防犯・安全・法律

弁護士 京介 「家庭の法学」(42) 第三者機関立ち合いによる面会交流

 こんにちは。弁護士の矢野京介です。今回のテーマは、「第三者機関立ち合いによる面会交流」です。現在の日本の法律では、離婚の際、父母のどちらが「親権者」になるかを決めなくては離婚できません。

矢野弁護士
矢野京介

 面会交流とは、「親権者」にならなかった片方の親が離れて暮らす子どもに会える機会であり、またそれと同時に、子どもにとっても、いつも会えない親からの愛情を感じることのできる貴重な時間でもあります。

 理想的な面会交流の形としては、当事者間でよく話し合い、子どものために子どもが楽しく過ごせる環境を準備することです。しかし、離婚する夫婦間には当然、感情的な対立が強く、面会交流に対しても消極的になるケースが多いようです。そのような場合に考えられる方法のひとつが第三者機関立ち合いによる面会交流の実施です。

 面会交流に関する第三者機関の主な役割は、面会交流についての調整、連絡、子どもの受け渡し、面会交流の付き添い等です。第三者機関を利用するメリットは、まず、連れ去りの心配がないことです。そして、当事者間で、直接連絡を取りたくない場合や、顔を合わせたくない場合に代理で行ってくれますので、精神的な負担がかなり軽減されるでしょう。

 また、面会中に、離れて暮らしている親が、親権者の悪口を言ったり、秘匿事項を子どもから聞き出すというようなことを未然に防ぐことができます。

 しかし、基本的に第三者機関の利用は有料で、団体によっても、受けるサービスによっても異なりますが、1回の面会交流に数千円から数万円程度かかります。  面会交流でお悩みの方は、一度専門家に相談されることをお勧めいたします。

葛西臨海ドリーム法律事務所

関連記事

  1. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(9) 会社経営者の離婚問題
  2. 歩行者保護の徹底 ゼブラ・ストップ作戦 歩行者保護の徹底 ゼブラ・ストップ作戦
  3. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(16) 海外在住者の相続問題
  4. 市が犯罪捜査にドライブレコーダーの映像提供 市が犯罪捜査にドライブレコーダーの映像提供
  5. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(14) 遺言書
  6. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(26) 親権者の決め方
  7. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(18) 生命保険と相続
  8. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(30) 離婚届不受理申出書

新着記事

  1. ウラヤスフェスティバル2019開催直前 浦安芸術花火 QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~ チケット特別販売決定!
  2. 編集後記
  3. 豊受神社 秋祭り 浦安の伝統芸能が披露される
  4. 商工会議所が役員改選 新会頭に熊川賢司氏を選出
  5. 海辺のカフェを総合公園で開催浦安を大好きな市民グループ「NEXT30」が主催
 
PAGE TOP