医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第57話:新型コロナウィルス感染の予防を徹底しよう

 緊急事態宣言が解除され、社会が動き始めている中、新型コロナウイルス(COVID-19)感染は東京都を中心に再び広がり、7月2日は100人を超えた。6月28日まで1週間の10万人当たりの感染者は東京で2.58、埼玉で1.09であり、政府の緊急事態の目安0.5を上回り、大阪の0.11に比して多い。

竜 崇正 先生
竜 崇正 りゅう・むねまさ 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見2-18-9=

 原因はホストクラブやキャバクラなどの接待を伴う夜の街からの感染とされる。クラスター化した店も営業停止が必要であろう。COVID-19感染は、症状のない一見健康な方からの飛沫感染が主体である。飛沫を浴びないように3密を避けることが基本である。ウイルスは石鹸で死滅するので手洗いが基本である。

 COVID-19に感染した慢性肺疾患患者(COPD、喘息)に、重症化する患者が少ないことが謎となっていた。肺胞の膨張に関与する肺サーファクタントが十分産生されない28週前に生まれた小児の60%は、新生児呼吸窮迫症候群を来たし、肺サーファクタントを補充しないと呼吸不全から死に至ることが知られている。

 その肺サーファクタントの研究をしてきた千葉県がんセンター放射線診断部高野部長は、COVID-19が肺細胞のACE2に付着することで、肺サーファクタントが枯渇して無気肺となり、患者が死に至るという仮説を立てた。そして、去痰剤として一般に汎用されているアンブロキソール(ムコソルバン)は肺サーファクタントを増やす働きがあるので、COVID-19に有効ではないかと推察した。

 慢性肺疾患患者にはムコソルバンが多く投与されているのが、重症化する患者が少ない理由と結論し、査読のある論文で採用された。論文は以下の通りで8月12日まで無料公開されている。
Pulmonary surfactant itself must be a strong defender against SARSCoV-2 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0306987720310732

広告画像

関連記事

  1. 順天堂かゆみ研究センター開設 アジア初 患者のQOL向上目指す 順天堂かゆみ研究センター開設 アジア初 患者のQOL向上目指す
  2. 本紙記者 塩塚 保 のワクチン接種体験記 順調に完了! 本紙記者 塩塚 保 のワクチン接種体験記 順調に完了!
  3. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第64話:COVID-19 感染爆発が止…
  4. 新型コロナのワクチン 接種開始に備え訓練を実施 新型コロナのワクチン 接種開始に備え訓練を実施
  5. 富士屋商事社長 志田 健司 日本国の未来は(18)マスクがいかに大事か再確認 富士屋商事社長…
  6. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第21話: 健康長寿を目指し 尿酸値を…
  7. Dr.竜の診察ノート Dr.竜の「診察ノー卜」第53話:コロナウイルスは一般的な対処で…
  8. Dr.竜の「診察ノー卜」 Dr.竜の「診察ノー卜」第63話:新型コロナウイルス感染を恐れず…

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP