西川よしずみ 浦安 未来地図: 成長から成熟、さらなる発展へ

成長から成熟、さらなる発展へ

浦安市議会 議長 西川(さいかわ)よしずみ

西川よしずみ議員

西川よしずみ

 内田市長当選後初となる、新年度予算案を審議する平成30年 第1回定例会が開会。冒頭、平成30年度の施政方針が述べられました。施政方針の中で内田市長から、『まちの再構築「リノベーション」』というキーワードが語られました。

リノベーション

 内田市長は「埋立開発が終盤に差し掛かり、浦安は発展期から成熟期に入った。これまでと同じ視点でまちづくりを続けていけば、その先にあるのは衰退だ。今こそリノベーションが必要」と語りました。
 リノベーションとは一般的に、用途や機能を変更して性能を向上させたり、付加価値を与えたりすること。私もこの間、「まちが成熟期に入った今、あらたな未来を見据え既存ストックを最大限活用したまちづくり、そして価値の創造が必要」と訴えてきました。
 自治体において「既存ストック」とは、これまでに整備された基盤施設や公共施設、建築物等の都市施設のことを言います。

ファシリティーマネージメント

 本市は埋立開発により急速に発展。人口増加にあわせて、昭和55年前後に集中して公共施設の整備を行ってきました。それから37年が経ち、施設の老朽化が顕著になってきています。議会としてもこれまでFM「ファシリティーマネージメント」の必要性を訴えてきましたが、内田市長になり、本格的に取り組む姿勢が示されています。
 ファシリティーマネージメントとは長期的視野と計画性を持って取組み、かつ最適化を検討するマネジメント手法の一つで、施設関連費用の削減、計画的な施設保全による長寿命化、施設の効果的な活用などがあります。リノベーションにとっても大切な視点です。

1施設1機能の終焉

 これまでの公共施設やサービスは1施設(1サービス)1機能でした。しかしこれからの時代は公共施設をいかに永く、そして有効に活用するか、また多様・高度化する行政ニーズにいかに対応するか、ということを考えなければなりません。今後は「官民連携」、「複合施設」、「共生型施設」などといった考え方が益々、必要になってきます。
 リノベーションは財政、都市計画、公共のあり方、といった多面的な視野が必要になります。浦安のさらなる発展のため、新市長誕生を機に新たな公共のあり方を、あらためて議論していけたらと思います。

浦安未来地図

————————————
西川よしずみホームページ
http://saikawa.cocolog-nifty.com/
Twitter、Facebook で日々活動をお知らせしています。
(Twitter) https://twitter.com/yoshi_saikawa
(Facebook) https://www.facebook.com/yoshizumi.saikawa


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る