医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第61話: 若い女性よ!子宮頸がんワクチンを打とう 17歳未満接種でリスク低下9割 スエーデンでがん予防効果が証明

 子宮頸がんはヒトパピローマウイルスが原因で感染するとされ、ウイルスに対するワクチンが開発され、このワクチン投与が世界標準となった。

竜 崇正
竜 崇正(りゅう・むねまさ)
浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見2-18-9=

 日本では2013年4月に、世界に遅れて定期接種化された。だが注射による疼痛が取り上げられ、無効だと反対するグループもあり、6月に厚生省が積極的推奨を中止した。そのため、現在はワクチン接種を受ける人が稀で、子宮頸がんは年間1万1000人も発症、死亡者も2500人超に達した。特に20歳代から癌になるなど、若い母親世代には大問題だ。

 今年10月、ワクチンが発がんを予防できる、との研究結果を、スエーデンのカロリンスカ研究所が発表した。スエーデンでは2007年に、13才から17歳の女性に4つのパピローマウイルスに有効なワクチン接種を開始。通常は3回接種だが、今回の研究では、1回でも摂取した人を接種群として、非接種群との子宮頸がん発症率を比較した。対象は、接種群53万人、非接種群115万人である。

 結果は接種群で19人、非接種群で538人が子宮頸がんを発症。調査対象者の年齢でみると、10万人あたりの発症は、接種群47人、非接種群が94人と2倍の差があった。接種を17才未満と17才から30才で比較すると、17才未満接種では子宮頸がん発症リスクが88%低下、17才から30才接種では53%低下した。

 従来は、接種で前がん段階レベルの発症が減ることはわかっていた。だが、前段階病変が本当に癌になるのか、疑問視する意見も多かった。今回の研究で、ワクチン接種で子宮頸がんの発症リスク低下が証明された。特に17歳未満に接種すると、発がんリスクが9割低下するという画期的結果で、若い女性を子宮頸がんから救うためにも、積極的接種を推奨したい。今年10月に当院でサーバリックスを接種した方は、痛みを訴えなかったが、痛みの軽減を工夫している可能性もある。

広告画像

関連記事

  1. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第66話:新型コロナ感染死者数アジア1位…
  2. 介護予防・認知症予防フェア 介護予防・認知症予防フェア
  3. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第79話:オミクロン株とデルタ株の特徴を…
  4. 感染拡大防止を市民に呼びかけ 大切な家族・友人を守るため、責任感持った行動を 感染拡大防止を市民に呼びかけ 大切な家族・友人を守るため、責任感…
  5. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第50話: ペットと肺がん
  6. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第57話:新型コロナウィルス感染の予防を…
  7. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第81話:オミクロン感染はインフルエンザ…
  8. ワクチンの夜間接種 ワクチンの夜間接種

新着記事

  1. 宿泊者限定オリジナルグッズが登場! 東京ディズニーランドホテル
  2. "夏休みこどもスペシャルDAY!" 走って踊って、笑顔いっぱいの1日
  3. 三番瀬海岸親水施設が完成 オープニングセレモニーを開催
  4. 庁舎入口前に大時計を寄贈 浦安ライオンズクラブ創立50周年記念
  5. 市斎場増築棟が完成 10月中旬から運用開始

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
グローバルフェスタ2022(10/1・2開催) インド先住民 -トライバルの暮らし、就学支援、生理小屋の問題など。ぜひ、ご来場ください!

PAGE TOP