行政

浦安市が「障がい者等自宅療養緊急支援」を開始

浦安市が「障がい者等自宅療養緊急支援」を開始

 浦安市は8月5日から、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、障がいのある人などの要支援者で単身世帯のうち、自宅療養などで家族の支援を受けられず、食糧品などの調達が困難な人を対象に、市内の事業者と連携し、「自宅療養等緊急支援事業」を開始した。

 ただ、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、面と向かっての受け渡しはしない。しかし、支援を希望した人には、市職員や福祉事業者が食料品などを届けることや、体調管理、相談支援を行っている。

 給付条件は (1)感染症の陽性反応が出た人で、事情により自宅で療養する場合 (2)感染症の可能性がある人で、行政機関や通所施設からの要請で、一定の期間、自宅待機する場合―としている。

 給付内容は、食料品など3日分(約3000円)を最大で5回までとする。さらに入手困難なレトルト食品やご飯パック、ティッシュなどの「食料品」、マスクや手指消毒液などの入手困難な品。

 ちなみに事業費は計60万円で、株式会社ワイズマートと浦安商工会議所が連携している。

関連記事

  1. 浦安市議会が会期短縮 新型コロナウイルス 感染症を懸念 浦安市議会が会期短縮 新型コロナウイルス 感染症を懸念
  2. 浦安市が独自の経済対策実施 浦安市が独自の経済対策実施
  3. 順天堂かゆみ研究センター開設 アジア初 患者のQOL向上目指す 順天堂かゆみ研究センター開設 アジア初 患者のQOL向上目指す
  4. お手柄警察官に消防長感謝状贈呈 お手柄警察官に消防長感謝状贈呈
  5. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第52話:動脈硬化予防は「超悪玉コレステ…
  6. また給食を中止 異物混入の恐れで また給食を中止 異物混入の恐れで
  7. 50歳以上のがん検診 初めて胃カメラ導入 50歳以上のがん検診 初めて胃カメラ導入
  8. じゅんかい線、8日から運行開始 じゅんかい線、8日から運行開始

新着記事

  1. 「浦安の漁撈用具3」刊行 浦安市博物館
  2. 新型コロナウイルス対策ステッカーを発行 市内飲食店・店舗・事務所が対象
  3. 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始
  4. うらじょグルメ(15) 趣向を凝らした和食が味わえる 志摩家
  5. うらやすの人(56) 浦安市ゴルフ協会会員 深澤一三さん(71)
 
PAGE TOP