医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第67話:医療崩壊の中、感染しても自宅待機。死を避けるため皆でワクチンを打とう

 変異型ウイルスは、イギリス本土と同様に日本でも、イギリス型からインド型に置き換わりつつある。インド型は更に感染力が強く、死亡率も高いので注意が必要だ。今まで重症化しないとされてきた22歳の若者が相次いで亡くなったニュースは衝撃だった。

竜 崇正(りゅう・むねまさ) 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見 2-18-9=

 浦安ふじみクリニックを受診したCOVID-19患者40人中、10代は3人、20代は13人、30代は7人、40代が6人、50代が8人で、60歳以上は3人と少なかった。この3人も若者からの家庭内感染だった。実に57.5%が30代以下の若者だった。

 マスコミのミスリードで、感染しないとされていた若者が感染を広げていたのだ。若者にワクチンを打たない限り、感染は制御できない、若者に打てるのは何時になるのだろうか。

 日本で接種されているファイザー社製ワクチンの有効性を示す論文が発表された。有効率はイギリス変異株に対し、2回目接種後14日以上で89.5%、南アフリカ変異株は75.0%だった。特に重症、致命的な病態に対し、2回目接種後14日以上での有効率は97.4%と高かった。

 インド型変異株に対する有効性の検討はまだないが、横浜市大の報告では中和抗体の陽性率が低下するような傾向は見られなかった。

 現在、医療情勢は逼迫し、COVID-19感染者は入院できる状態にない。ホテルや自宅待機となり、指定感染症のため保健所管轄になる。だが保健所は患者治療の場所ではなく、患者は極めて危険な状態になる。

 一例を示そう。当院に4月27日来院した37.5度の熱で来院した53歳の患者は、入院できず自宅待機になった。翌日熱が38度以上になったが、保健所の指示はなく、家族からの連絡で緊急入院させた。入院後、肺炎の診断で、直ちに気管内挿管し、人工呼吸器に2週間繋がれ、辛うじて治癒した。

 医療情勢逼迫で入院できない今、感染したら直ちに命の危険が迫るのが現実だ。一刻も早くワクチンを打とう。

広告画像

関連記事

  1. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第94話:日本のエーザイが開発した認知症…
  2. 病院、介護・保育を提供 東野複合施設完成 病院、介護・保育を提供 東野複合施設完成
  3. 大規模災害救急医療協定を締結 浦安市と順天堂大学病院 大規模災害救急医療協定を締結 浦安市と順天堂大学病院
  4. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第61話: 若い女性よ!子宮頸がんワクチ…
  5. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第80話:3密を避ける日本の戦略が、感染…
  6. 里帰りの母親にも拡大 日帰り、宿泊型産後ケア 里帰りの母親にも拡大 日帰り、宿泊型産後ケア
  7. 新型コロナ対策用マスク提供で感謝状 新型コロナ対策用マスク提供で感謝状
  8. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第50話: ペットと肺がん

新着記事

  1. 心待ちにしていた浦安三社例大祭復活
  2. 三社例大祭 ハイライト
  3. 浦安三社例大祭8年ぶりに開催浦安っ子の心意気示す
  4. 東京ディズニーシー、新エリア「ファンタジースプリングス」開業
  5. ウルフ・アロンさん パリ五輪への意気込みを語る

浦安ふじみクリニック
さくら保育園
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP