うらやすの人(61) 聖火ランナー 小林澄子さん (65) やると決めたからには英知を集め、万全の対策で

7月3日・いつもの聖火とは違うみんなの思いをつなぎます

 東京五輪の聖火リレーが7月3日、浦安市で行われる。地域医療を支える小林クリニック(入船)の小林澄子院長は聖火ランナーとしてトーチを掲げ、走る。

聖火ランナー 小林澄子さん

 姪から「走ってみない」と勧められて応募したという。聖火ランナーに選ばれたときは、日本中に夢と希望があふれていた。

 重い病気の患者も自らを奮い立たせたそうだ。

 ─東京五輪だ。浦安で聖火リレーを見よう。がんばろう。

 だが コロナ禍で状況は一変する。

 「いろんな思いがあります。言葉にすることは難しい」と静かに語る。

 新型コロナウイルスが日本列島を襲い、収束を見通すことはできない。東京五輪をめぐっては様々な意見がある。

 「やると決めたからには英知を集め、万全の対策をとって開催すべきです。コロナに負けちゃいけない」

 人類は火を用いることで進化してきた。聖火には特別な力があるのではないか。コロナに立ち向かう人々を鼓舞することができるかもしれない。

 「いつもの聖火とは違う。みんなの思いをつないで走ります」

 前回の東京五輪(1964年)が開催されたとき、小林さんは東京都渋谷区の小学生だった。感動したという。

 当時、渋谷区の小学校陸上大会は国立競技場で開かれていた。

 ─東京五輪の舞台となった国立競技場に出たい。練習を重ね、走り幅跳びの選手として出場を果たす。走ることは好きだ。30 代でハーフマラソンに挑戦した。

 祖父と父は医師。その姿を見て医師を志す。心の通った医療を掲げ、ペインクリニック科、消化器科、そして在宅ホスピスに取り組む。

 好きな花はバラ。趣味はケーキ作り、日本舞踊、宝塚歌劇・歌舞伎鑑賞など多彩。大切にしている言葉は「清く正しく健やかに」

広告画像

関連記事

  1. バトン世界大会優勝の上田莉夢(りのん)選手 市役所に凱旋、快挙を報告 バトン世界大会優勝の上田莉夢(りのん)選手 市役所に凱旋、快挙を…
  2. 柔道・全日本選手権優勝 ウルフ・アロン選手が表敬訪問 柔道・全日本選手権優勝 ウルフ・アロン選手が表敬訪問
  3. うらやすの人(43) 日本車いすスポーツ協会代表理事 坂口 剛さん うらやすの人(43) 日本車いすスポーツ協会代表理事 坂口 剛さ…
  4. 富士屋商事社長 志田 健司 日本国の未来は(10) リセット元年 富士屋商事社長 志田 健司…
  5. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(36) モラハラ夫(妻)との離婚
  6. ブリオベッカ浦安 一進一退続く ブリオベッカ浦安
  7. うらやすの人(42) 自転車トラック競技日本代表 中村妃智(きさと)さん(25) うらやすの人(42) 自転車トラック競技日本代表 中村妃智(きさ…
  8. 市民の安全、最優先 新浦安署長が強調 市民の安全、最優先 新浦安署長が強調

新着記事

  1. 本紙記者 塩塚 保 のワクチン接種体験記 順調に完了!
  2. 浦安市議会 正・副議長、各常任委員会 委員を選出
  3. パートナーシップ宣誓制度 同性カップルに宣誓受領証交付
  4. 7月3日に浦安市で実施予定だった 東京五輪聖火リレーが中止
  5. うらじょグルメ(24) 心惹かれる佇まいと雰囲気ある空間で 素敵なサービスと共に味わう 創作地中海料理 「payaso(パジャッソ)」

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP