文化

「三社祭」に向けて意気込み語る 稲荷神社・総代長

4年に1度、みんなで良い祭りに…尾頭博行さん(66)

 今年6月、浦安市では4年に1度の「浦安三社祭」が盛大に開催される予定。稲荷神社(当代島)の総代長、尾頭博行さんが意気込みを語った。

 尾頭さんは代々続く生粋の浦安っ子だ。

 「幼いころから、祭りに参加していた。神輿も担いだ。老若男女、いっしょになって祭りを盛り上げるところがいい。4年に1度だから、みんな、うずうずして待っている。お祭り貯金をしている人もいる。ぱっと派手にやる」と笑顔で語る。

 当代島地区では昭和の一時期、神輿の担ぎ手が減って、祭りが衰退しようとしていた。20年前、尾頭さんは危機感を抱き、「若い衆を集めて、地元の神輿を担ごう」と「稲栄会」を結成した。稲荷神社の役員たちに「これからはみんなで祭りを支えていく」と決意を述べた。役員たちは「ぜひ、協力してくれ」と喜んだという。以来、神輿の担ぎ手が増え、活性化していった。

 稲荷神社は江戸時代の創建で、地元の氏神さまとして親しまれている。昨年、みんなで奉賛金を出し合い、社務所を建て替えた。昭和初期に製作された神輿も全面改修し、往時の輝きがよみがえった。

 尾頭さんは「素晴らしい、いい祭りに。祭りが終わって『よかったね』といわれるようにしたい。4年に1度の祭りだ。みんなで参加しよう」と呼びかけている。

    ◇

 尾頭建設社長。好物は肉と魚。趣味はおやじバンド。大切にしている言葉は「和」。

関連記事

  1. 軽やかな音色と光のハーモニを楽しもう イクスピアリ 軽やかな音色と光のハーモニを楽しもう イクスピアリ
  2. イクスピアリが臨時休業期間を延長、再開は5月中旬に判断 イクスピアリが臨時休業期間を延長、再開は5月中旬に判断
  3. 恒例の納涼盆踊り 新旧住民浴衣で楽しむ 恒例の納涼盆踊り 新旧住民浴衣で楽しむ
  4. オリエンタルホテル東京ベイ プロジェクションマッピング登場 オリエンタルホテル東京ベイ プロジェクションマッピング登場
  5. うらやすの人(53) 船宿吉野屋 吉野眞太朗さん(69) うらやすの人(53) 船宿吉野屋 吉野眞太朗さん(69)
  6. 観光コンベンション協会 総会を開催 観光コンベンション協会 総会を開催
  7. カフェテラスin境川2017 27・28日 食とイベント楽しむ 「カフェテラス in 境川 2…
  8. 強風もものかは―。大型の秋田竿燈が秋空に屹立

新着記事

  1. 浦安小さな旅(1) 「原風景を巡る」
  2. うらやすの人(54) 豊洲市場の仲卸会社「山治」社長 山﨑康弘さん(50)
  3. 浦安市、特別職給与、 議員報酬削減
  4. 浦安の小中学校と幼稚園は登校・登園に
  5. 営業を再開「イクスピアリ」6月1日より
 
PAGE TOP