医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第72話: COVID-19ワクチン、3回目ブースター接種が必要

 予防接種法によると「ワクチン接種は国民の努力義務」であることは10月号で紹介した。

 しかし、厚労省の接種についてのお知らせには、強制ではない、強制してはいけないと、ある。予防接種法違反の通達である。接種しなくてもよいことを強調する通達には、国民の健康を守る気概が感じられない。

竜 崇正(りゅう・むねまさ) 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見 2-18-9=

 ウィキペディアによると、ワクチン接種は、1948年までは「罰則規定ありの義務接種」だった。しかし、1976年に「罰則規定なしの義務接種」、1994年からは「努力義務」となった。その背景には、副作用に対する損害補償請求の増加があると思われる。

 新型コロナ感染は世界中に蔓延し、変異もどんどん繰り返している。ワクチンを「義務化」する以外に流行を納めることはできないし、経済の活性化もできないだろう。新型コロナワクチンが、天然痘等のように、終⽣免疫をもつわけではない。

 インフルエンザワクチンは毎年、肺炎球菌ワクチンは5年に1回注射が必要だ。ワクチンの効果の持続性を決めているのは、抗体産生細胞(B細胞)とキラーT細胞、そしてそれらのメモリー細胞の持続性である。

 時間と共に、免疫力が低下しても、ブースターとして、2回、3回追加してワクチンを接種すれば、抗体価が上昇する。

 イスラエルは世界でもいち早くmRNAワクチン(ファイザー)の接種を終えた国だが、半年でファイザーワクチンのデルタ変異ウイルスに対する感染予防⼒は64%まで低下した。そして7⽉ 31⽇から60歳以上に3回⽬のブースター接種を開始。また、12歳以上の国⺠へのブースターを始めた。

 2021年4⽉1⽇、ファイザーは、mRNAワクチン2回接種後1年以内にブースターとして3回⽬の接種が必要と発表した。2021年8⽉アメリカFDAとCDCは、ファイザーととモデルナのmRNAワクチンのブースター接種を承認した。日本でも3回目の接種への準備が進んでいる。

広告画像

関連記事

  1. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第74話: 感染力の強いオミクロン株の市…
  2. 新型コロナウイルスの夜間接種実施 新型コロナウイルスの夜間接種実施
  3. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第71話:コロナワクチン接種は、国民の努…
  4. うらやすの人(63) 浦安市歯科医師会会長 飯田哲也 院長 (55) うらやすの人(63) 浦安市歯科医師会会長 飯田哲也 院長 (…
  5. 富士屋商事社長 志田 健司 日本国の未来は(18)マスクがいかに大事か再確認 富士屋商事社長…
  6. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第54話:新型コロナウィルス感染の予防を…
  7. 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見
  8. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第57話:新型コロナウィルス感染の予防を…

新着記事

  1. 宿泊者限定オリジナルグッズが登場! 東京ディズニーランドホテル
  2. "夏休みこどもスペシャルDAY!" 走って踊って、笑顔いっぱいの1日
  3. 三番瀬海岸親水施設が完成 オープニングセレモニーを開催
  4. 庁舎入口前に大時計を寄贈 浦安ライオンズクラブ創立50周年記念
  5. 市斎場増築棟が完成 10月中旬から運用開始

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
グローバルフェスタ2022(10/1・2開催) インド先住民 -トライバルの暮らし、就学支援、生理小屋の問題など。ぜひ、ご来場ください!

PAGE TOP