医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第85話:マスクはCOVID-19感染防御に有効とのアメリカの論文 皆でマスク着用を継続しよう

 日本ではマスク着用には抵抗がないが、欧米人はマスク着用に抵抗を示す人が多い。トランプ前大統領がCOVID-19に感染したにもかかわらず、マスクを脱ぎ捨てた映像を思い出す。オミクロン株が蔓延する中、欧米では既にマスク無しに飲食歓談したり、スポーツ観戦している映像が目立つ。日本でもマスクを脱ごうとの意見が、政治家から聞かれるようになった。

竜 崇正(りゅう・むねまさ) 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見 2-18-9=

 そんな中、アメリカで「マスクは感染防御に有効」との科学論文が発表された。2022年2月28日、アメリカのマサチューセッツ州は、公立学校の生徒と職員に対して、マスク着用要請を解除した。これにより直ちに解除した学区と、解除せず6月までマスク着用を持続した学区のCOVID-19感染率を比較した論文が11月9日にNEJMの電子版で発表された。対象は生徒29万4084人と教職員4万5630人だ。

 その結果、マスク着用しなくなった学区では、マスク着用を続けた学区と比較して、千人当たり44・9人罹患者が多かった。学校職員では千人当たり81・7人多く、生徒では千人当たり39・9人多かったと報告した。

 すなわち、マスク着用期間を延長した学区の方が、マスク着用を解除した学区よりも、生徒と学校職員の感染者が少なかった。人数に換算すると、マスクをしなかった学区では1万1900人も感染者が多かった。マスク着用を継続した学区は古い校舎が多く、周囲の環境が劣悪だった。1学級の生徒数が多く、低所得家庭、黒人などの生徒や職員も多いなど、感染が広がりやすいと思われる学区だった。

 それにもかかわらず、COVID-19感染者が少なかったことは、マスク着用の重要性を示すと結論づけている。人数に換算すると、マスクをしなかった学区では1万1900人多い結果だった。

 マスク着用は最も簡単で安い防御法であり、インフルエンザや風邪などの感染予防にも有効だ。マスク着用を励行し、社会活動を活発化して経済を再生すべきである。

広告画像

関連記事

  1. 50歳以上のがん検診 初めて胃カメラ導入 50歳以上のがん検診 初めて胃カメラ導入
  2. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第78話: オミクロン株も、重症化防ぐた…
  3. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第56話:新型コロナウィルス感染の予防を…
  4. 3月7日より5歳~11歳 小児ワクチン接種開始 3月7日より5歳~11歳 小児ワクチン接種開始
  5. 浦安市「コロナ注意報」 6月25 日に発令 浦安市「コロナ注意報」 6月25 日に発令
  6. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第53話:コロナウイルスは一般的な対処で…
  7. 新型コロナの検温でブリオベッカに支援の手 新型コロナの検温でブリオベッカに支援の手
  8. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第48話: 難治癌に朗報。 がん遺伝子検…

新着記事

  1. ブリオベッカ浦安JFL昇格決定「浦安旋風を巻き起こす」
  2. 大好きなミニーマウスに想いを伝えよう! 「ミニー・ベスティーズ・バッシュ!」開催
  3. 年頭のご挨拶:「共創」のまちづくりに向けて 浦安市市長 内田悦嗣
  4. 年頭のご挨拶:『平和な浦安』の街づくりに邁進 浦安市議会議長 宝 新
  5. 1500品目の冷凍食品を取り揃える「@Frozen(アットフローズン)」 自宅で食事をする機会が増え、ニーズ高まる

ダイニチグループ
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
JAFS関東-アジア協会アジア友の会 (JAFS) は、貧困に苦しむアジアの村へ安全な水(井戸)を贈り、生活の自立を支援する国際協力NGOです

PAGE TOP