行政

子ども図書館策定委発足 本に親しんで!!

読書離れ歯止めかかるか

 スマホ、メールの時代、子ども達の読書離れが進んでいる。この現状から子ども達が本を手にする、本に親しむような読書活動を推進―その拠点となる「浦安市子ども図書館」づくりを検討する「市子ども図書館基本構想策定委員会」(仮称)が4月にスタート、構想実現に動き出した。

えほんのじかん

「えほんのじかん」で、子ども達に絵本の読み聞かせを行っている=中央図書館

 市立中央図書館によると、市内図書館での児童書の貸出数は平成22年度の51万8428冊をピークに減少傾向にある。23年度は47万2439冊、24年度49万4228冊と盛り返したが、それ以降は減り続け、27年度は45万1310冊、28年度は44万506冊になった。
 中央図書館をはじめ、公民館に併設されている分館では、「えほんのじかん」を設け、子ども達に絵本の読み聞かせを行ったり、日曜日にはお父さんもいっしょにえほんのじかん、子ども向けの映画を上映する「子ども映画会」を開いたりしている。
 出生届を出した人には絵本をプレゼントするなど、子ども向けのイベントには力を入れているのに、子どもへの図書貸出数は伸び悩みの状態が続いている。

 これからも少子化、スマホの普及など社会情勢の変化で、子どもの成長に大きな影響を与える、読書離れが進む心配がある。市ではこれに対応するため、子ども図書館づくりの検討を始めた。
 まだ、そのコンセプト、場所、開館日程などは決まっていないという。30年度は876万円の予算を計上、策定委員会を設置した。

 県内には、流山市立大鷹の森こども図書館、柏市立子ども図書館があり、絵本や児童向けの図書貸し出しや子ども向けのイベントを開催。年間1万5千人から2万7千人の利用者がある。松戸市には市立図書館の隣に子ども読書推進センターを設置。子どもを対象に読み聞かせなどを行うボランティア育成研修を実施している。

 策定委員会では、国や県の事例を調査。市民対象にアンケート、小中学生の読書活動の現状と課題、子どもに与える社会経済情勢の変化などを調べ、浦安市にふさわしい子ども図書館のあるべき姿を探る。
 これらの業務は事業者に委託、市のホームページで事業者を公募した。

広告画像

関連記事

  1. うらじょグルメ(16) 新鮮な貝料理を満喫 貝鮮料理 トミスイ うらじょグルメ(16) 新鮮な貝料理を満喫 貝鮮料理 トミスイ…
  2. うらじょグルメ(47) 愛らしい創作菓子がいっぱい「Pastel de Vene(パステル・デ・ベネ)」 うらじょグルメ(47) 愛らしい創作菓子がいっぱい「Pastel…
  3. 浦安市民ミュージカル「シンデレラ」 3・11文化会館で上演 浦安市民ミュージカル「シンデレラ」 3・11文化会館で上演
  4. ジュニア合気道に350人 米格闘技チャンネルも取材 ジュニア合気道に350人 米格闘技チャンネルも取材
  5. 平成31年度当初予算案を発表 予算規模合計は約1040億円 平成31年度当初予算案を発表 予算規模合計は約1040億円
  6. 公益社団法人浦安青年会議所 かるたdeうらやす2020作成 公益社団法人浦安青年会議所 かるたdeうらやす2020作成
  7. 「いかに学ぶか」4/21 浦安青年会議所 教育のあり方、変化に着目 「いかに学ぶか」4/21 浦安青年会議所 教育のあり方、変化に着…
  8. 感性豊かな表現 冬テーマに子ども俳句 感性豊かな表現 冬テーマに子ども俳句

新着記事

  1. オリンピック・パラリンピック育成選手指定証授与式 夢に向かうアスリートを激励
  2. 巨人・阿部慎之助新監督が初采配 侍ジャパンとの練習試合で完封勝利 浦安市PR大使にも就任中
  3. ブリオベッカ浦安 JFL2023シーズン準優勝!! さらなるレベルアップで来季は優勝を
  4. 浦安バル街 4年ぶりに開催 お店をハシゴするという企画を多くの市民が楽しむ
  5. 東京ディズニーシーの新テーマポート「ファンタジースプリングス」開業日が決定!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP