文化

浦安小さな旅(2) 「境川を踏破する」

 私たちが暮らす浦安を歩いてみよう。小さな発見があるかもしれない。第2回は「境川を踏破する」。梅雨の晴れ間、浦安の中央部を流れる境川に沿って探訪した。

境川河口

 出発地点は河口。東京湾が広がる。遠く、木更津方面まで見渡す。さあ、歩いていこう。両岸に青々と茂る桜並木。春には見事な花を咲かせる。若潮公園に立ち寄った。漁船と魚、貝をかたどった造形物がある。

 「浦安町漁業記念碑」。往時、漁家1800戸を越え、漁業の町、浦安の名は天下津々浦々に及んだと記されている。公園内にヤギなどが飼育されている。子供たちが緑の丘を駆け上っていった。

 市役所を右手に見て進む。「常灯明跡」の表示があった。明治時代、暴風雨による漁船遭難事件が起きた。寺の住職が夜間、石油ランプを灯して漁師たちの道標とした。その後、鉄骨造りの常灯明が建設されたという。

 ◇快適な遊歩道

 東水門の先は、洗練された仕様で整備されている。快適な遊歩道だ。若い男女が楽しげに歩く。足取りが軽くなる。豊受神社に参拝した。境内には銀杏の大木が枝を伸ばす。2基の神輿が置かれている。白木の神輿と塗りの神輿。4年に一度の浦安三社祭は今年6月に開催される予定だった。だが、新型コロナウイルスの影響で延期となった。神輿は出番を待っているかのようだ。

 昼食時だ。豊受神社近くの「太月(たいげつ)」に入る。プロ野球巨人の阿部慎之助2軍監督(浦安出身)が少年時代から通った店だ。カツ丼を注文する。分厚い肉にかぶりつく。うまい。

 ◇おっぱらみ

「おっぱらみ」周辺

 境橋の近くに表示があった。興味深い逸話が記されている。 江戸時代、行徳には塩田があった。梅雨の季節、製塩関係者が境川をせき止めた。海水の塩分濃度が下がるのを防ぐためだ。だが、浦安の漁師が漁に出るには不便となる。漁師たちは団結して製塩関係者を追っ払った。故事にちなみ、この辺りはかつて、「おっぱらみ」と呼ばれていたそうだ。

 明治時代に創業された浅田煎餅本舗で、詰め合わせと青のりせんべいを買う。家族への土産だ。

 かやぶきの古い民家が建っている。旧大塚家住宅。江戸時代末期の建築と推定される。大塚家は漁業と農業を営んでいた。中に入ってみよう。座敷に座る。心地よい。

西水門

 新橋を越える。最終目的地、西水門に到着した。河口を出発して3時間余……。よく歩いた。桜の木陰で憩う。旧江戸川から涼しい風が吹いてくる。達成感が心の中に満ちてくる。

広告画像

関連記事

  1. 師走に向け「第九」練習始まる 12・9 老若男女が“歓喜”歌う 師走に向け「第九」練習始まる 12・9 老若男女が“歓喜”歌う
  2. 浦安点描: 〜薫風に泳ぐ鯉のぼり〜 浦安点描: 〜薫風に泳ぐ鯉のぼり〜
  3. ハロウィーンならでは、オシャレ魔女のデザートビュッフェ ヒルトン東京ベイ ハロウィーンならでは、オシャレ魔女のデザートビュッフェ ヒルトン…
  4. 浦安市成人式が3月に延期 浦安市成人式が3月に延期 新型コロナの感染症拡大に伴う緊急事態宣…
  5. 明るい笑顔と活気あふれる日常がここに! 「新浦安マルシェ」が再開 明るい笑顔と活気あふれる日常がここに! 「新浦安マルシェ」が再開…
  6. 堀江の正福寺で 「盆はお寺で過ごさナイト」を開催 堀江の正福寺で 「盆はお寺で過ごさナイト」を開催
  7. ニューイヤーにちなみ、 振る舞い甘酒、昔懐かしいお正月遊びコーナーも ニューイヤーにちなみ、振る舞い甘酒、昔懐かしいお正月遊びコーナー…
  8. うらじょグルメ(6) 本格火鍋でココロもカラダもポッカポカ 泰興(タイコウ) うらじょグルメ(6) 本格火鍋でココロもカラダもポッカポカ 泰…

新着記事

  1. 浦安市成人式が3月に延期
  2. 年頭のご挨拶 浦安市市長 内田悦嗣 更なるステップアップに向けた足元を固める
  3. 年頭のご挨拶 浦安市議会議長 宝 新 この難局を市・事業所・市民が一丸で乗り越える
  4. 薗浦健太郎代議士インタビュー 新型コロナウイルスや国際問題を語る
  5. うらじょグルメ(19) ラードでカラッと揚げた銘柄豚を とんかつ専門店 双葉 浦安本店

ダイニチグループ
株式会社北越マテリアル
メディケア浦安/田所医院
株式会社清五郎運送
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP