行政

内田市長が再選を果たす 新型コロナ禍の中、異例の選挙戦を制す

 内田悦嗣市長(56)が3月21日の浦安市長選で再選された。14日に告示された選挙で内田氏は「浦安に住む人、訪れた人すべてがうらやす大好きといえる街を作る」と訴え、多くの支持を集めた。

ダルマに目を入れる内田氏

 21日午後9時から、舞浜のバルドラール浦安アリーナ(市総合体育館)で行われた開票は順調に進んだ。午後10時半すぎ大勢が明らかになり、堀江の内田候補の選挙事務所に「当選確実」の吉報が届いた。新型コロナ感染防止から、内田氏は支持者と声を出さない万歳を行って、2期目当選を祝った。

 内田氏は「多くの人に支えられて2期目を迎えられることになり感無量だ。まずワクチン接種を進める。昨年策定された総合計画を進め、笑顔が輝く浦安を作る。足元から浦安を再構築して、浦安再編を進める」とあいさつした。

 感染防止から勝利報告は簡素化されたが、お祝いのタイが支持者から届けられるなど、事務所内は祝勝ムードであふれた。

 内田氏は22日午後、市役所で宮下喜久子選管委員長から当選証書を受け取り、26日に市長2期目の初登庁をした。

 任期満了に伴う市長選には現市長の内田氏と、前の市長だった松崎秀樹氏(71)の無所属2人が立候補した。少子高齢化と新型コロナ禍での街づくりをどう進めるかが争点となった。新型コロナ感染に配慮して大がかりな出陣式を行わないなど、異例の選挙戦だった。

 内田氏は安全安心な市民生活の確保と、1期目から取り組む市事業再構築を進めた浦安再編を行うことを訴え、自民、公明、維新の推薦もあって支持を広げた。松崎氏は子育て、福祉政策の重視を訴えたが及ばなかった。

 投票率は45.74パーセントで、4年前の45.20パーセントからわずかに上がった。

広告画像

関連記事

  1. 防災まちづくりアンケート 当代島でも実施へ 防災まちづくりアンケート 当代島でも実施へ
  2. 「まちづくりプラザ」スタート 旧入船北小がリニューアル 「まちづくりプラザ」スタート 旧入船北小がリニューアル
  3. 「ゆるキャラ総選挙」 郷土博物館の キャラクター『あっさり君』が当選 「ゆるキャラ総選挙」 郷土博物館の キャラクター『あっさり君』が…
  4. 50歳以上のがん検診 初めて胃カメラ導入 50歳以上のがん検診 初めて胃カメラ導入
  5. 感染拡大防止を市民に呼びかけ 大切な家族・友人を守るため、責任感持った行動を 感染拡大防止を市民に呼びかけ 大切な家族・友人を守るため、責任感…
  6. 市議会が新議長選出 市議会が新議長選出
  7. 人形を使った遺体取扱訓練 首都直下型で震度7想定 人形を使った遺体取扱訓練 首都直下型で震度7想定
  8. 33年1月から 上下水道料金徴収一元化 33年1月から 上下水道料金徴収一元化

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP