医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第82話:新型コロナウイルス感染の後遺症について効果的な治療薬はまだない、感染予防が大事

 後遺症の最も多い症状は全身倦怠感、呼吸苦、胸部不快感であり30%から60%の方に見られる。咳や、嗅覚異常、脱毛などが20%程度に見られる。PTSDや記憶障害、鬱、集中力の低下などの精神症状が20%程度の方にみられ、生活の質の低下が長期間続くので厄介な後遺症である。原因として、小血栓、残余ウイルス、自己免疫、組織破壊、等が挙げられる。

竜 崇正(りゅう・むねまさ) 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見 2-18-9=

 ①⼩血栓はSPECT-CTで、肺、脳などで見つかり、様々な症状の原因になっている。このような血栓は感染初期から見つかるので、後遺症はCOVID-19の⼀連の病変と言える。

 ②ウイルスの居残り。2021年にNIのグループは、COVID-19患者44⼈の解剖の結果、全員の脳、筋肉、腸、肺などの広い臓器にウイルスRNAが残存を確認した。無症状感染者でもウイルスRNAが検出され、後遺症と相関があった。

 ③手に負えない免疫システム。オーストリアの研究チームは、後遺症患者は自然免疫が異常に活性化して、感染後8カ⽉を経てもインターフェロンが高レベルにあると報告した。Yale⼤学のグループはマウスをCoV-2で感染させると、脳に炎症が生じたと報告した。

 Stanford⼤の消化器のチームは、COVID-19感染後4カ月以上経って肺炎が治癒した後でも、大便からウイルスが検出されたと報告。また、大腸内視鏡施行した感染者32⼈中21⼈の粘膜からウイルスRNAが検出され、その全員が後遺症患者であったが、検出されなかった14⼈には後遺症はなかった。

 COVID-19感染後の認知機能障害について、大脳皮質変化の研究がイギリスから報告された。51-81歳の785⼈について大脳皮質の各領域の厚さを測定した結果、特に高齢の感染者で、意思決定に重要な役割を果たす「眼窩前頭皮質」の厚さが感染後に1%以上減少していた。現在、後遺症に対する適切な治療法は無く、多くの方が後遺症に苦しんでいる。後遺症治療の研究開発が待たれる。

広告画像

関連記事

  1. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第58話:全国民に新型コロナウイルス感染…
  2. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第78話: オミクロン株も、重症化防ぐた…
  3. 新型コロナのワクチン 接種開始に備え訓練を実施 新型コロナのワクチン 接種開始に備え訓練を実施
  4. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第70話:COVID-19に対する新しい…
  5. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第80話:3密を避ける日本の戦略が、感染…
  6. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」特別版:変異型感染が大爆発 人との接触を…
  7. 東京ベイ東急ホテル 帰国者の 待機場所へ 東京ベイ東急ホテル 帰国者の 待機場所へ
  8. 50歳以上のがん検診 初めて胃カメラ導入 50歳以上のがん検診 初めて胃カメラ導入

新着記事

  1. 宿泊者限定オリジナルグッズが登場! 東京ディズニーランドホテル
  2. "夏休みこどもスペシャルDAY!" 走って踊って、笑顔いっぱいの1日
  3. 三番瀬海岸親水施設が完成 オープニングセレモニーを開催
  4. 庁舎入口前に大時計を寄贈 浦安ライオンズクラブ創立50周年記念
  5. 市斎場増築棟が完成 10月中旬から運用開始

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
グローバルフェスタ2022(10/1・2開催) インド先住民 -トライバルの暮らし、就学支援、生理小屋の問題など。ぜひ、ご来場ください!

PAGE TOP