うらやすの人(61) 聖火ランナー 小林澄子さん (65) やると決めたからには英知を集め、万全の対策で

7月3日・いつもの聖火とは違うみんなの思いをつなぎます

 東京五輪の聖火リレーが7月3日、浦安市で行われる。地域医療を支える小林クリニック(入船)の小林澄子院長は聖火ランナーとしてトーチを掲げ、走る。

聖火ランナー 小林澄子さん

 姪から「走ってみない」と勧められて応募したという。聖火ランナーに選ばれたときは、日本中に夢と希望があふれていた。

 重い病気の患者も自らを奮い立たせたそうだ。

 ─東京五輪だ。浦安で聖火リレーを見よう。がんばろう。

 だが コロナ禍で状況は一変する。

 「いろんな思いがあります。言葉にすることは難しい」と静かに語る。

 新型コロナウイルスが日本列島を襲い、収束を見通すことはできない。東京五輪をめぐっては様々な意見がある。

 「やると決めたからには英知を集め、万全の対策をとって開催すべきです。コロナに負けちゃいけない」

 人類は火を用いることで進化してきた。聖火には特別な力があるのではないか。コロナに立ち向かう人々を鼓舞することができるかもしれない。

 「いつもの聖火とは違う。みんなの思いをつないで走ります」

 前回の東京五輪(1964年)が開催されたとき、小林さんは東京都渋谷区の小学生だった。感動したという。

 当時、渋谷区の小学校陸上大会は国立競技場で開かれていた。

 ─東京五輪の舞台となった国立競技場に出たい。練習を重ね、走り幅跳びの選手として出場を果たす。走ることは好きだ。30 代でハーフマラソンに挑戦した。

 祖父と父は医師。その姿を見て医師を志す。心の通った医療を掲げ、ペインクリニック科、消化器科、そして在宅ホスピスに取り組む。

 好きな花はバラ。趣味はケーキ作り、日本舞踊、宝塚歌劇・歌舞伎鑑賞など多彩。大切にしている言葉は「清く正しく健やかに」

広告画像

関連記事

  1. うらやすの人(53) 船宿吉野屋 吉野眞太朗さん(69) うらやすの人(53) 船宿吉野屋 吉野眞太朗さん(69)
  2. うらやすの人(33): 車いすテニス 日本ジュニア ランキング1位 坂口竜太郎選手(13) うらやすの人(33): 車いすテニス 日本ジュニア ランキング1…
  3. 富士屋商事社長 志田 健司 日本国の未来は(11) 内田浦安市長へ 市民の命お守り下さい 富…
  4. うらやすの人(34): ボランティア弁当作り 40年 飯嶋町子さん(79) うらやすの人(34): ボランティア弁当作り 40年 飯嶋町子さ…
  5. 「トーチキス」セレモニー浦安代表 浦田一哉さん(元日本青年会議所副会頭、ブリオベッカ浦安後援会会長) 「トーチキス」セレモニー浦安代表 浦田一哉さん(元日本青年会議所…
  6. 商工会議所が役員改選 新会頭に熊川賢司氏を選出 商工会議所が役員改選 新会頭に熊川賢司氏を選出
  7. 選りすぐりの9作品 ドキュメンタリー映画祭 6/15〜17 選りすぐりの9作品 ドキュメンタリー映画祭 6/15〜17
  8. 市少年消防団が2連覇 市少年消防団が2連覇

新着記事

  1. ウルフ・アロンが内田市長を表敬訪問 3年後のパリを目指す
  2. 東京パラリンピック競泳・鈴木孝幸選手「金1」「銀2」「銅2」のメダルラッシュ!前大会の雪辱を果たす
  3. 鈴木選手、創意工夫を重ねて進化し続ける「ないものを嘆くな。あるものを生かせ」
  4. 壁も境界もなく夢にまい進 IPCとアスリートの架け橋になりたい
  5. 東京パラ・車いすラグビー 池崎大輔 熱量MAXで「銅」2大会連続のメダル獲得

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
株式会社富士屋商事
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP