親近感ある警察署長 徳田文則署長

「真心を持って、他人に尽くす」をモットーに

 人懐こい笑顔は「警察署長」という堅い肩書からはほど遠い親近感を抱かせる。

 「市民の方に気軽に声をかけて、コミュニケーションをとっていきたい」

 昭和35年12月、鹿児島県出水市生まれ。阿久根高卒業時、就職は民営化されたばかりのJRにしようか、警察官になろうかと迷い、両方の採用試験を受けたところ、いずれも合格。兄弟に警察官がいたこともあり、採用通知が早く来た方の「警察官」になることを決意した。

徳田文則 警察署長

 振り出しは松戸署。交番勤務の後、「強く志願して」刑事課に配属される。その後、県警本部、国際捜査課、鑑識課などを経て、前任の捜査一課長と、一貫して刑事畑を歩んできた。
 捜査一課では、着任早々、マブチモーター社長宅殺人放火事件が起こった。その後、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件もあり、県警挙げての捜査に尽力した。

 これまでで一番印象に残っている事は、ある殺人事件が解決した時、遺族の方から、悲しみに暮れながらも「警察の方々に“真心”を感じた」とお礼を言われたことだ。本分を果たしただけなのに、感謝され、一層、この職務にやり甲斐を感じていく。以来、警察官として「真心を持って、他人に尽くす」をモットーにしている。
 犯人を検挙しながら思ったのは、よくよく話してみると、「法は破ったが、人間として、本当に悪い人は少ない」ということだ。人に接する時、表面だけでなく、もっと深い人間性に思いを致すようになっていく。

 ここは初めての署長職。「私は署員187人の父親のようなもの。ここの署員は皆、前向きで、一生懸命やってくれています。それは、市民の方々の影響を受けている賜物だと思っています」と語る。さらに「市民の方に気軽に声をかけて、コミュニケーションをとっていきたい」とも。

 浦安の印象は「街がきれいです。海が好きなので、海が近いこともうれしい」。
 管内6カ所に交番があり、交番で対処できない時は、署全体で対応できる態勢を整えている。
 「何かあれば、迷わず、すぐに相談に来てほしい。市民の皆さんの安全・安心を守るために全力で取り組んでいます」と、柔和な笑顔を引き締めて、力を込める。

 単身赴任となり、毎朝5時に起きて、散歩するのが日課だ。帰ると、得意のみそ汁を作って朝食を取る。九十九里の留守宅には奥さんと社会人の長男、次男。

関連記事

  1. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第30話: 健康寿命を延ばすために …
  2. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(10) 行方不明の夫(妻)との離婚…
  3. 半世紀ぶりに蘇る児童木版画 半世紀ぶりに蘇る児童木版画 郷土博物館で12月6日まで開催
  4. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第19話: 健康長寿目指して 血圧コン…
  5. 親と子で考えようケータイルール スマホ講演会 親と子で考えようケータイルール スマホ講演会
  6. ブリオベッカ開幕戦惜敗 ブリオベッカ開幕戦惜敗
  7. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第38話: 悩み多い男性の尿漏れ
  8. クリスマスコンサートで美声披露目指し ボイストレーニングスタート クリスマスコンサートで美声披露目指し ボイストレーニングスタート…

新着記事

  1. ミッキーとミニーがハッピーニューイヤー
  2. 令和2年の正月
  3. 矢野京介 弁護士