文化

オンラインで合唱レッスン指導 市内在住の合唱指揮者 柳嶋耕太さん

 浦安市在住の合唱指揮者・柳嶋耕太さん(34)は、テレビ会議システム「ZOOM」を使って、自宅に居ながら参加できる合唱オンラインレッスンを行っている。

オンラインレッスンの画面

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、全員が1か所に集まって活動することが難しくなってきた。「合唱は人が集まって行うものなので、『3密(密集・密閉・密接)』に該当してしまう。3月下旬には他県の合唱団でクラスター(集団感染)が発生したこともあり、続けられる方法はないか模索していたところ、オンラインレッスンにたどり着いた」と柳嶋さん。

 何度かテストを行い、4月6日から本格的にレッスンを開始した。募集した受講生30人は、2日ほどで定員に達した。「受講生の約半分は僕が指導している合唱団の団員ですが、あとの半分は新規。東北地方やアメリカなど海外からの参加者もいます」と柳嶋さん。遠隔地の人と合唱でつながることができるのも「オンラインならでは」とも語る。

 受講生からは「自宅にいながら、同じ曲を一緒に考え、歌えるのは楽しい」「普段は前を見て歌っているが、オンラインは画面に向かって歌うので、ほかの受講生の表情が見られるので新鮮だ」との意見が寄せられ好評だ。

 ただ、オンラインレッスンにも難点がある。音にズレが出ることだ。そのため、受講生全員の音声をオンにしてしまうと、レッスンに支障が出ることも。そのため、音声のオンオフを調整して指導している。

 柳嶋さんは、東京都東村山市出身。早稲田大学に進学し、混声合唱団のサークルで指揮者として活動した。その後、合唱専門指揮者を目指し、2011年に渡独。マンハイム音楽表現芸術大学指揮科を経て、ザール音楽大学指揮科を卒業。2015年には、ドイツ若手指揮者の登竜門「ドイツ音楽評議会」指揮フォーラム研究員に選ばれ、同時に「Bach vocal」章を授与された。以来、ドイツ国内でプロ・セミプロ合唱団の指導で活躍し、2017年に帰国。妻の実家がある浦安市に居を構えた。

 現在は、主に東京都内や神奈川県内の合唱団を指導しているが、浦安市の合唱団も「ぜひ指導してみたい」と意欲的だ。新型コロナウイルスの終息が見えない中、オンラインレッスンに活路を見い出し、合唱を通じて日本のみならず、世界各国とつながっていければと熱く語った。

関連記事

  1. 第7回ハピーダンス開催 第7回ハピーダンス開催
  2. 詳細決まる 浦安横断わんぱくクイズ 締切7/17 第1st7/26 詳細決まる 浦安横断わんぱくクイ…
  3. うらやすの人(17) 川本愛子さん「美しい音楽を浦安に」 うらやすの人(17): 川本愛子さん「美しい音楽を浦安に」
  4. おさんぽカメラ: ギターアンサンブルひびき 第4回定期演奏会開く おさんぽカメラ: ギターアンサンブルひびき 第4回定期演奏会開く…
  5. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第28話: 医学的効果が証明されてい…
  6. 大塚・浦安高校野球部監督が定年に 荒れた学校、少ない部員、辛抱強く再建 大塚・浦安高校野球部監督が…
  7. シンボルツリーで木登り開始 うらっこ広場 「ヤマボウシ」 シンボルツリーで木登り開始 うらっこ広場 「ヤマボウシ」
  8. 障害者のスポーツ競技 ボッチャ大会 障害者のスポーツ競技 ボッチャ大会 浦安中央LCが主催

新着記事

  1. 感染拡大防止を市民に呼びかけ 大切な家族・友人を守るため、責任感持った行動を
  2. 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見
  3. Dr.竜の診察ノート
  4. 「リゾートライナー」の運行開始が延期
  5. 医療関係者への感謝と応援の気持ちをこめて シンデレラ城などがブルーライトアップ
 
PAGE TOP