防犯・安全・法律

弁護士 京介 「家庭の法学」(57) 離婚と相続

 こんにちは。弁護士の矢野京介です。今回は「離婚と相続」についてお話しいたします。離婚や再婚をすると、相続にも少なからず影響が生じます。離婚または再婚を検討するときには、配偶者や元配偶者が亡くなった際、遺産がどうなるかも知っておくと良いでしょう。

矢野京介
矢野京介

 まず、子どものいる夫婦が離婚すると、夫婦の親族関係は解消されるため、元夫(妻)は相続権を失いますが、子供との親子関係は解消されません。子供には相続権が残ります。親権をどちらが有しているか、どちらと同居しているかは、相続権とは関係ありません。

 次に、再婚した場合です。例えば、再婚同士で、お互いに連れ子がいた場合、父親や母親と連れ子が養子縁組をしない限り、法律上の親族とはなりませんので、相続権はありません。養子縁組をしていれば、実子と同様の相続権が生じます。

 もしも再婚相手との間に子供を授かった場合、元配偶者との間に生まれた子供と、再婚相手との間に生まれた子供、再婚相手の連れ子と養子縁組をしていれば再婚相手の連れ子、すべての子供が相続人となります。相続権の割合は、どの子供も同じです。養子縁組をするかしないかは、将来の相続にも関わってきますので、慎重に検討する必要があります。

 相続に関しては、遺言書を作成しているケースや、相続人廃除の手続きを取っているケース、いつ養子縁組をしたか等によって変わってきます。また、場合によって、異父・異母兄弟と連絡を取らなくてはならないケースも出てきます。離婚と相続でお悩みの方は、専門家に相談されることをお勧めいたします。

葛西臨海ドリーム法律事務所

広告画像

関連記事

  1. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(36) モラハラ夫(妻)との離婚
  2. 市民の安全、最優先 新浦安署長が強調 市民の安全、最優先 新浦安署長が強調
  3. 歩行者保護の徹底 ゼブラ・ストップ作戦 歩行者保護の徹底 ゼブラ・ストップ作戦
  4. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(47) 父親が親権を取るための条件…
  5. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(33) 授かり婚(できちゃった婚)…
  6. 事件・事故から子供守る輪が広がる 通学時間帯を中心に活動 事件・事故から子供守る輪が広がる 通学時間帯を中心に活動
  7. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(60) 共有財産と特有財産
  8. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(28) パートナーシップ証明書

新着記事

  1. 内田市長が再選を果たす 新型コロナ禍の中、異例の選挙戦を制す
  2. 再選内田市長が初登庁
  3. 第55回関東サッカーリーグ開幕 ブリオベッカ浦安が快勝
  4. 都並監督、小島選手 今シーズンの抱負語る
  5. ディズニーランドに屋内シアター オープン 「ファンタジーランド・フォレストシアター」

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP