって軽減されることが示される論文が発表された。

 しかし超悪玉コレステロールについては様々な研究が行われているが、まだ解明できていない点も多く、現行のガイドラインには記載されていない。超悪玉コレステロールを選択的にさげる薬はまだない。だが、超悪玉コレステロールは身近な食品中にも含まれている。

 従って、動脈硬化を防ぐためには、超悪玉コレステロールが多く含まれる食品を食べないようにすべきである。すなわち、焼き鳥の皮の部分、インスタントラーメンの麺、マーガリンやマヨネーズの変色した部分、二度揚げされた揚げ物、漬け込み保存された魚卵、加工肉食品、ビーフジャーキーなどUV照射を受けた食品などに注意すべきである。 (文責 竜崇正)

広告画像

関連記事

  1. がんと向き合う講演会と相談会  がんと向き合う講演会と相談会
  2. 新型コロナの検温でブリオベッカに支援の手 新型コロナの検温でブリオベッカに支援の手
  3. 介護予防・認知症予防フェア 介護予防・認知症予防フェア
  4. 里帰りの母親にも拡大 日帰り、宿泊型産後ケア 里帰りの母親にも拡大 日帰り、宿泊型産後ケア
  5. 60歳からのパワーに期待 デイサービススタッフ養成 60歳からのパワーに期待 デイサービススタッフ養成
  6. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」特別版:新型コロナウィルス 感染の予防を…
  7. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第49話: 電子タバコ、加熱式タバコの健…
  8. 浦安市「コロナ注意報」 6月25 日に発令 浦安市「コロナ注意報」 6月25 日に発令

新着記事

  1. 「浦安の漁撈用具3」刊行 浦安市博物館
  2. 新型コロナウイルス対策ステッカーを発行 市内飲食店・店舗・事務所が対象
  3. 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始
  4. うらじょグルメ(15) 趣向を凝らした和食が味わえる 志摩家
  5. うらやすの人(56) 浦安市ゴルフ協会会員 深澤一三さん(71)

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社 富士屋商事
メディケア浦安/田所医院

今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…
嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金

PAGE TOP