医療・健康

うらやすの人(63) 浦安市歯科医師会会長 飯田哲也 院長 (55) 歯治療イメージを払拭するため”笑顔”で対応

障害を持つ子どもたちの治療に取り組みたい

 漁師町だった浦安の風情を色濃く残す境川の川岸で、飯田歯科医院(浦安市猫実)は開業している。

 飯田院長はいつもにこやかに患者と接する。

 「歯の治療は『こわい』『痛い』というイメージがあります。そんな印象を払拭するため、患者さんとは笑顔で話すよう心がけています」

 今年、浦安市歯科医師会会長に就任した。

 「研修などを進め、歯の治療の質を向上させていきたい。障害を持つ子どもたちの治療に取り組みたい」と意気込む。

 来年1月に開設される、浦安市障がい者等歯科診療所の整備を進めている。また、高齢化社会を迎え、通院できない患者のために、訪問治療の必要性を説く。

 飯田歯科医院の二代目だ。幼いころから、歯科医の父親らに「歯科医になれ」と言われて育った。思春期になって、「あとを継ごう」と決意したという。

 飯田院長は異色の歯科医だ。トライアスロン(水泳、自転車、ランニング)の選手で大会に出場している。

 「元々はダイエットを目的に走り始めたんです。知り合いからトライアスロンの話を聞き、おもしろそうだと思い、始めました」

 ほぼ毎日、旧江戸川沿いを走る。休日は自転車で疾走。大会が近づくと、プールで泳ぐ。80キロ以上あった体重は60キロ台に落ちた。身体が引き締まり、疲れなくなったという。

 また、祭りのお囃子で笛を吹く。

 「お祭りが好きなんです。お囃子が楽しそうと思って始めました」

 地元・丸音会でけいこを続け、各地の祭りに出かける。最高の舞台が浦安三社祭だ。4年に1度の祭りを楽しみにしていたが、コロナ禍で中止となった。

 「さびしい。ちょっと、つらかった。コロナが落ち着くまでしかたがない。(コロナ禍が終息して)また、みんなが集まって、わいわい、楽しく、お祭りができたら」と、その日を心待ちにしている。

 浦安生まれの浦安育ち。東京歯科大学卒業。歯学博士。

 好物は肉と野菜。筒井康隆の作品を愛読。歴史上、好きな人物は坂本龍馬。「新しいことに挑戦し、いろんな人物を結びつけた」。大切にしている言葉は「一期一会」

広告画像

関連記事

  1. うらやすの人(19): プリオベッカ浦安、谷口和司代表 うらやすの人(19): プリオベッカ浦安、谷口和司代表
  2. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(22) 結婚契約書
  3. 薗浦健太郎氏インタビュー 安倍内閣における外交戦略とは 薗浦健太郎氏インタビュー 安倍内閣における外交戦略とは
  4. 「トーチキス」セレモニー浦安代表 伊能隆雄さん(舞浜三丁目自治会長) 「トーチキス」セレモニー浦安代表 伊能隆男さん(舞浜三丁目自治会…
  5. 認知症の市民が住み慣れた 地域で生活するために 認知症サポーター講座 認知症の市民が住み慣れた地域で生活するために 認知症サポーター講…
  6. ブリオベッカ浦安 新監督に都並敏史(つなみ さとし)氏就任 ブリオベッカ浦安 新監督に都並敏史(つなみ さとし)氏就任
  7. Uセンターそろばん教室盛況 Uセンターそろばん教室盛況 91歳講師が“現役„
  8. 4位キープも苦戦続く ブリオベッカ浦安 4位キープも苦戦続く ブリオベッカ浦安

新着記事

  1. 東京ディズニーランド&シーでお正月イベント
  2. 年頭のご挨拶 浦安市市長 内田悦嗣 コロナ収束後の「浦安再編」に向けた準備の年に
  3. 年頭のご挨拶 浦安市議会議長 宝 新 誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるように
  4. 浦安市議会が全国初「手洗い条例」を可決
  5. 「私のモロッコ」 写真コンテスト 影山さんが最優秀賞

ダイニチグループ
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
産経でんき
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP