医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第61話: 若い女性よ!子宮頸がんワクチンを打とう 17歳未満接種でリスク低下9割 スエーデンでがん予防効果が証明

 子宮頸がんはヒトパピローマウイルスが原因で感染するとされ、ウイルスに対するワクチンが開発され、このワクチン投与が世界標準となった。

竜 崇正
竜 崇正(りゅう・むねまさ)
浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見2-18-9=

 日本では2013年4月に、世界に遅れて定期接種化された。だが注射による疼痛が取り上げられ、無効だと反対するグループもあり、6月に厚生省が積極的推奨を中止した。そのため、現在はワクチン接種を受ける人が稀で、子宮頸がんは年間1万1000人も発症、死亡者も2500人超に達した。特に20歳代から癌になるなど、若い母親世代には大問題だ。

 今年10月、ワクチンが発がんを予防できる、との研究結果を、スエーデンのカロリンスカ研究所が発表した。スエーデンでは2007年に、13才から17歳の女性に4つのパピローマウイルスに有効なワクチン接種を開始。通常は3回接種だが、今回の研究では、1回でも摂取した人を接種群として、非接種群との子宮頸がん発症率を比較した。対象は、接種群53万人、非接種群115万人である。

 結果は接種群で19人、非接種群で538人が子宮頸がんを発症。調査対象者の年齢でみると、10万人あたりの発症は、接種群47人、非接種群が94人と2倍の差があった。接種を17才未満と17才から30才で比較すると、17才未満接種では子宮頸がん発症リスクが88%低下、17才から30才接種では53%低下した。

 従来は、接種で前がん段階レベルの発症が減ることはわかっていた。だが、前段階病変が本当に癌になるのか、疑問視する意見も多かった。今回の研究で、ワクチン接種で子宮頸がんの発症リスク低下が証明された。特に17歳未満に接種すると、発がんリスクが9割低下するという画期的結果で、若い女性を子宮頸がんから救うためにも、積極的接種を推奨したい。今年10月に当院でサーバリックスを接種した方は、痛みを訴えなかったが、痛みの軽減を工夫している可能性もある。

広告画像

関連記事

  1. 足腰が不安でもお出かけできる ~近距離モビリティ「WHILL」 浦安ブライトンホテル東京ベイ 足腰が不安でもお出かけできる ~近距離モビリティ「WHILL」 …
  2. 順天堂大 増改築 順天堂大、増改築 9階建3号館 29年夏開院
  3. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第77話: COVID-19 を恐れず、…
  4. 浦安市が「広報の号外」を発行 新型コロナウイルスの流行で 浦安市が「広報の号外」を発行 新型コロナウイルスの流行で
  5. あつまれ!うんどう公園 シニアスペシャルDAY あつまれ!うんどう公園 シニアスペシャルDAY
  6. 新型コロナウイルスの夜間接種実施 新型コロナウイルスの夜間接種実施
  7. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」3月号・4月号再掲載
  8. うらやすの人(63) 浦安市歯科医師会会長 飯田哲也 院長 (55) うらやすの人(63) 浦安市歯科医師会会長 飯田哲也 院長 (…

新着記事

  1. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活
  2. 迫力ある取組を生で観戦 大相撲浦安場所 4/18開催
  3. ウルフ・アロン選手がパリ五輪内定 東海大浦安高出身 東京五輪金メダリスト
  4. 接戦を制し九州に7対6で競り勝つ 浦安D-ロックス
  5. 東京ディズニーシー新テーマポート ファンタジースプリングス 6月6日にいよいよ開業!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP