復興・防災

うらやすの人(55) 浦安市消防団 団長 大川三敏さん(56)

新しい団員を募集中
仕事や家族に責任を持つ忙しい人こそ挑戦を

 自分たちのまちは自分たちで守る―。

 大川三敏団長(56)は、本業を持ちながら、消防・防災活動を担う浦安市消防団を率いる。

 「人と人の助け合い、本当に重要です。活発で、メリハリのある活動を続けている。千葉県で屈指の消防団です」と、笑顔で語る。

「特別表彰まとい」を受章した浦安市消防団の大川三敏団長(左から2人目)らが内田悦嗣市長に報告した

 昨年春、全国の消防団の中で、特に優れた活動をした団体に授与される最高栄誉である「特別表彰まとい」を受章。浦安市役所を訪れ、内田悦嗣市長に報告した。

 「長年にわたる、過去から現在に至る消防団の活動が評価された。光栄であり、うれしい」

 まといはずっしり重く、責任と活動の重みを実感したという。

 消防団は日夜、火災現場などに出動。消防職員とともに浦安の安全と安心を守る。東日本大震災で、浦安市は液状化による深刻な被害を受けた。消防団は率先して家屋周辺や道路にあふれた土砂の排出を行い、給水活動などに取り組んだ。

 また、千葉県消防操法大会で最優秀賞に輝いた。全国女性消防操法大会では優秀賞を受賞。少年消防クラブ交流会(全国大会)合同訓練では優勝を果たしている。

 大川団長は浦安市出身。25歳で消防団に入った。深夜や未明でも、火災が発生すると、消防団詰め所に駆け付け、現場に走った。

 「現場はバタバタして、緊張感がみなぎっている。てきぱきと活動して火を消すことが第一です」

 副団長を経て、平成30年、団長に就任した。浦安市消防団には3個分団があるが、これまで元町地域に配置されていた。昨年、分団を新町地域にも配置、バランスよく市内全域をカバーできる体制を構築した。

 新型コロナウイルスの影響を受けたが、6月から団員たちは実戦的な訓練を再開。少年消防団も7月から、今年度の定期訓練を開始した。

 課題は消防団員の確保だ。

 「新しい団員を募集している。仕事や家庭に責任を持つ忙しい人こそ、やってもらいたい」

 浦安市に本社を置く大川水産の社長。世界に誇る日本の伝統食、干物を食卓に届ける。地元・サッカークラブ「ブリオベッカ浦安」を応援する。好物は寿司。池波正太郎や藤沢周平の時代小説を愛読。大切なものは「仲間!」。

広告画像

関連記事

  1. うらやすの人(35): 境川にこいのぼりを泳がせる会 長崎 康男会長(78) うらやすの人(35): 境川にこいのぼりを泳がせる会 長崎 康男…
  2. “猫トラ” 始動 師走の街を走る 清五郎運送 “猫トラ” 始動 師走の街を走る 清五郎運送
  3. 年頭のご挨拶:浦安市議会議長 宝 新 市のさらなる魅力の創造につなげる 年頭のご挨拶:市のさらなる魅力の創造につなげる 浦安市議会議長 …
  4. うらやすの人(38): 妻の介護体験生かし 認知症家族を勇気づける 武元弘文さん うらやすの人(38): 妻の介護体験生かし 認知症家族を勇気づけ…
  5. 第16回うらやす パリ祭を開催 第16回うらやすパリ祭を開催
  6. 舞浜3丁目の液状化工事 市長が中止を発表 舞浜3丁目の液状化工事 市長が中止を発表
  7. うらやすの人(24): 浦安ボッチャ協会 中台保会長 うらやすの人(24): 浦安ボッチャ協会 中台保会長 パラリンピ…
  8. うらやすの人(41): 樹木医の草分け 有田和實さん(72) うらやすの人(41): 樹木医の草分け 有田和實さん(72)

新着記事

  1. 内田市長が再選を果たす 新型コロナ禍の中、異例の選挙戦を制す
  2. 再選内田市長が初登庁
  3. 第55回関東サッカーリーグ開幕 ブリオベッカ浦安が快勝
  4. 都並監督、小島選手 今シーズンの抱負語る
  5. ディズニーランドに屋内シアター オープン 「ファンタジーランド・フォレストシアター」

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP