教育

荒れた学校、少ない部員、辛抱強く再建 大塚・浦安高校野球部監督が定年に

今後も野球を通して子供たちの成長を見守りたい

 浦安中学校軟式野球部、その後、浦安高校硬式野球部の監督として、生徒指導に力を入れ、両校の立て直しに尽力してきた大塚知久監督が、来年3月に惜しまれつつ定年を迎える。

 保健体育の教員として浦安中学校に赴任したのは昭和63年。学校全体が荒れており、校内暴力も珍しくない中でのスタートだった。「何とか学校を良くしたいと思い、まずは生徒指導に力を入れました」と監督。

 野球部は練習に参加する部員も少なく、「野球のグラブは血の通った自分の手と同じ。大事にしなくてはならないよ」と伝えても、真剣に聞く部員はほとんどいなかった。試合でも結果がついてこず苦しい日々が続いたという。しかし、根気よく部員に向き合っているうちに、少しずつではあるが、真摯に練習に取り組む部員たちの姿が見られるようになった。

 平成に入ってからは、秋・春の市川浦安大会で決勝戦への進出や新人戦の優勝など、結果が出るようになった。生徒指導の成果も次第に出始め、学校全体が徐々に落ち着きを取り戻してきたという。

 15年間の中学校勤務後、平成15年に浦安高校へ。当時は、教室内に生徒はほとんどいなく、授業が成り立たない状態だった。教室内は食べ物の容器などゴミも散乱していた。この状態を「何とかしなくては」と、監督自ら教室の清掃から始めた。一緒にやる生徒は少なく、根比べのような日々が続いたそうだ。

 野球部の部員も5~6人にすぎなかった。練習に出てくる部員はさらに少なく、冬は部員1人を相手に、マンツーマンの練習が続くことさえあった。「もう少しの辛抱だぞ。いつまでもこの状態が続くわけじゃない。頑張ろう!」と声をかけていたが、「その言葉は、自分自身に言い聞かせるような気持ちが強かった」と当時を振り返る。

 県大会では、部員数が足りないため、他の部活動から応援を頼み、出場した。赴任後、初めての県大会は13-0で大敗したが、選手たちは悔しがることもなかった。

 その後、県から、生徒の個性を伸ばす『自己啓発重点校』に指定されたこともあり、「学校立て直しのため、まずは新入生の指導に力を入れよう」との学校の方針が決まった。「浦安高校に少しでも目的を持って入学してほしいと、近隣の野球をやっている中学生に、『浦安高校で一緒に野球をやろう!』と声をかけて、入学してもらうよう働きかけたこともある」とも。

 そんな取り組みを続けるうちに、授業に出席する生徒も増え、行事なども落ち着いてできるようになってきた。

 野球部でも真面目に練習する部員が増え、県大会でベスト4やベスト8まで勝ち進んだ年もあった。「グラウンド整備日本一、ノーエラーできるカバーリング日本一など、部員全員が小さな日本一を目指そうというスローガンを掲げ、地道に練習を続けてきた」結果だという。

 大塚監督は教員と監督生活を振り返り、「浦安中学・高校とも自分の母校ということもあり、学校にしろ、野球部にしろ、何とか立て直したいという思いが強かった。野球で培った力が、部員の将来に必ず役立つと信じており、今までやってきました」と力説する。

 最近では、高校OBが後輩を指導してくれたり、近隣の方が差し入れをしてくれたり、保護者がグラウンド整備を手伝ってくれたり、と周りの人たちの温かいサポートに随分助けられていることも多いという。

 「今後も、何らかの形で野球に関わっていきたいし、野球を通して子供たちの成長を見守り続けたい」と、大塚監督は熱く語った。

◇大塚監督のプロフィール

 1960年、浦安市生まれ。浦安中・浦安高校から日本体育大学に進学。卒業後、保健体育の教員となる。浦安中に15年間勤務後、浦安高校へ。野球監督として両校の立て直しに力を尽くす。

関連記事

  1. ブリオベッカ浦安 開幕戦 大分と引き分け ブリオベッカ浦安 開幕戦 大分と引き分け
  2. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第26話: ピルの低用量使用は子宮体が…
  3. 「生きることと幸せ」 明海大で人口学会シンポ 「生きることと幸せ」 明海大で人口学会シンポ
  4. わくわくチャレン ジ in わかしお わくわくチャレンジ in わかしお
  5. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(16) 海外在住者の相続問題
  6. 空のF1 「レッドブル・エアレース千葉2017」 浦安市総合運動公園でパブリックビューイング 空のF1 「レッドブル・エアレース千葉2017」 
  7. 若者相談日を月4回に倍増 2年目 新浦安サポステ 若者相談日を月4回に倍増 2年目 新浦安サポステ
  8. ブリオベッカ浦安 今季初勝利逃す ブリオベッカ浦安 今季初勝利逃す

新着記事

  1. 編集後記
  2. 大塚・浦安高校野球部監督が定年に
  3. 東京五輪・パラリンピック フランスカヌー・カヤック協会とキャンプ実施に関する覚書を締結
  4. 順天堂かゆみ研究センター開設 アジア初 患者のQOL向上目指す
  5. 東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル 「サンルートプラザ東京」が、10月から「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート」に
 
PAGE TOP