教育

聞こえのサポーター講座始まる 難聴者とのコミュニケーションに筆談を

聞こえのサポーター講座始まる

「聞こえのサポーター(筆談)講座」(全4回)が11月6日から、浦安市総合福祉センター(東野)で始まった。受講者たちは加齢などで中途失聴や難聴となった人とのコミュニケーションとして筆談を学んでいる。

講師はNPO法人の千葉県中途失聴者・難聴者協会と全国要約筆記問題研究会千葉支部が担当している。
講座は第1回が健聴講師と難聴講師が講座の目的、必要性、サポーターの役割、聞こえの仕組み、難聴の程度と特徴、生活の中で困ることなどを説明。
第2回は中途失聴者と難聴者が聞こえなくなったときの驚きや苦しみ、その後の生活などの体験を語る。また、どのようなサポート方法があるかなどを話し合う。
第3回は筆談に使う紙、ボード、ペンなどを説明。読みやすい位置と書き方、傾聴の大切さなど筆談の基本を理解する。
第4回は身近な支援制度を説明。難聴スタッフの協力を得て、グループに分かれて筆談する。

浦安市社会福祉協議会の担当者は「年1回のペースで講座を開催している。幅広く理解を深めていただきたい。筆談は日常生活や家族との対話にも活用できます」と語る。
また、千葉県中途失聴者・難聴者協会の担当者は「講座では趣味など身近なテーマで実際に筆談を体験。筆談で会話のキャッチボールをします」と説明。「電車が急停車した場合、失聴者は車内放送を理解できずに不安になる。そんなとき、筆談をいかしてほしい」と呼びかけている。
連絡先は浦安市社会福祉協議会 でんわ355・5271。

広告画像

関連記事

  1. 年に一度のお楽しみ「博物館まつりナイト」 年に一度のお楽しみ「博物館まつりナイト」
  2. 浦安の小中学校と幼稚園は登校・登園に 浦安の小中学校と幼稚園は登校・登園に
  3. うらやすの人(34): ボランティア弁当作り 40年 飯嶋町子さん(79) うらやすの人(34): ボランティア弁当作り 40年 飯嶋町子さ…
  4. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  5. 第15回ジュニア合気道記念大会 鍛錬の成果を競い交流深める 第15回ジュニア合気道記念大会 鍛錬の成果を競い交流深める
  6. 海辺のカフェを総合公園で開催浦安を大好きな市民グループ「NEXT30」が主催 海辺のカフェを総合公園で開催浦安を大好きな市民グループ「NEXT…
  7. 見中に帰ろう大同窓会!! ふたたび 見中に帰ろう大同窓会!! ふたたび
  8. ホテルで園児が犬との触れ合い ホテルで園児が犬との触れ合い

新着記事

  1. 久助稲荷神社の建て替え工事が完成
  2. 「ディズニー・プレミアアクセス」 待ち時間を短縮、時間を指定できる
  3. ベイシニア浦安が市内IT企業と高齢者の安否確認アプリを共同開発
  4. 総勢280人の小学生が参加 白熱の取り組みを繰り広げる わんぱく相撲浦安場所
  5. まちプラ文化祭・市民活動フェスタwith 5/15(日)新緑の休日に多くの市民が参加

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
JAFS関東 SDGs 世界を知るシリーズセミナー2022 「もう一つの生理の貧困 - インド、少数民族の女性たちと生理小屋」

PAGE TOP