文化

うらやすの人(64) 大蓮寺 江口隆定 住職 歴史と伝統引き継ぎ、次世代に継承を 「地域社会に根差していきたい」

 ごーん、ごーん……。浄土宗大蓮寺(浦安市堀江)の鐘の音が響き渡る。

 寺の歴史は古い。天文13(1544)年に創建されたという。

 江口隆定住職は「代々、継承されてきたお寺です。歴史と伝統を引き継ぎ、地域社会に根差していきたい」と語る。

 境内に鐘楼が建つ。午前11時に時の鐘を告げる。

 「浦安はかつて半農半漁の村でした。住民は早朝、暗いうちから海や田畑に出かけ、働いていました」と江口住職はいう。

 住民たちは大蓮寺の鐘の音を聞くと「もうお昼だ。そろそろあがるか」と自宅に戻り、昼食をとったという。

 寺の鐘は戦時中、金属供出で一度、姿を消した。戦後、多くの住民が協力して資金を出し合い、復興された。

 昨年、国連が定めた国際平和デー(9月21日)には、市民らが平和を祈念して「平和の象徴の鐘」を打ち鳴らした。

 大蓮寺山門脇には久助稲荷がまつられており、不思議な話が伝わる。

 江戸時代、大蓮寺で修行した学誉上人は芝・増上寺の大僧正となった。

 ある日、庭先に大蓮寺の使用人だった久助が現れた。学誉上人に「お稲荷様が荒れ果てているので建て直してほしい」と頼むではないか。願いは聞き届けられ、稲荷神社は復興された。

 江口住職は「ところが、久助は20数年前に亡くなっていたのです。現れたのはお稲荷様の化身だったのではないかとささやかれ、名称を久助稲荷と改めたそうです」と話す。

 その久助稲荷は最近、老朽化していたが、令和の建て替え工事が行われ、多くの住民から浄財が寄せられた。今春、りっぱな社殿が建てられた。

 江口住職は幼いころから、寺の跡取りとして育てられた。小学生からお経を覚えたという。大正大学仏教学部を卒業。大蓮寺副住職となる。

 30代で「地域に貢献したい」として浦安青年会議所に入り、活躍。理事長を務めた。

 好物は野菜スープとそば。好きな人物は坂本龍馬。「型破り。信念を貫き、突き進んでいく力強さ」に魅力を感じるという。百田尚樹の作品を愛読。信条は「努力」。

広告画像

関連記事

  1. 大西・宇宙飛行士講演会 6/30 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートで 大西・宇宙飛行士講演会 6/30 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾー…
  2. 師走に向け「第九」練習始まる 12・9 老若男女が“歓喜”歌う 師走に向け「第九」練習始まる 12・9 老若男女が“歓喜”歌う
  3. 豊受神社 初詣で賑わう 豊受神社 初詣で賑わう
  4. 冬の夜に灯る、温かい光 URAYASUイルミネーション 冬の夜に灯る、温かい光 URAYASUイルミネーション
  5. 稲荷神社の狛犬は一番新しいが迫力たっぷり 稲荷神社の狛犬は一番新しいが迫力たっぷり
  6. TDR春のイベント 「ディズニー・イースター」 TDR春のイベント 「ディズニー・イースター」
  7. 18年連続でディズニーランド内「ショーベース」で開催 うらやす成人式 18年連続でディズニーランド内「ショーベース」で開催 うらやす成…
  8. 市の公益のために寄付した人・団体表彰 小中学校に新聞届ける 浦安新聞組合を評価 市の公益のために寄付した人・団体表彰 小中学校に新聞届ける 浦安…

新着記事

  1. ブリオベッカ浦安JFL昇格決定「浦安旋風を巻き起こす」
  2. 大好きなミニーマウスに想いを伝えよう! 「ミニー・ベスティーズ・バッシュ!」開催
  3. 年頭のご挨拶:「共創」のまちづくりに向けて 浦安市市長 内田悦嗣
  4. 年頭のご挨拶:『平和な浦安』の街づくりに邁進 浦安市議会議長 宝 新
  5. 1500品目の冷凍食品を取り揃える「@Frozen(アットフローズン)」 自宅で食事をする機会が増え、ニーズ高まる

ダイニチグループ
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
JAFS関東-アジア協会アジア友の会 (JAFS) は、貧困に苦しむアジアの村へ安全な水(井戸)を贈り、生活の自立を支援する国際協力NGOです

PAGE TOP