医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第81話:オミクロン感染はインフルエンザ感染に変わっただけ、防御を徹底して生活を楽しもう

 オミクロン株「BA.5」による感染「第7波」が拡大している。7月29日現在、1237万5778人が感染、重症者は376人、死亡者は3万2470人だ。「BA.5」に加えて更に感染力の高い「BA.2.75」が登場し、さらに「第7波」の拡大も危惧されている。

竜 崇正(りゅう・むねまさ) 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見 2-18-9=

 オミクロン株前の2020年9月から21年6月までの日本の感染者は67万6267人で、死者1万3409人(致死率2%)だった。これに対し、オミクロン株の21年7月から22年4月までは、感染者687万9899人と10倍になった。だが、死者は1万2877人(0.18%)と減少した。

 年代別の感染者は4月19日時点で、20代から50代は1600人から1850人だが70代は957人、80代は782人と少ない。死者は同日の171人中、80代87人、70代50人。死亡率は70歳以上で3.1%だ。通常の高齢者死亡率は、2019年の統計によれば75歳で1.93%、80歳以上で3.9%だ。

 従来、毎年1000万人以上がインフルエンザに感染して、1万人(0.1%)亡くなっていた。しかし、この2年間インフルエンザ感染は激減し、新型コロナウイルス感染に置き換わった。現在、医療逼迫が危惧されている。私の「浦安ふじみクリニック」でも、発熱患者の診察の予約で満杯の状態だ。医療機関受診までにかなりの時間がかかるのでPCR検査や抗原検査は自前でやって、陽性が確認されて数日たってから、やっと受診できる状態だ。症状が消失しても受診希望者が多いのは、医療機関から保健所への届け出が義務化され、保健所に届けての感染証明により医療費が補助されること、職場や学校からの治癒証明の依頼等が原因だ。

 これからも新型コロナウイルスとの闘いは続くだろう。恐れることなく、身に着けた感染防御策を生かし、経済再生を目指してコロナ前の生活に戻り、もっと生活を楽しんで人生を潤いのあるものにしていくべきだろう。

広告画像

関連記事

  1. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」特別版:変異型感染が大爆発 人との接触を…
  2. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第72話: COVID-19ワクチン、3…
  3. 浦安市「コロナ注意報」 6月25 日に発令 浦安市「コロナ注意報」 6月25 日に発令
  4. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第66話:新型コロナ感染死者数アジア1位…
  5. 順天堂大 増改築 順天堂大、増改築 9階建3号館 29年夏開院
  6. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第75話: オミクロン株の特徴について
  7. 50歳以上のがん検診 初めて胃カメラ導入 50歳以上のがん検診 初めて胃カメラ導入
  8. うらやすの人(65) ストレングス&コンディショニングコーチ 木村 繁 (きむら しげる)さん うらやすの人(65) ストレングス&コンディショニングコーチ …

新着記事

  1. 宿泊者限定オリジナルグッズが登場! 東京ディズニーランドホテル
  2. "夏休みこどもスペシャルDAY!" 走って踊って、笑顔いっぱいの1日
  3. 三番瀬海岸親水施設が完成 オープニングセレモニーを開催
  4. 庁舎入口前に大時計を寄贈 浦安ライオンズクラブ創立50周年記念
  5. 市斎場増築棟が完成 10月中旬から運用開始

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
グローバルフェスタ2022(10/1・2開催) インド先住民 -トライバルの暮らし、就学支援、生理小屋の問題など。ぜひ、ご来場ください!

PAGE TOP