注目記事

歩行者保護の徹底 ゼブラ・ストップ作戦

 浦安署は歩行者保護最優先を徹底させようと、「ゼブラ・ストップ作戦」を開始した。交差点で横断中の歩行者の前をすり抜けたり、一時停止を無視したりする運転者などに指導、取り締まりを強化し、歩行者事故「ゼロ」を目指す。

ゼブラ・ストップ作戦

 この作戦は2020年の東京五輪、パラリンピック開催に向けて、安心して通行できる環境整備が不可欠と、県警の指導で年末まで行われる。
 和製語の「ゼブラ・ゾーン」(横断歩道)からネーミング。横断歩道では歩行者の優先義務を運転者に周知、横断歩道での歩行者保護を強化するのが狙い。まず、運転者には信号に従い、交差点の手前では確実に停止するなど安全確認を徹底させる。
 同署管内では、入船交差点など歩行者の多い横断歩道を中心にパトカーを配置。警察官が目を光らせる=写真。

 運転者には、信号無視、無理な走り抜け、横断中の歩行者への妨害など危険な運転をやめるよう訴え、悪質な運転者は検挙する。
 歩行者に対しても、指導を強化、マナーの向上をはかる。信号が変わる直前の横断、スマホに集中しながらの横断、自転車で走り抜けるケースなどは警察官が直接、声をかけて指導。パトカー、移動交番車、交番発行のミニ広報紙などでこの作
戦をPRする。
 学校などでも交通安全教室などを通して、子供たちに正しい交通ルールを指導していく。

 同署管内での今年1月から7月までの交通事故は203件が発生。このうち横断歩道での事故は11件(5.4%)。県内では9715件が発生、同467件(4.8%)。交通ルールの周知をはかり1件でも事故を減らしたいとしている。

広告画像

関連記事

  1. 親近感ある警察署長 徳田文則署長 親近感ある警察署長 徳田文則署長
  2. 里帰りの母親にも拡大 日帰り、宿泊型産後ケア 里帰りの母親にも拡大 日帰り、宿泊型産後ケア
  3. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(38) 別居中の交際
  4. 内田市長の施政方針 成熟期迎え、再構築必要 内田市長の施政方針 成熟期迎え、再構築必要
  5. プレミアム商品券 受付開始 1万円で1万2千円分買える 『プレミアム商品券』 受付開始
  6. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(36) モラハラ夫(妻)との離婚
  7. 樺太の日露国境線画定測量 浦安から宇田川徳太郎参加 樺太の日露国境線画定測量 浦安から宇田川徳太郎参加
  8. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(24) 財産分与不動産

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP