教育

「生きることと幸せ」 明海大で人口学会シンポ

 少子高齢化に歯止めがかからないなか、日本人口学会第70回大会公開シンポジウム「生きることと幸せ」が6月2日、明海大学で開かれ、全国の研究者や浦安市民ら約200人が参加した=写真。4人の専門家の次のような発表に聞き入った。

人口学会シンポ

 大泉嶺・国立社会保障人口問題研究所主任研究官【進化的視点から見た「生」と「死」の役割】
▽影山純二明海大学教授【「生きること」の意味と「幸せ」:不満は行動の元】
▽佐藤一磨拓殖大学准教授【幸せの格差:専業主婦vs働く妻、夫より学歴の高い妻vs夫より学歴の低い妻】
▽黒須里美麗澤大学教授【人口の歴史が語る「生きることと幸せ」?!:究極のパネルデータに見る前近代庶民のライフコース】。

 大泉氏はダーウィン進化論の「個体は遺伝子を運ぶ乗り物(ビークル)に過ぎない」ことから生と死を考察。人口が爆発しないのは共通の先祖を持つ生物が資源を巡って競争するため。ミトコンドリアは母親からしか伝わらないため人類の祖先は13万年前のアフリカの女性に行き着くなどを報告。
 影山氏は満足度(不満度)に対するインパクトが最大なのは生殖年齢期など、3つの仮説から実証分析。満足度が低く、不満が深いことが必ずしも悪くなく、適応戦略上不可欠な要素―などと指摘した。
 会場からは「幸せにならないのに子供をつくるのか」「いまの出生率の原因はどこにあるのか」など、少子高齢化にからめた質問が出された。

関連記事

  1. 10万球のイルミ点灯 ホテルオークラ東京ベイ 10万球のイルミ点灯 ホテルオークラ東京ベイ
  2. 浦安点描:フラワー通りにペインティング 浦安点描:フラワー通りにペインティング
  3. わんぱくクイズ 戦いすんで…コメント集〜 わんぱくクイズ 戦いすんで…コメント集〜
  4. 市予算初の1千億円規模 市予算初の1千億円規模 震災復興推進などで
  5. 浦安点描:市制施行35周年 花火大会、華麗に 浦安点描:市制施行35周年 花火大会、華麗に
  6. 走り 食べ 観光! 初の浦安マラニック 4・14 走り 食べ 観光! 初の浦安マラニック 4・14
  7. 第38回市美術展11月12日〜 市民プラザ 約3100人が鑑賞 第38回市美術展11月12日〜 市民プラザ 約3100人が鑑賞
  8. 「今年は転機の年」松崎市長が意気込み 「今年は転機の年」 松崎市長が意気込み

新着記事

  1. 多彩な趣向に子どもが夢中! 郷土博物館の体験講座
  2. 税に関する絵はがきコンクールを開催
  3. 東京ディズニーリゾート 「ニューイヤーズ・グリー ティング」を開催
  4. 浦安商工会議所 賀詞交歓会開く
  5. 矢野京介 弁護士
 
PAGE TOP