医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第49話: 電子タバコ、加熱式タバコの健康被害

 紙巻きたばこ喫煙により、喫煙者だけでなく、喫煙しない人までもが副煙流で肺がんや肺気腫などになることは、いまや常識となっている。紙巻きたばこに換わって、無害のような宣伝効果で、電子タバコや加熱式タバコが広く日本でも普及している。

竜 崇正 先生
竜 崇正 りゅう・むねまさ
浦安ふじみクリニック院長
=浦安市富士見2-18-9=

 電子タバコは香りのある液体を加熱し、蒸気化して吸引させる道具で、吸引することをVape という。用いられる液体グリセリンを中心に種々の香りや風味成分が添加され、ニコチンを混ぜることもできる。日本では薬事法からニコチンが含まれたものは規制され、加熱式タバコと呼称されている。加熱式タバコでは燃やさないので副流煙が出ないと宣伝されている。

 2019年9月11日、アメリカのトランプ大統領は、味や香り付きの電子たばこの販売を禁止する方針を発表した。米国では、電子たばこによる肺疾患や死亡例が多数報 告されている。33の州で6人が死亡し、450人が肺疾患を発症し、そのほとんどは平均年齢19歳の若者だ。吸引されているのは食品添加物に用いられる味や香りとされるが、どのような液体が、化学変化しているのか詳細な検討が必要である。

 American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine 8月7日オンライン版によると、非喫煙者と喫煙者、電子タバコ使用者の肺から採取した胸水検査で、喫煙者と電子タバコ使用者のいずれにも、プロテアーゼ酵素の濃度上昇が認められた。プロテアーゼ酵素が過剰になると、肺胞が損傷消失して肺気腫になると報告された。

 2019年6月20日の日本動脈硬化学会のプレスセミナーで、紙巻きたばことの比較で、加熱式タバコにもホルムアルデヒド74%、アセトアルデヒド22%、ニコチン 84%と低くなっているが、肺がんや肺気腫を引きおこすには十分と報告している。

 これらの結果から、電子タバコや加熱式タバコも安全ではなく、日本でも早急な対策が取られるべきだ。

(文責 竜崇正)

関連記事

  1. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第37話: 女性に多い尿漏れ 20〜…
  2. 市長 フィンランド視察 「こどもプロジェクト事業」に活用 市長 フィンランド視察 「こどもプロジェクト事業」に活用
  3. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第48話: 難治癌に朗報。 がん遺伝子検…
  4. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第40話: 2017年、がん予防で健…
  5. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第45話: 食中毒の季節、 肉は十分加熱…
  6. 浦安中央病院が移転、高齢者住宅・介護・保育を―体化 東野地区 浦安中央病院が移転、高齢者住宅・介護・保育を―体化
  7. 介護予防・認知症予防フェア 介護予防・認知症予防フェア
  8. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第47話: O157予防は万全ですか ト…

新着記事

  1. ミッキーとミニーがハッピーニューイヤー
  2. 令和2年の正月
  3. 矢野京介 弁護士
  4. 富士屋商事社長 志田 健司
  5. スキー教室 参加者募集
 
PAGE TOP