医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第86話:新型コロナにインフルエンザの追い打ち。マスク着用とうがいを励行して、解熱剤も準備しておきましょう

 昨年12月になってからも、新型コロナ感染は急増し、12月24日の感染者14万9655人、死者は339人だった。11月1日での感染者は6万7841人、死者は57人だったので倍増である。

竜 崇正(りゅう・むねまさ) 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見 2-18-9=

 国立感染研のウイルスゲノムの解析データでは、BA.5.2とその子BA.5.2.1、孫BF.5の3株が60%を占めている。1月前は、BA.5.2系統が75%とやや減少傾向である。世界主流であるBQ.1が5.6%、BF.7 が4.8%とBQ.1系統が少しずつ増加している点が要注意だ。

 欧米諸国ではBQ.1系統が他の変異株を抑えて増え始めている。8月29日には日本、韓国、シンガポール、フランス、ドイツ、イギリス、アメリカなど、すべての国でBA.5由来の変異株が79%以上を占めていた(日本は98%)。それから12月かけてアメリカではBQ.1とBQ.1.1がどんどん増え、12月10日には66%に達している。フランス、イギリスでもBQ.1が60%以上を占めるようになった。日本のBQ.1は6%だが、今後増える可能性が高い。

 また問題なのは、インフルエンザとのダブル感染だ。浦安ふじみクリニックでは11月の発熱外来患者中、新型コロナは30%、インフルエンザはゼロだったが、12月26日現在、新型コロナは80%、インフルエンザも10%になった。インフルエンザで学級閉鎖になった地域もあり、今後の流行が心配される。

 症状だけでは、新型コロナかインフルエンザかの見分けがつかない。インフルエンザは発症と同時にタミフルやイナビルなどで治療をすれば、すぐ治癒させることができるが、浦安市内で発熱外来予約に時間がかかり、発症してすぐ治療とはいかないのが現状だ。行政及び医師会の更なる対応が望まれる。

 市民の皆さんは、カロナールやロキソニンなどの解熱鎮痛薬を常備しておく必要がある。新型コロナウイルスオミクロン株は咽頭で増殖するが、肺には進展しないので重症化しにくいと言われている。だが、マスク着用や嗽の励行など、感染防御策の徹底を心がけることが重要である。

広告画像

関連記事

  1. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第58話:全国民に新型コロナウイルス感染…
  2. イオンスタイル新浦安4階で「手洗いの日」PRキャンペーン イオンスタイル新浦安4階で「手洗いの日」PRキャンペーン
  3. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第63話:新型コロナウイルス感染を恐れず…
  4. あつまれ!うんどう公園 シニアスペシャルDAY あつまれ!うんどう公園 シニアスペシャルDAY
  5. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第81話:オミクロン感染はインフルエンザ…
  6. 「浦安市 地域医療体制 連絡調整会議」設置 「浦安市 地域医療体制 連絡調整会議」設置
  7. 3月7日より5歳~11歳 小児ワクチン接種開始 3月7日より5歳~11歳 小児ワクチン接種開始
  8. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第68話:ワクチンは極めて有効!感染大爆…

新着記事

  1. ブリオベッカ浦安JFL昇格決定「浦安旋風を巻き起こす」
  2. 大好きなミニーマウスに想いを伝えよう! 「ミニー・ベスティーズ・バッシュ!」開催
  3. 年頭のご挨拶:「共創」のまちづくりに向けて 浦安市市長 内田悦嗣
  4. 年頭のご挨拶:『平和な浦安』の街づくりに邁進 浦安市議会議長 宝 新
  5. 1500品目の冷凍食品を取り揃える「@Frozen(アットフローズン)」 自宅で食事をする機会が増え、ニーズ高まる

ダイニチグループ
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
JAFS関東-アジア協会アジア友の会 (JAFS) は、貧困に苦しむアジアの村へ安全な水(井戸)を贈り、生活の自立を支援する国際協力NGOです

PAGE TOP