文化

うらやすの人(48) 郷土研究家 前田智幸さん(73)

地域の歴史を正確に残すため 地元の園児に紙芝居を披露

 「トモじい、何してるの?」「どこへ行ってきたの?」――。子供たちは姿を見ると、大きな声で駆け寄ってくる。”トモじい” とは前田智幸さん(73)のことだ。
 いつもニコニコと柔和な笑顔で、見るからに好々爺。手作りの紙芝居を携えて、幼稚園に出向く。着くと、園児たちが一斉に抱きついてきて、しばらく大騒ぎだ。それから “トモじい” 制作の紙芝居が始まる。子どもたちは、食い入るように紙芝居を見つめ、語りを聴く。こんな楽しそうな情景が時折、入船地区の保育園や幼稚園で繰り広げられている。

 前田智幸さん

 「やまねことどんぐり」も紙芝居用にアレンジ。完成までに100回以上も書き直した。前の年に制作したものでも、更に書き直していく。絵もそうだ。子どもたちを念頭に、今年の子には「こうすると分かりやすいかな」と子どもたちの顔を思い浮かべながら、手を入れていく。「常に新鮮なものでなければ」と妥協はない。

 また、前田さんは「地域の歴史は正確にきちんと残しておかなければならない」という信念から、浦安の歴史に興味を持っている。
 「自分たちの住む浦安はどのように造られたのか、先人はどんな苦労をしてきたのか、長い間漁師をしていた人たちは漁場がなくなってどうなったのか、そこに住む人々のストーリーを盛り込まなければ、語りの歴史書にはならない」
 そういう思いで今、取り組んでいるのが『近代の浦安史』だ。「それをきちんと伝えていかなければならない」と力を込める。
 総面積の4分の3は海を埋め立ててできた浦安だ。そして、「ディズニーランドが造られたところは海だったんだよ」と話すと、「えーっ!」とびっくりする子や、「おじいちゃんから聞いたよ」と話す子もいて、しばらくは大騒ぎになる。
 その後、子どもたち200人全員が「感想文」を書いてきてくれた。「感激しました」と柔和な笑顔がさらに崩れた。

 前田さんの肩書は「郷土研究家」だ。昭和39年に富山県から「就職列車」で上京し、秋葉原で就職。43歳で退職した後、「中小企業診断士」に合格。現在では優良企業に名を連ねている「富士環境システム」だが、設立当時は技術開発費がかさみ1億円の借金で青息吐息だった。そこの経営を任されたのだ。売上代金の取り立てにヤクザのところに乗り込んだ武勇伝も残る。
 そんな企業戦士の経歴も持つ前田さんだが、歴史に興味を持つようになる。昭和33年、本州製紙工場が廃液を垂れ流していた「黒い水事件」が起きる。平成11年、乏しい資料をもとに、あちこち足で調べあげて『いのちがけの陳情書』を出版した。

 現在は、入船の堤防脇の空き地に花壇を作って季節の花を植えている。水やりや植替えは幼稚園児も手伝って、年中花を咲かせ道行く人を和ませている。1年の内、春の2カ月と夏の1カ月、晩秋の1カ月は富山県の山で、1人で暮らす。約100年前、先祖が建てた古い建物を改装し、山を手入れしながら風を友として過ごす。
 「何事にも精魂込めて一生懸命」。その後姿で地域の子どもたちを育てている。奥さんと娘さんはそんな〝自由人〟を寛容に見守ってくれている。

関連記事

  1. うらやす市民大学の開校5周年記念誌 編集、販売中 うらやす市民大学の開校5周年記念誌 編集、販売中
  2. 「ソフィア少年合唱団」ミニコンサート 震災復興と友好促進の願いを込めて 「ソフィア少年合唱団」ミニコン…
  3. 「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」 が開催中 「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」 が開催中
  4. うらやすの人(30): 中学総体女子柔道 52キロ級で優勝 藤城 心さん(15) うらやすの人(30): 中学総体女子柔道 52キロ級で優勝 藤城…
  5. 日の出写真倶楽部 20周年写真展 日の出写真倶楽部 20周年写真展 絶妙なアングルと色彩で魅了
  6. 浦安市国際交流協会 和食体験で文化交流 浦安市国際交流協会 和食体験で文化交流
  7. 日本の素晴らしさ 子供に伝えたい! 日本の素晴らしさ 子供に伝えたい!
  8. うらやすの人(37): 「道路ふれあい標語」 最優秀賞受賞 大澤佳子さん うらやすの人(37): 「道路ふれあい標語」 最優秀賞受賞 大澤…

新着記事

  1. ミッキーとミニーがハッピーニューイヤー
  2. 令和2年の正月
  3. 矢野京介 弁護士
  4. 富士屋商事社長 志田 健司
  5. スキー教室 参加者募集
 
PAGE TOP