教育

荒れた学校、少ない部員、辛抱強く再建 大塚・浦安高校野球部監督が定年に

今後も野球を通して子供たちの成長を見守りたい

 浦安中学校軟式野球部、その後、浦安高校硬式野球部の監督として、生徒指導に力を入れ、両校の立て直しに尽力してきた大塚知久監督が、来年3月に惜しまれつつ定年を迎える。

 保健体育の教員として浦安中学校に赴任したのは昭和63年。学校全体が荒れており、校内暴力も珍しくない中でのスタートだった。「何とか学校を良くしたいと思い、まずは生徒指導に力を入れました」と監督。

 野球部は練習に参加する部員も少なく、「野球のグラブは血の通った自分の手と同じ。大事にしなくてはならないよ」と伝えても、真剣に聞く部員はほとんどいなかった。試合でも結果がついてこず苦しい日々が続いたという。しかし、根気よく部員に向き合っているうちに、少しずつではあるが、真摯に練習に取り組む部員たちの姿が見られるようになった。

 平成に入ってからは、秋・春の市川浦安大会で決勝戦への進出や新人戦の優勝など、結果が出るようになった。生徒指導の成果も次第に出始め、学校全体が徐々に落ち着きを取り戻してきたという。

 15年間の中学校勤務後、平成15年に浦安高校へ。当時は、教室内に生徒はほとんどいなく、授業が成り立たない状態だった。教室内は食べ物の容器などゴミも散乱していた。この状態を「何とかしなくては」と、監督自ら教室の清掃から始めた。一緒にやる生徒は少なく、根比べのような日々が続いたそうだ。

 野球部の部員も5~6人にすぎなかった。練習に出てくる部員はさらに少なく、冬は部員1人を相手に、マンツーマンの練習が続くことさえあった。「もう少しの辛抱だぞ。いつまでもこの状態が続くわけじゃない。頑張ろう!」と声をかけていたが、「その言葉は、自分自身に言い聞かせるような気持ちが強かった」と当時を振り返る。

 県大会では、部員数が足りないため、他の部活動から応援を頼み、出場した。赴任後、初めての県大会は13-0で大敗したが、選手たちは悔しがることもなかった。

 その後、県から、生徒の個性を伸ばす『自己啓発重点校』に指定されたこともあり、「学校立て直しのため、まずは新入生の指導に力を入れよう」との学校の方針が決まった。「浦安高校に少しでも目的を持って入学してほしいと、近隣の野球をやっている中学生に、『浦安高校で一緒に野球をやろう!』と声をかけて、入学してもらうよう働きかけたこともある」とも。

 そんな取り組みを続けるうちに、授業に出席する生徒も増え、行事なども落ち着いてできるようになってきた。

 野球部でも真面目に練習する部員が増え、県大会でベスト4やベスト8まで勝ち進んだ年もあった。「グラウンド整備日本一、ノーエラーできるカバーリング日本一など、部員全員が小さな日本一を目指そうというスローガンを掲げ、地道に練習を続けてきた」結果だという。

 大塚監督は教員と監督生活を振り返り、「浦安中学・高校とも自分の母校ということもあり、学校にしろ、野球部にしろ、何とか立て直したいという思いが強かった。野球で培った力が、部員の将来に必ず役立つと信じており、今までやってきました」と力説する。

 最近では、高校OBが後輩を指導してくれたり、近隣の方が差し入れをしてくれたり、保護者がグラウンド整備を手伝ってくれたり、と周りの人たちの温かいサポートに随分助けられていることも多いという。

 「今後も、何らかの形で野球に関わっていきたいし、野球を通して子供たちの成長を見守り続けたい」と、大塚監督は熱く語った。

◇大塚監督のプロフィール

 1960年、浦安市生まれ。浦安中・浦安高校から日本体育大学に進学。卒業後、保健体育の教員となる。浦安中に15年間勤務後、浦安高校へ。野球監督として両校の立て直しに力を尽くす。

広告画像

関連記事

  1. また給食を中止 異物混入の恐れで また給食を中止 異物混入の恐れで
  2. 全日本写真連盟浦安支部 市民プラザで写真展 全日本写真連盟浦安支部 市民プラザで写真展
  3. うらやすの人(49) 浦安観光コンベンション協会会長 桑田幸一さん(73) うらやすの人(49) 浦安観光コンベンション協会会長 桑田幸一さ…
  4. アークス浦安パークに決定 NTTコム新グラウンド名 アークス浦安パークに決定 NTTコム新グラウンド名
  5. ブリオベッカ浦安 ブリオベッカ浦安 KSL市原カップ、圧勝スタート
  6. 浦安市民栄誉賞 巨人の阿部二軍監督に授与 浦安市民栄誉賞 巨人の阿部二軍監督に授与
  7. 合気道連盟25周年記念演武 合気道連盟25周年記念演武 5.17
  8. バトン世界大会優勝の上田莉夢(りのん)選手 市役所に凱旋、快挙を報告 バトン世界大会優勝の上田莉夢(りのん)選手 市役所に凱旋、快挙を…

新着記事

  1. 「浦安の漁撈用具3」刊行 浦安市博物館
  2. 新型コロナウイルス対策ステッカーを発行 市内飲食店・店舗・事務所が対象
  3. 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始
  4. うらじょグルメ(15) 趣向を凝らした和食が味わえる 志摩家
  5. うらやすの人(56) 浦安市ゴルフ協会会員 深澤一三さん(71)

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社 富士屋商事
メディケア浦安/田所医院

今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…
嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金

PAGE TOP