スポーツ

うらやすの人(50) 浦安市カヌー協会会長 三浦 寛 さん(79)

 週末の朝、浦安市カヌー協会会長、三浦寛さん(79)が市内を流れる境川にやって来た。カヌーを保管している新浦安地区の艇庫から愛艇を運び出し、川面に浮かべる。仲間とともにカヌーを漕ぐ。太陽の光を浴びてすいすいと快走する。気持ちよさそうだ。

 北海道・増毛町で生まれ育った。上京して東京都内の会社で仕事を続けた。少年時代からカヌーとは無縁の人生だった。

 転機が訪れる。50代で関西方面を旅した。木津川上流でカヌー製造所を見つけ、たまたま立ち寄った。

 「カヌーを見たんです。かっこよかった。その場で衝動買いしました」と笑顔で振り返る。カヌーを川に浮かべ、初心者向けの指導を受けた。そのまま、愛車に積んで浦安に帰宅。こうしてカヌー人生が始まった。地元の境川や東京湾などで愛艇を漕ぎ、腕を磨いていった。

 そして日本一周の旅を決断した。61歳だった。

 「会社を定年退職し、自由な時間がたっぷりあった。2年もあればなんとか日本を一周できるだろうと思い立った」と語る。

 平成13年1月1日朝、愛艇にテント、調理道具、寝袋、着替え、食料などを積み込んだ。仲間の見送りを受け、境川を漕ぎ出した。あいにくの天候不良。東京湾に出ると、猛烈な風が吹いてきた。覆い被さるような大波が押し寄せてくる。頭から海水をかぶった。散々な船出だった。

 太平洋に出て、西に向かった。危険を避けるため、遠洋には出ない。肉眼で陸地が見えるルートを進んだ。朝、出航して午後早めに目的地に上陸する。テントを設営し、買い出しに出かけ、夕食の支度に取りかかる。「力ラーメン」を作る。即席ラーメンにモチを入れ、卵を落とす。うまい。明日に向けて力がみなぎってくるという。

 九州に到着した。

 「九州の人は人情が熱い。上陸してテントを設営していると、『俺の家に来い』と声を掛けられる。風呂に入り、夕ご飯をごちそうになった。翌朝は弁当まで用意してくれる。ありがたかった」と笑顔で話す。

 日本海を北上。北海道・宗谷岬を周り、東北地方を経て10月に無事、浦安に帰還した。

 「終わった。日本を一周した。仲間が祝福してくれました」

 平成23年3月、東日本大震災が発生した。翌年春、カヌーで東北地方に向かった。「日本一周の旅でお世話になった人たちが無事でいるのか。すこしでも励ますことができれば」との思いだった。被災地の海岸はがれきの山だった。知人の消息はつかみようがなかったという。

 カヌーの魅力について「自然の中で過ごせる。海は自由です。世の中のしがらみから解き放たれる。自分の技量次第で好きなところへ行ける」と語る。

 行政に対して境川などの水辺に桟橋を設置することを望んでいる。そうすればカヌーやボートを利用しやすくなる。日焼けした三浦さんは「浦安は都心に近く、海と川に囲まれている。市民が水上スポーツをもっと楽しめるようになれば」と願っている。

関連記事

  1. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(38) 別居中の交際
  2. 4位キープも苦戦続く ブリオベッカ浦安 4位キープも苦戦続く ブリオベッカ浦安
  3. 初の境川クリーンアップ 15団体が協力 境川であそぼう実行委員会 初の境川クリーンアップ 15団体が協力 境川であそぼう実行委員会…
  4. 感性豊かな表現 冬テーマに子ども俳句 感性豊かな表現 冬テーマに子ども俳句
  5. この人に聞く:浦安市危機管理監 河井繁樹(かわい しげき)さん(56) この人に聞く:浦安市危機管理監 河井繁樹(かわい しげき)さん(…
  6. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(28) パートナーシップ証明書
  7. レッツゴー バルドラール浦安 レッツゴーバルドラール浦安 星主将復帰!さらに上位を
  8. 今期限りで引退する深作勇氏 今期限りで引退する深作勇氏

新着記事

  1. 浦安小さな旅(1) 「原風景を巡る」
  2. うらやすの人(54) 豊洲市場の仲卸会社「山治」社長 山﨑康弘さん(50)
  3. 浦安市、特別職給与、 議員報酬削減
  4. 浦安の小中学校と幼稚園は登校・登園に
  5. 営業を再開「イクスピアリ」6月1日より
 
PAGE TOP