スポーツ

うらやすの人(47) NPO法人養神館合気道龍代表 安藤毎夫さん(62)

合気道名人の元で修練 託された次世代の育成

平成の達人に会った。浦安市海楽のNPO法人養神館合気道龍の道場で、安藤毎夫代表(62)が若者二人を相手に稽古を行った。瞬時に投げ飛ばす。呼吸は乱れない。静かな笑みさえ浮かべている。小学生の門下生が驚嘆の声を上げた。「先生、すごい」

愛媛県で生まれた。少年時代は瀬戸内海で泳ぎ、近郊の山で遊んだ。徳島大学に進学。運命的に合気道と出合った。
合気道は合理的な体の運用によって体格や体力にかかわらず、強力な相手を制することができる。相手といたずらに強弱、優劣を競うことなく、精神性を重視するのが特徴だ。
安藤さんは大学の合気道部に入部して、稽古を始めた。体調が整い、小柄な体格に対するコンプレックスがなくなった。

養神館合気道龍代表 安藤毎夫さん

大学卒業後、大阪市内の会社に就職した。だが、サラリーマン生活は性に合わなかった。人生に悩み、ニーチェの哲学書を読んだ。「自分の道を行け」という指針が胸に響いた。

「そうだ。合気道をやろう」と決心。退社して単身、上京する。養神館を立ち上げた伝説の名人、塩田剛三館長の内弟子となった。道場の寮に寝泊まりして修練に打ち込んだ。優れた先輩たちがいた。早く追いつきたい。夜もひとりで、黙々と基本動作を繰り返した。

ある日、安藤さんは塩田館長と相対した。館長には得意技がある。人差し指一本で相手の喉(のど)元を突く。目にもとまらぬ早業(はやわざ)だ。相手はもんどり打って倒れる。安藤さんは修練を積んだ結果、ある境地に達していた。恐怖心はなかった。
「先生が振り向きざま、ぱっと突いてきた。一瞬だけ、先生の指先がスローモーションのように、点、点、点……と見えたんです」
塩田館長は安藤さんが上達したことを察したようだ。「おまえ、名人、達人にならんか。ふたりでやろう」。特訓が始まった。

平成6年、塩田館長が死去した。墓参りに出かけた。翌日、神秘的な体験をする。霊魂が自宅に現れ、合気道に関する重要なことを伝えたという。

安藤さんは浦安市の公共施設で指導を始めた。門下生が増え、道場を開いた。東日本大震災が発生。被災したが、屈しない。普及活動にさらに力を入れ、第二道場を建て増した。門下生は幼児から80代まで約300人に達する
世界に視野を広げる。ロシア、イギリスなどを訪れて現地指導。浦安の道場では海外の門下生を受け入れている。妻のステファニーさん(南アフリカ出身)も内弟子だった。

「合気道を究めたい。合気道を理解し、志を抱く若者を指導者として育てていく。日本だけでなく、世界の合気道家が切磋琢磨(せっさたくま)して、次の世代につなげていけばと願っています」

広告画像

関連記事

  1. ラグビーW杯日本大会 南アフリカ代表チーム歓迎式典 ラグビーW杯日本大会 南アフリカ代表チーム歓迎式典
  2. 市消防長 感謝状贈呈式 市消防長 感謝状贈呈式
  3. 第16回うらやす パリ祭を開催 第16回うらやすパリ祭を開催
  4. 富士屋商事社長 志田 健司 日本国の未来は(18)マスクがいかに大事か再確認 富士屋商事社長…
  5. うらやすの人(53) 船宿吉野屋 吉野眞太朗さん(69) うらやすの人(53) 船宿吉野屋 吉野眞太朗さん(69)
  6. ブリオベッカ浦安 新監督に都並敏史氏 ブリオベッカ浦安 新監督に都並敏史氏
  7. 2020年 東京パラ アーチェリー日本代表候補 総合公園で強化合宿 2020年 東京パラ アーチェリー日本代表候補 総合公園で強化合…
  8. ブリオベッカ浦安 新主将に 秋葉勇志選手 ブリオベッカ浦安 新主将に 秋葉勇志選手

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP