スポーツ

うらやすの人(47) NPO法人養神館合気道龍代表 安藤毎夫さん(62)

合気道名人の元で修練 託された次世代の育成

平成の達人に会った。浦安市海楽のNPO法人養神館合気道龍の道場で、安藤毎夫代表(62)が若者二人を相手に稽古を行った。瞬時に投げ飛ばす。呼吸は乱れない。静かな笑みさえ浮かべている。小学生の門下生が驚嘆の声を上げた。「先生、すごい」

愛媛県で生まれた。少年時代は瀬戸内海で泳ぎ、近郊の山で遊んだ。徳島大学に進学。運命的に合気道と出合った。
合気道は合理的な体の運用によって体格や体力にかかわらず、強力な相手を制することができる。相手といたずらに強弱、優劣を競うことなく、精神性を重視するのが特徴だ。
安藤さんは大学の合気道部に入部して、稽古を始めた。体調が整い、小柄な体格に対するコンプレックスがなくなった。

養神館合気道龍代表 安藤毎夫さん

大学卒業後、大阪市内の会社に就職した。だが、サラリーマン生活は性に合わなかった。人生に悩み、ニーチェの哲学書を読んだ。「自分の道を行け」という指針が胸に響いた。

「そうだ。合気道をやろう」と決心。退社して単身、上京する。養神館を立ち上げた伝説の名人、塩田剛三館長の内弟子となった。道場の寮に寝泊まりして修練に打ち込んだ。優れた先輩たちがいた。早く追いつきたい。夜もひとりで、黙々と基本動作を繰り返した。

ある日、安藤さんは塩田館長と相対した。館長には得意技がある。人差し指一本で相手の喉(のど)元を突く。目にもとまらぬ早業(はやわざ)だ。相手はもんどり打って倒れる。安藤さんは修練を積んだ結果、ある境地に達していた。恐怖心はなかった。
「先生が振り向きざま、ぱっと突いてきた。一瞬だけ、先生の指先がスローモーションのように、点、点、点……と見えたんです」
塩田館長は安藤さんが上達したことを察したようだ。「おまえ、名人、達人にならんか。ふたりでやろう」。特訓が始まった。

平成6年、塩田館長が死去した。墓参りに出かけた。翌日、神秘的な体験をする。霊魂が自宅に現れ、合気道に関する重要なことを伝えたという。

安藤さんは浦安市の公共施設で指導を始めた。門下生が増え、道場を開いた。東日本大震災が発生。被災したが、屈しない。普及活動にさらに力を入れ、第二道場を建て増した。門下生は幼児から80代まで約300人に達する
世界に視野を広げる。ロシア、イギリスなどを訪れて現地指導。浦安の道場では海外の門下生を受け入れている。妻のステファニーさん(南アフリカ出身)も内弟子だった。

「合気道を究めたい。合気道を理解し、志を抱く若者を指導者として育てていく。日本だけでなく、世界の合気道家が切磋琢磨(せっさたくま)して、次の世代につなげていけばと願っています」

広告画像

関連記事

  1. 久助稲荷神社大祭 新しい社殿で4年ぶり開催 久助縁日やカラオケ大会など、楽しい企画が盛りだくさん 久助稲荷神社大祭 新しい社殿で4年ぶり開催 久助縁日やカラオケ大…
  2. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(31) 離婚調停申立ての管轄家裁
  3. 第31回わんぱく相撲浦安場所 市内の小学生力士310人が熱戦 第31回わんぱく相撲浦安場所 市内の小学生力士310人が熱戦
  4. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(40) 熟年離婚
  5. 好奇心をくすぐる特別な体験 今、クライミングがアツイ! 好奇心をくすぐる特別な体験 今、クライミングがアツイ!
  6. 内田市長 年頭のご挨拶:浦安の輝く未来に向け 開発から成熟へ新た…
  7. うらやすの人(35): 境川にこいのぼりを泳がせる会 長崎 康男会長(78) うらやすの人(35): 境川にこいのぼりを泳がせる会 長崎 康男…
  8. うらやすの人(43) 日本車いすスポーツ協会代表理事 坂口 剛さん うらやすの人(43) 日本車いすスポーツ協会代表理事 坂口 剛さ…

新着記事

  1. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活
  2. 迫力ある取組を生で観戦 大相撲浦安場所 4/18開催
  3. ウルフ・アロン選手がパリ五輪内定 東海大浦安高出身 東京五輪金メダリスト
  4. 接戦を制し九州に7対6で競り勝つ 浦安D-ロックス
  5. 東京ディズニーシー新テーマポート ファンタジースプリングス 6月6日にいよいよ開業!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP