医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第52話:動脈硬化予防は「超悪玉コレステロ―ル」の含まれた食品を避ける

 動脈硬化は、高血圧、脂質異常症、糖尿病などによってダメージを受けた血管壁に、悪玉コレステロール(LDL)が入り込むことで進行する。血管壁に入り込んだLDLは、「酸化」されることで異物と認識され、体内の白血球のターゲットとなり、プラークの形成をもたらし、動脈硬化を誘発進行させる。悪玉コレステロールの中でも小型で密度の高い悪玉コレステロール(small dence LDL)が酸化されやすく、動脈硬化を誘発進行させる「超悪玉コレステロールとして近年注目を集めている。

竜 崇正 先生
竜 崇正 りゅう・むねまさ 浦安ふじみクリニック院長 =浦安市富士見2-18-9=

 血清コレステロール値が正常にもかかわらず、超悪玉コレステロールが動脈硬化を引き起こした例も報告されるようになった。特に心臓の冠動脈が硬化、狭窄をきたして心筋梗塞を起こしやすくなるなど、超悪玉コレステロールと心血管疾患との関連を裏付ける研究結果も報告されている。

 狭窄をきたした心臓の冠動脈を経皮的に広げるインターベンション治療後の冠動脈再狭窄予防に関して、スタチン単独とスタチンとエゼチミブ(ゼチーア)併用の比較試験が2017年に行われ、動脈内皮機能障害は、エゼチミブのコレステロール吸収阻害作用によって軽減されることが示される論文が発表された。

 しかし超悪玉コレステロールについては様々な研究が行われているが、まだ解明できていない点も多く、現行のガイドラインには記載されていない。超悪玉コレステロールを選択的にさげる薬はまだない。だが、超悪玉コレステロールは身近な食品中にも含まれている。

 従って、動脈硬化を防ぐためには、超悪玉コレステロールが多く含まれる食品を食べないようにすべきである。すなわち、焼き鳥の皮の部分、インスタントラーメンの麺、マーガリンやマヨネーズの変色した部分、二度揚げされた揚げ物、漬け込み保存された魚卵、加工肉食品、ビーフジャーキーなどUV照射を受けた食品などに注意すべきである。 (文責 竜崇正)

関連記事

  1. 浦安中央病院が移転、高齢者住宅・介護・保育を―体化 東野地区 浦安中央病院が移転、高齢者住宅・介護・保育を―体化
  2. おさんぽカメラ: 2.1スタート 浦安シティマラソン おさんぽカメラ: 2.1スタート 浦安シティマラソン
  3. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第32話: 朝食の勧め。健康長寿を目…
  4. 運動のススメ 青木幸作氏 運動のススメ(21) 骨への刺激で強度アップ
  5. 介護予防・認知症予防フェア 介護予防・認知症予防フェア
  6. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第18話: 健康長寿を目指そう 肥満を…
  7. リハビリ専門病院 高洲7丁目に建設
  8. 高齢者 頼りになるグループ に 補助金 高齢者 頼りになるグループに補助金

新着記事

  1. 令和最初の成人式 19年連続 東京ディズニーランドで開催
  2. 薗浦健太郎氏インタビュー 外交のキーマンとして戦略を語る
  3. 浦安市のデザインマンホール完成 今年度は市内5箇所に順次設置
  4. うらじょグルメ(9) 心地良い空間で食事と生酒を堪能 串と水炊 旬や
  5. 第29回東京ベイ浦安シティマラソン 全国の市民ランナーとゲストランナー7300人が参加
 
PAGE TOP