医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第56話:新型コロナウィルス感染の予防を徹底しよう

 緊急事態宣言が5月25日に解除された。オリンピック開催の邪念のおかげで宣言が遅れ、経済的打撃が倍加した中での宣言だった、宣言時、1週間に3600⼈もの新規感染者だったが、直近では209⼈に下がっての解除である。PCR検査せずに、国民へのお願いだけで、解除できたことを世界は不思議がっている。海外メデイアは、握⼿でなくお辞儀、家の中で靴を脱ぐ習慣を指摘したが、互いに支え合う穏やかな国民性も関係していると思われる。

竜 崇正 先生
竜 崇正 りゅう・むねまさ 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見2-18-9=

 現在日本で流行している新型コロナウイルスは、遺伝子検査の結果から2月末の時点で、オリジナルの中国由来からヨーロッパ流⾏の変異株に代わったと見られる。ヨーロッパ旅行の帰国者から持ち込まれたウイルスで感染が広がった可能性が高い。筆者が3月1日、ウズベキスタンから帰国した際、成田空港での検疫は機能していなかった。

 日本では死亡者が少ないとされ、5月31日時点で1万6851人の感染で891人 の死亡である。Wikipediaによる同時期の感染者と死亡者は、アメリカは170万9318人で死亡9万5200人、フランス8万6745人で死亡1万4039人、中国8万2836人感染で死亡4633人、韓国1万1344人で死亡269人だ。5月18日時点での人口100万あたりの死亡者はアメリカ272(6.0%)、フランス432(19.7%)、中国3(5.2%)、韓国5(2.3%)、日本6(4.7%)だ。

 死亡者がアジアは圧倒的に少ないが、結核予防のBCGが関与している可能性が指摘されている。日本はコロナ感染対策が優れていたのではない。人口100万人あたりの死亡率は4.7%であり、韓国の2.3%に劣っており、中国の5.2%と差がない。死亡者を減らすため、酸素飽和度SPO2が94%になるまで解熱剤の対症療法のみ、それより悪化してからレムデシビルやアビガンを用いるという現在の指針を見直す必要がある。

広告画像

関連記事

  1. 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見
  2. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第51話: 内臓脂肪を減らす「スマート和…
  3. 富士屋商事社長 志田 健司 日本国の未来は(18)マスクがいかに大事か再確認 富士屋商事社長…
  4. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第63話:新型コロナウイルス感染を恐れず…
  5. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第73話: COVID-19 感染に朗報…
  6. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第64話:COVID-19 感染爆発が止…
  7. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第62話: 適切な対応によりCOVID-…
  8. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第80話:3密を避ける日本の戦略が、感染…

新着記事

  1. ブリオベッカ浦安JFL昇格決定「浦安旋風を巻き起こす」
  2. 大好きなミニーマウスに想いを伝えよう! 「ミニー・ベスティーズ・バッシュ!」開催
  3. 年頭のご挨拶:「共創」のまちづくりに向けて 浦安市市長 内田悦嗣
  4. 年頭のご挨拶:『平和な浦安』の街づくりに邁進 浦安市議会議長 宝 新
  5. 1500品目の冷凍食品を取り揃える「@Frozen(アットフローズン)」 自宅で食事をする機会が増え、ニーズ高まる

ダイニチグループ
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
JAFS関東-アジア協会アジア友の会 (JAFS) は、貧困に苦しむアジアの村へ安全な水(井戸)を贈り、生活の自立を支援する国際協力NGOです

PAGE TOP