教育

水を浄化する自然のシステム “干潟”

さまざまな生き物を観察

4月21日(日)、「干潟観察会」が開催された。9時30分すぎ三番瀬に到着したものの、まだ歩く幅がないほど砂浜に海水が満ちていた。だが長靴も用意して準備万端な参加者たちは、躊躇なく足を踏み入れた。
その後、みるみるうちに潮が引き、本格的に観察会を開始した。白いトレーに参加者が見つけた干潟の生き物を集めると、カニや貝、ボラの稚魚などが次々に。

干潟 観察会

島村さんの説明に興味深々の参加者

主催した浦安市郷土博物館の副主幹(学芸員)の島村嘉一さんが、生き物1つ1つについて解説。参加した子どもたちも、トークに加わり、新しい知識を吸収していった。
場所を移動しながら、3か所でお題に沿って生き物を探した。子どもたちの見つける能力は、大人が太刀打ち出来ないほど素晴らしい。その後の解説に対する反応もしかりだった。

「この干潟は、生き物たちの幼稚園。ここで育まれた命が、大量の海水の汚れを浄化し美しい水に戻す働きをしています」という説明に、自然のシステムの素晴らしさを知った。天気にも恵まれ、充実した観察会は終了。最後に、今回帯同した「浦安水辺の会」の主催者から、6月2日(日)の浦安市三番瀬環境観察館オープンに合わせ「三番瀬クリーンアップ」を開催するというインフォメーションがあり、活動を締めくくった。

広告画像

関連記事

  1. 中央図書館がリニューアルオープン 中央図書館がリニューアルオープン
  2. 震災アーカイブ利用、 29年度は6万9千件 震災アーカイブ利用、 29年度は6万9千件
  3. “光の乱舞„交通公園でホタル狩り 5月連休明けにも “光の乱舞„交通公園でホタル狩り 5月連休明けにも
  4. 大塚・浦安高校野球部監督が定年に 荒れた学校、少ない部員、辛抱強く再建 大塚・浦安高校野球部監督が…
  5. 浦安点描:春はそこまで 浦安点描:春はそこまで
  6. 感性豊かな表現 冬テーマに子ども俳句 感性豊かな表現 冬テーマに子ども俳句
  7. 『新版 新しい世界史の授業』発刊 小橋正敏先生も執筆 『新版 新しい世界史の授業』発刊 小橋正敏先生も執筆
  8. お気に入りだから、捨てずに交換! 「かえっこバザール with おもちゃ病院」 お気に入りだから、捨てずに交換! 「かえっこバザール with …

新着記事

  1. 「浦安の漁撈用具3」刊行 浦安市博物館
  2. 新型コロナウイルス対策ステッカーを発行 市内飲食店・店舗・事務所が対象
  3. 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始
  4. うらじょグルメ(15) 趣向を凝らした和食が味わえる 志摩家
  5. うらやすの人(56) 浦安市ゴルフ協会会員 深澤一三さん(71)

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社 富士屋商事
メディケア浦安/田所医院

今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…
嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金

PAGE TOP