医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第93話:ポジティブ思考で鬱病は改善するとの科学論文。過去の楽しいことを思い出し、明日の楽しい事を計画しよう

 過去の楽しい記憶、明るい未来の想像など、現在の状態と異なる、明るく楽しい状態を考える「マインドワンダリング」が、鬱病予防効果があるのか、その意義が注目されている。

竜 崇正(りゅう・むねまさ) 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見 2-18-9=

 その逆の、常に悲観的にものを考える「ネガテイブ思考」は、うつ病の発症や持続に関係するのではないかと考えられていた。

 オランダ・フローニンゲン大学のMarlijn E.Besten氏らは、認知科学および実験臨床心理学の手法を組み合わせたマインドワンダリングの鬱病予防効果、および反復的なネガティブ思考のうつ病増悪に対する影響を調査した。

 対象は、ネガティブ思考の強い群(以下、ネガテイブ群)42例、弱い群(以下ポジテイブ群)40例だ。それぞれの群に、ネガテイブな事ばかり考える「ストレス誘発試験」と明るく楽しい状態を空想する「ポジテイブ空想試験」を施行した。

 主な結果は以下の通りだ。ストレス誘発試験後は、ネガティブ群ではさらに「鬱状態」が増悪したが、ポジティブ群では増悪しなかった。ポジティブ空想試験後は、ネガテイブ群ではポジティブ思考が増加して「鬱状態」が改善した。ポジティブ群では、ポジティブ空想試験前後で大きな差はなかった。

 この試験の結果から、悲観的にものを考える人は、「鬱病」になりやすく、またさらに「鬱状」が増悪することが明らかになった。それに対して、過去の楽しい出来事を考えたり、明るい未来を想像したりする「明るいポジティブ空想」は、鬱病の発症予防や、鬱状態を改善できることが明らかになった。

 皆で楽しいことを空想し、悲観的に考えるのをやめよう。慎重に考えて行動するのと、悲観的にものを考えるのとは違うことを銘記すべきである

広告画像

関連記事

  1. 順天堂大 増改築 順天堂大、増改築 9階建3号館 29年夏開院
  2. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第94話:日本のエーザイが開発した認知症…
  3. 足腰が不安でもお出かけできる ~近距離モビリティ「WHILL」 浦安ブライトンホテル東京ベイ 足腰が不安でもお出かけできる ~近距離モビリティ「WHILL」 …
  4. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第75話: オミクロン株の特徴について
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催 おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催
  6. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第87話:COVID-19感染は収まりつ…
  7. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第53話:コロナウイルスは一般的な対処で…
  8. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第85話:マスクはCOVID-19感染防…

新着記事

  1. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活
  2. 迫力ある取組を生で観戦 大相撲浦安場所 4/18開催
  3. ウルフ・アロン選手がパリ五輪内定 東海大浦安高出身 東京五輪金メダリスト
  4. 接戦を制し九州に7対6で競り勝つ 浦安D-ロックス
  5. 東京ディズニーシー新テーマポート ファンタジースプリングス 6月6日にいよいよ開業!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP