行政

内田市長が再選を果たす 新型コロナ禍の中、異例の選挙戦を制す

 内田悦嗣市長(56)が3月21日の浦安市長選で再選された。14日に告示された選挙で内田氏は「浦安に住む人、訪れた人すべてがうらやす大好きといえる街を作る」と訴え、多くの支持を集めた。

ダルマに目を入れる内田氏

 21日午後9時から、舞浜のバルドラール浦安アリーナ(市総合体育館)で行われた開票は順調に進んだ。午後10時半すぎ大勢が明らかになり、堀江の内田候補の選挙事務所に「当選確実」の吉報が届いた。新型コロナ感染防止から、内田氏は支持者と声を出さない万歳を行って、2期目当選を祝った。

 内田氏は「多くの人に支えられて2期目を迎えられることになり感無量だ。まずワクチン接種を進める。昨年策定された総合計画を進め、笑顔が輝く浦安を作る。足元から浦安を再構築して、浦安再編を進める」とあいさつした。

 感染防止から勝利報告は簡素化されたが、お祝いのタイが支持者から届けられるなど、事務所内は祝勝ムードであふれた。

 内田氏は22日午後、市役所で宮下喜久子選管委員長から当選証書を受け取り、26日に市長2期目の初登庁をした。

 任期満了に伴う市長選には現市長の内田氏と、前の市長だった松崎秀樹氏(71)の無所属2人が立候補した。少子高齢化と新型コロナ禍での街づくりをどう進めるかが争点となった。新型コロナ感染に配慮して大がかりな出陣式を行わないなど、異例の選挙戦だった。

 内田氏は安全安心な市民生活の確保と、1期目から取り組む市事業再構築を進めた浦安再編を行うことを訴え、自民、公明、維新の推薦もあって支持を広げた。松崎氏は子育て、福祉政策の重視を訴えたが及ばなかった。

 投票率は45.74パーセントで、4年前の45.20パーセントからわずかに上がった。

広告画像

関連記事

  1. 本紙記者 塩塚 保 のワクチン接種体験記 順調に完了! 本紙記者 塩塚 保 のワクチン接種体験記 順調に完了!
  2. 浦安市が墓地公園の特別枠募集 浦安市が墓地公園の特別枠募集
  3. 病院、介護・保育を提供 東野複合施設完成 病院、介護・保育を提供 東野複合施設完成
  4. 浦安市議会 議決すべき事件を定める条例可決 浦安市議会 議決すべき事件を定める条例可決
  5. 猫実A地区も都市計画告示 自転車通行帯で車と分離 猫実A地区も都市計画告示 自転車通行帯で車と分離
  6. 法定雇用障害者数下回っていた 法定雇用障害者数下回っていた
  7. 平成31年度当初予算案を発表 予算規模合計は約1040億円 平成31年度当初予算案を発表 予算規模合計は約1040億円
  8. 浦安市墓地公園 複合霊堂が完成 8月1日より使用 浦安市墓地公園 複合霊堂が完成 8月1日より使用

新着記事

  1. ブリオベッカ浦安 全国地域サッカーチャンピオンズリーグ優勝 12月6日、正式にJFL昇格が決定!
  2. 12月25日まで クリスマスの特別イベントを開催中 東京ディズニーリゾート
  3. JASRAC音楽文化賞 ジャズの外山夫妻が受賞
  4. 「浦安アートプロジェクト」ワークショップ開催 ポンプ場から未来を創造しよう―新しい姿に変容させる
  5. 東京ディズニーシー(R) 日本のテーマパークで初! 「2022 アプローズ・アワード」受賞

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
【11/19(土)開催】第3回ブルーオーシャン作戦「日本とアジアをつなぐビーチクリーン~海ごみ拾い・プラ干狩り」

PAGE TOP