うらやすの人(34): ボランティア弁当作り 40年 飯嶋町子さん(79)

喜んでくれる人がいるのが張り合い

 浦安市総合福祉センター2階の調理室。毎週木曜日の朝8時半、白いかっぽう着、白のキャップにマスクの女性たちが集まって来る。一人暮らしの高齢者や高齢者世帯などに、手作りの弁当を届けている「おべんとうボランティアグループ」(和田泰恵代表)の人たちだ。
 その中の一人、今川の飯嶋さん。この活動を黙々と続けて実に40年。「休んだ記憶はほとんどない」という記録の持ち主だ。

「人に役立つことができてうれしい」と話す飯嶋さん

 この活動を始めたのは、ご主人の仕事の都合で浦安に転居したのがきっかけ。元々は看護師だった。
 「仕事を終えると時間が余って、何かしたい、人に役立つことをしたいと思うようになり、当時の町役場に電話。紹介されたのがボランティアでの弁当作りでした」
 小人数のグループでそれに参加。いまグループは41人で、飯嶋さんは “最古参”。
 弁当を作る調理班、弁当を包む紙に季節感あふれる絵を描くお絵かき班、弁当を高齢者宅に届ける配達班の3班に分かれて活動している。参加するのは月2回が原則、人手が足りないときはしばしば手伝いに出る人もいる。

 調理は3時間立ちっぱなし。「でも苦になりません。仕事に張り合いがあるからで、グループの皆さんと楽しくできることも大きいですね」
 一番気を付けていることは、当然ながら衛生面と強調する。手を洗い、消毒する。服装も大事。ご飯、煮物は必ず冷ましてからパックする。
 「味も大切。きんぴらにごま油をひとたらしすることで味がよくなります。これは父が調理師でしたから教わったのですが…。弁当の材料は旬のものを中心に、冷凍ものは使いません。献立はグループの人が考え、時間をかけてていねいに調理します。これが私たちのこだわりです」
 グループで長年、活動を共にしてきた今泉美地子さん(82)は、「あまり多くはしゃべる人ではありませんが、あたたかくて頼りになります」。

 材料費は社会福祉協議会の支援があるが、ボランティアには手当は出ない。
 「お弁当を受け取る人の中には、道に出て待ってくれている人もいます。地道な活動ですが、喜んでくれる人がいるのがなにより。これが私たちの喜びでもあり、これからも続けていける原動力です」


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る