教育

「浦安の漁撈用具3」刊行 浦安市博物館

漁村文化研究会よりコレクション寄贈を受け

 浦安市郷土博物館は、漁村文化研究会が昭和46(1971)年から収集してきた漁撈(ぎょろう)用具コレクション650点の寄贈を受け、研究会と学芸員による調査研究を行ってきた。その成果として、このたび3冊目となる新しい報告書「浦安の漁撈用具3」が刊行された。漁師町だった往時の浦安を知ることができる貴重な文献だ。

 浦安は大消費地の江戸(東京)に近く、昔から魚介類の供給地として栄えてきた。鮮魚などが輸送され、寿司や天ぷらの食材となり、江戸前の食文化発展を支えていた。

 ところが、昭和30~40年代、海水汚染や埋め立てなどの影響で、漁師町、浦安は大きく変貌した。

 東邦大学の学生たちは浦安を訪れ、調査・研究を始めた。研究会の栗山堯男さんは「当時、漁業権を放棄。べか舟や漁具がトラックに積み込まれ、処分されようとしていた」と振り返る。

 漁師たちに声をかけると、「いらないから、あげるよ」との返答。学生たちは漁具などを集め、保管していった。

 中西一善さんは「どんな漁をやっていたのか。多くの漁師と会って聞き取り調査を行いました。浦安弁で、意味がわからないこともありましたが、相手は親切で、ていねいに説明してくれました」と笑顔で語る。

 西野洋一さんは「私は東京の下町出身です。浦安から行商に来ていたので親近感があった。当時、80代の漁師は明治時代の漁を教えてくれた」と話す。

 研究会と学芸員は、貴重な証言を分析するなどして、浦安の漁法一覧を作成した。

 大人数で行う巻網漁は当代島地区が中心だった。刺網漁は堀江地区が中心になって行っていたという。漁法は多彩で200種類を超えていた。

 漁村文化研究会のメンバーは大学卒業後も活動を続けている。そして半世紀にわたる資料収集と調査活動が高く評価され、浦安市教育功労賞を受賞した。

 報告書は1冊800円。問い合わせは浦安市郷土博物館(でんわ047―305―4300)

広告画像

関連記事

  1. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」 うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心…
  2. いも・栗・かぼちゃに松茸も…おいしい秋、見つけた! イクスピアリ いも・栗・かぼちゃに松茸も…おいしい秋、見つけた! イクスピアリ…
  3. わんぱく相撲浦安場所で熱戦 わんぱく相撲 浦安場所で熱戦
  4. 浦安点描:薫風はらみ 鯉のぼりが一斉遊泳 浦安点描:薫風はらみ 鯉のぼりが一斉遊泳
  5. 「外山喜雄とデキシーセインツ」 クリスマスジャズ パーティー開催 「外山喜雄とデキシーセインツ」 クリスマスジャズ パーティー開催…
  6. 浦安小さな旅(4) しおかぜ緑道 Vol.2 印象に残る情景 浦安小さな旅(4) しおかぜ緑道 Vol.2 印象に残る情景
  7. 今年も「浦安バル街」を思い思いに満喫! パンフ片手にお店巡り 今年も「浦安バル街」を思い思いに満喫! パンフ片手にお店巡り
  8. 令和2年度うらやす起業塾「創業支援セミナー」参加者募集中 令和2年度うらやす起業塾「創業支援セミナー」参加者募集中

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP