スポーツ

NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス プレーオフ2回戦で無念のノーサイド トップ4は新リーグへ持ち越し

 日本最高峰「トップリーグ2021」で初のトップ4を目指していたNTTコミュニケーションズ シャイニングアークス(以下アークス)。ノックアウト方式のプレーオフ・トーナメント初戦(2回戦)が4月25日、東京・江戸川区陸上競技場で行われた。

前半9分、強力スクラムでヒットから優勢となり相手の反則を誘発

 リーグ戦で3勝3敗1分けの成績を残したアークスは、同じく3勝3敗だったキヤノンイーグルスと激突。この日に備えて、メンバー、ノンメンバーともに入念な練習を重ねて、キックオフを迎えた。

 正午に開始した運命の一戦で、先制したのはキヤノンだった。

 反則からの速攻で突破を許し、石田大河が懸命に戻ったが、オフロードパス(タックルを受けながらのパス)がつながってしまいトライを奪われた。

 7点を先制されたアークスだが、スクラムでは優勢に立った。前半9分、庵奥翔太、山口達也、三宮累を並べた強力スクラムでは優勢となり、相手の反則を誘発。グレイグ・レイドローがPG(ペナルティゴール)で3点を返した。

 さらに前半17分には、2021年度の日本代表候補に選ばれた前田土芽が、ラックで相手に絡みついてペナルティを誘発。レイドローが30メートル超えのPGを成功させて3点を追加し、1点差の6対7に迫った。

 この日はバックス陣もディフェンスで躍動。タッチライン際で石田大河が絡めば、石井魁も激しいファイトで反則を誘う。

 しかし前半23分、元アークスのアマナキ・レレイ・マフィがアークス陣内でジャッカルを成功せると、キヤノンが好機を仕留めて2トライ。6対14となるが、鶴谷昌隆がモールの守備で奮闘するなどしてさらなる失点を防いだ。

 このまま前半終了かと思われた42分、キヤノンはスクラムからの連続攻撃で、ミスマッチを仕留めて3トライ目。19対6と、キヤノンの13点リードで前半を折り返した。

後半、アークスは守備から反則を誘い相手陣地でプレッシャーをかける

 後半は、キヤノンが4分のPG成功で22対6とリードを16点としたが、アークスは守備から反則を誘い、相手陣地でプレッシャーをかける。

 すると後半11分、スクラムからのアタックで前田土芽がタックルを受けながらも前進する強さを見せ、この日のチーム初トライを決める! 

 際の強さをワンハンドのトライで証明し、レイドローのゴール成功で13対22の9点差に迫った。

 後半24分には2年目の竹内柊平が途中出場してトップリーグデビュー果たす。ファーストプレーでスクラムを組み、自慢のフィジカルを全面に押し出して動き回った。

 追撃ムードになったアークスだが、以後は無得点となってしまった。

 一方、キヤノンは後半15分以降に3連続トライを奪い、13対43でノーサイドを迎えた。

 ヒュー・リースエドワードヘッドコーチは、「私たち自身もそうですが、ファンのみなさんや選手の家族をガッカリさせてしまい、とても悔しい。シャイニングアークスはアタッキングチームだが、前半はキヤノンさんに攻撃をさせてもらえず、後半もエラーから相手に得点を許してしまった」と、無念さをにじませた。

 プレーオフ・トーナメントはノックアウト制で敗者復活はなく、アークスのトップリーグ2021年はノーサイドとなった。しかし、2022年1月には新リーグが開幕する予定だ。初のトップ4は来期へ持ち越しとなった。

広告画像

関連記事

  1. 春の市民親睦ゴルフ大会 男子80人、女子27人参加で開催 春の市民親睦ゴルフ大会 男子80人、女子27人参加で開催
  2. 浦安市市制施行40周年記念 第33回東京ベイ浦安シティマラソン 雨にも負けず2200人が力走 浦安市市制施行40周年記念 第33回東京ベイ浦安シティマラソン …
  3. うらやすの人(46) 東海大浦安高校剣道部監督 榊 悌宏さん(55) うらやすの人(46) 東海大浦安高校剣道部監督 榊 悌宏さん(5…
  4. 「コロナに負けない絆づくり」テーマに 10月16日に小・中学生地域交流運動会開催 「コロナに負けない絆づくり」テーマに 10月16日に小・中学生地…
  5. 総勢280人の小学生が参加 白熱の取り組みを繰り広げる わんぱく相撲浦安場所 総勢280人の小学生が参加 白熱の取り組みを繰り広げる わんぱく…
  6. 市民ゴルフ大会参加募集 10月20日まで 30組120名 市民ゴルフ大会参加募集 10月20日まで 30組120名
  7. ラグビーワールドカップ2019 記念イベント開催
  8. ブリオベッカ浦安 終盤で連続失点重ね 逆転負けを喫する ブリオベッカ浦安 終盤で連続失点重ね 逆転負けを喫する

新着記事

  1. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活
  2. 迫力ある取組を生で観戦 大相撲浦安場所 4/18開催
  3. ウルフ・アロン選手がパリ五輪内定 東海大浦安高出身 東京五輪金メダリスト
  4. 接戦を制し九州に7対6で競り勝つ 浦安D-ロックス
  5. 東京ディズニーシー新テーマポート ファンタジースプリングス 6月6日にいよいよ開業!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP