教育

「浦安の漁撈用具3」刊行 浦安市博物館

漁村文化研究会よりコレクション寄贈を受け

 浦安市郷土博物館は、漁村文化研究会が昭和46(1971)年から収集してきた漁撈(ぎょろう)用具コレクション650点の寄贈を受け、研究会と学芸員による調査研究を行ってきた。その成果として、このたび3冊目となる新しい報告書「浦安の漁撈用具3」が刊行された。漁師町だった往時の浦安を知ることができる貴重な文献だ。

 浦安は大消費地の江戸(東京)に近く、昔から魚介類の供給地として栄えてきた。鮮魚などが輸送され、寿司や天ぷらの食材となり、江戸前の食文化発展を支えていた。

 ところが、昭和30~40年代、海水汚染や埋め立てなどの影響で、漁師町、浦安は大きく変貌した。

 東邦大学の学生たちは浦安を訪れ、調査・研究を始めた。研究会の栗山堯男さんは「当時、漁業権を放棄。べか舟や漁具がトラックに積み込まれ、処分されようとしていた」と振り返る。

 漁師たちに声をかけると、「いらないから、あげるよ」との返答。学生たちは漁具などを集め、保管していった。

 中西一善さんは「どんな漁をやっていたのか。多くの漁師と会って聞き取り調査を行いました。浦安弁で、意味がわからないこともありましたが、相手は親切で、ていねいに説明してくれました」と笑顔で語る。

 西野洋一さんは「私は東京の下町出身です。浦安から行商に来ていたので親近感があった。当時、80代の漁師は明治時代の漁を教えてくれた」と話す。

 研究会と学芸員は、貴重な証言を分析するなどして、浦安の漁法一覧を作成した。

 大人数で行う巻網漁は当代島地区が中心だった。刺網漁は堀江地区が中心になって行っていたという。漁法は多彩で200種類を超えていた。

 漁村文化研究会のメンバーは大学卒業後も活動を続けている。そして半世紀にわたる資料収集と調査活動が高く評価され、浦安市教育功労賞を受賞した。

 報告書は1冊800円。問い合わせは浦安市郷土博物館(でんわ047―305―4300)

広告画像

関連記事

  1. 「よろずや十五夜」イクスピアリにオープン 和雑貨や食品を越前和紙ボックスギフトに 「よろずや十五夜」イクスピアリにオープン 和雑貨や食品を越前和紙…
  2. 小中学校、幼稚園など 5月6日まで休校・休園 小中学校、幼稚園など 5月6日まで休校・休園
  3. 全国学校給食週間 給食に「べか焼きそば」 全国学校給食週間 給食に「べか焼きそば」
  4. 海に臨むクリーンセンターの工房で 胸キュンな 「手すきハガキ」作り 海に臨むクリーンセンターの工房で 胸キュンな 「手すきハガキ」作…
  5. 子どものダンスサークル「THE KIDS」 新年度メンバーを募集 子どものダンスサークル「THE KIDS」 新年度メンバーを募集…
  6. 浦安市花火大会 浦安市花火大会 7月25日に
  7. 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始
  8. 『新版 新しい世界史の授業』発刊 小橋正敏先生も執筆 『新版 新しい世界史の授業』発刊 小橋正敏先生も執筆

新着記事

  1. オリンピック・パラリンピックの選手育成補助事業 市の対象選手12人を指定
  2. うらやすの人(57) ブリオベッカ浦安後援会会長 浦田一哉さん(47)
  3. 秋恒例「浦安市民まつり」 マスクを着けて久々のイベントを楽しむ
  4. 浦安市民のための花火 浦安海岸で約100発打ち上げ
  5. 公益社団法人浦安青年会議所 かるたdeうらやす2020作成

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社 富士屋商事
浦安商工会議所

考えるって楽しい、つくるって楽しい。株式会社ウラタ
嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP