医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第69話:mRNAワクチンは安全、一人残らずワクチンを打とう

 COVID-19ウイルス感染は、ヒト細胞表面のスパイク状の突起蛋白にウイルスが結合し、ヒト細胞内に侵入することで起きる。世界的に広がったこの感染は、オリンピック開催中の日本でも大爆発し、死者も1万6千に迫っている。呼吸不全になれば、人工呼吸でステロイド投与する以外、治療法はない。唯一の防御策はワクチン接種だ。

竜 崇正(りゅう・むねまさ) 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見 2-18-9=

 通常のワクチンは、弱毒もしくは無毒化した細菌やウイルスで作成する。だが、現在接種しているワクチンは、ヒト細胞表面のスパイク蛋白の一部を遺伝子組み換え技術で合成。メッセンジャーRNA(mRNA)に置き換えて作る。

 そのため接種すると、自分の遺伝子に異常が起きて自己免疫疾患になるという誤った情報が拡散。若者らにワクチン接種しない人がいる。防疫は国家の義務だ。ワクチンで天然痘やポリオ、結核が駆逐された。ワクチン未接種者が多いと集団免疫は成立せず、未接種の中で感染が蔓延持続する。アメリカやイギリスの感染再燃を見れば、理解できよう。遺伝子組み換え技術は食糧生産などで普遍的な技術である。RNAは細胞の核内に入ることはなく、核内の遺伝子、DNAに影響することはない。合成mRNAを体内に導入する研究は、がん治療目的で30年前から世界中で行われていた。

 実用化は困難だった。だが、mRNAの不安定さは脂質膜の被包と低温保存で解決された。炎症も大きな問題だった。細胞内tRNA投与では炎症がないことに着目し、mRNAの塩基の一部をtRNAシュードリジンに変えることで解決した。研究は2000年代のSARSや新型インフルエンザのパンデミックを機に、ウイルスワクチン研究にシフトした。

 そんな中、昨年1月に武漢の白博士が中国政府の意向に反してCOVID-19の遺伝子情報を公開した。それを機に、mRNAワクチン研究が花開き、画期的なmRNAワクチンが短期間に実用化される奇跡が起きたのだ。

広告画像

関連記事

  1. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第59話: COVID-19 感染者は減…
  2. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第71話:コロナワクチン接種は、国民の努…
  3. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第50話: ペットと肺がん
  4. 浦安市が「障がい者等自宅療養緊急支援」を開始 浦安市が「障がい者等自宅療養緊急支援」を開始
  5. 高洲に新タイプの病院 31年度中オープン リハビリ、終末医療担う 高洲に新タイプの病院 31年度中オープン リハビリ、終末医療担う…
  6. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第77話: COVID-19 を恐れず、…
  7. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第73話: COVID-19 感染に朗報…
  8. 里帰りの母親にも拡大 日帰り、宿泊型産後ケア 里帰りの母親にも拡大 日帰り、宿泊型産後ケア

新着記事

  1. 久助稲荷神社の建て替え工事が完成
  2. 「ディズニー・プレミアアクセス」 待ち時間を短縮、時間を指定できる
  3. ベイシニア浦安が市内IT企業と高齢者の安否確認アプリを共同開発
  4. 総勢280人の小学生が参加 白熱の取り組みを繰り広げる わんぱく相撲浦安場所
  5. まちプラ文化祭・市民活動フェスタwith 5/15(日)新緑の休日に多くの市民が参加

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
JAFS関東 SDGs 世界を知るシリーズセミナー2022 「もう一つの生理の貧困 - インド、少数民族の女性たちと生理小屋」

PAGE TOP