医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第80話:3密を避ける日本の戦略が、感染者と死亡者を世界に比して極端に少なくした理由と、科学雑誌Nature が発表


 専門家チームの中心メンバーとして活動してきた東北大の押谷仁先生が、Nature誌に, 日本がコロナ感染と死亡を低く抑えてきた理由について投稿した。世界で最も高齢者が多く、人口が密集している日本で、人口あたりの患者数および死者数は、他のG7諸国よりも大幅に少ない。日本は高齢者のワクチン接種率が高く、マスク装着率も高い。だが、コロナワクチンが開発される前から、死者数は少なかったため、マスク着用だけでは説明がつかない。

竜 崇正(りゅう・むねまさ) 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見 2-18-9=

 COVID-19は、重症化しやすいSARSとは異なり、無症状のまま他人に感染させるので封じ込めが困難だ。日本では憲法上、厳重な隔離ができないため、感染を抑えるには別の方策が必要だった。以前より日本では結核対策として、400の保健所で8000人以上の保健師が接触者追跡調査を行い、感染経路を特定してきた。このシステムがCOVID-19に適応され、2020年2月末までに、多くの感染クラスターを特定。少数の感染者が多くの人に感染させることに気づいた。

 また、感染はエアロゾルを介して拡散するとして、3密(サンミツ)と呼ばれる閉じた環境、混雑した環境、密接に接触する環境―を避ける戦略を採用した。他国が消毒に⼒を⼊れていた中、日本は屋内の食事などで、リスクの高い行為を避けるよう指導した。多くの国民が従い、2020年の日本の流行語大賞は「さんみつ」になった。

 一方、世界では経済優先で、規制を解除して「正常な状態に戻る」政策をとっていたので、感染者が急増、死者が多数出た。日本では国民が3密を守り、ワクチンの普及率が高いため、患者が増えても重症者や死者は少なくなった。以上がNature論文要旨だ。

 オミクロン亜株BA.2、BA.2.12.1,が、南アフリカでBA.4, BA.5 が発生し、第6波を越える心配があった。だが最近1カ月のデータで、その心配はないようだ。ワクチン接種の有効性が証明されており、4回目接種も積極的に受けましょう

広告画像

関連記事

  1. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第68話:ワクチンは極めて有効!感染大爆…
  2. イオンスタイル新浦安4階で「手洗いの日」PRキャンペーン イオンスタイル新浦安4階で「手洗いの日」PRキャンペーン
  3. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第78話: オミクロン株も、重症化防ぐた…
  4. 順天堂大 増改築 順天堂大、増改築 9階建3号館 29年夏開院
  5. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第61話: 若い女性よ!子宮頸がんワクチ…
  6. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第86話:新型コロナにインフルエンザの追…
  7. 竜氏が春の叙勲で「瑞宝小綬章」受章の栄誉 竜氏が春の叙勲で「瑞宝小綬章」受章の栄誉
  8. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第75話: オミクロン株の特徴について

新着記事

  1. 心待ちにしていた浦安三社例大祭復活
  2. 三社例大祭 ハイライト
  3. 浦安三社例大祭8年ぶりに開催浦安っ子の心意気示す
  4. 東京ディズニーシー、新エリア「ファンタジースプリングス」開業
  5. ウルフ・アロンさん パリ五輪への意気込みを語る

浦安ふじみクリニック
さくら保育園
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP