医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第74話: 感染力の強いオミクロン株の市中感染が始まる。 ワクチン追加接種を受け、感染防御を徹底しよう

 COVID-19はデルタ株から、感染力の強いオミクロン株に置き換わり、ヨーロッパやアメリカでは再び感染爆発となっている。感染を制御できたと自慢していた韓国でも、感染爆発となって、死者も出ている。日本では12月になってもCOVID-19感染は下火のままだが、オミクロン株による市中感染が報告されるようになり、警戒が強まっている。

竜 崇正(りゅう・むねまさ) 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見 2-18-9=

 日本で、感染制御されている理由は、殆どの国民がマスクをして外出している事、国民が3密を避け、大声で歓談をしないなど、ルールを守っている事が考えられる。韓国では、ワクチン接種率は日本と同等だが3割がアストラゼネカであり、メッセンジャーRNAワクチンのファイザーやモデルナの日本とはやや異なっている。

 COVID-19は風邪ウイルスの一種なので、獲得免疫の持続期間は短く、追加接種が必要となる。当初は2回目接種後、8か月での3回目接種が計画されていたが、抗体価の低下が確認され、6か月後の3回目追加接種が始まっている。

 12月から医療従事者と高齢者の接種が開始され、医療従事者は1月に終了し、高齢者は2月に大部分が終了。一般の方は2月以降に多く接種、7月に終了予定である。

 発熱などの副反応を恐れて、ワクチン接種しない人達もいるが、発熱は免疫成立を示すもので、恐れる必要は無い。

 COVID-19は呼吸器だけでなく脳神経にも浸潤する。治っても物忘れや思考力の低下、味覚嗅覚障害など脳神経系の後遺症に悩む方が多い。感染予防のため3回目のブースター接種を受けよう。

 治療薬も続々承認され、いつでも投与できるよう準備されている。12月24日にはメルク社の経口治療薬「モルヌピラビル」が特例承認された。年内に20万人分が確保され、合計で160万人分確保の予定である。軽症から中等症の18歳以上で重症化リスクのある患者が対象。臨床試験では、入院・死亡するリスクを30%下げる効果があったと報告されている。

広告画像

関連記事

  1. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第53話:コロナウイルスは一般的な対処で…
  2. 認知症の市民が住み慣れた 地域で生活するために 認知症サポーター講座 認知症の市民が住み慣れた地域で生活するために 認知症サポーター講…
  3. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第48話: 難治癌に朗報。 がん遺伝子検…
  4. がんと向き合う講演会と相談会  がんと向き合う講演会と相談会
  5. 新型コロナのワクチン 接種開始に備え訓練を実施 新型コロナのワクチン 接種開始に備え訓練を実施
  6. 順天堂かゆみ研究センター開設 アジア初 患者のQOL向上目指す 順天堂かゆみ研究センター開設 アジア初 患者のQOL向上目指す
  7. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第70話:COVID-19に対する新しい…
  8. 3回目接種の加速に期待 浦安市ワクチン接種センター開設 3回目接種の加速に期待 浦安市ワクチン接種センター開設

新着記事

  1. 久助稲荷神社の建て替え工事が完成
  2. 「ディズニー・プレミアアクセス」 待ち時間を短縮、時間を指定できる
  3. ベイシニア浦安が市内IT企業と高齢者の安否確認アプリを共同開発
  4. 総勢280人の小学生が参加 白熱の取り組みを繰り広げる わんぱく相撲浦安場所
  5. まちプラ文化祭・市民活動フェスタwith 5/15(日)新緑の休日に多くの市民が参加

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
JAFS関東 SDGs 世界を知るシリーズセミナー2022 「もう一つの生理の貧困 - インド、少数民族の女性たちと生理小屋」

PAGE TOP