文化

浦安小さな旅(2) 「境川を踏破する」

 私たちが暮らす浦安を歩いてみよう。小さな発見があるかもしれない。第2回は「境川を踏破する」。梅雨の晴れ間、浦安の中央部を流れる境川に沿って探訪した。

境川河口

 出発地点は河口。東京湾が広がる。遠く、木更津方面まで見渡す。さあ、歩いていこう。両岸に青々と茂る桜並木。春には見事な花を咲かせる。若潮公園に立ち寄った。漁船と魚、貝をかたどった造形物がある。

 「浦安町漁業記念碑」。往時、漁家1800戸を越え、漁業の町、浦安の名は天下津々浦々に及んだと記されている。公園内にヤギなどが飼育されている。子供たちが緑の丘を駆け上っていった。

 市役所を右手に見て進む。「常灯明跡」の表示があった。明治時代、暴風雨による漁船遭難事件が起きた。寺の住職が夜間、石油ランプを灯して漁師たちの道標とした。その後、鉄骨造りの常灯明が建設されたという。

 ◇快適な遊歩道

 東水門の先は、洗練された仕様で整備されている。快適な遊歩道だ。若い男女が楽しげに歩く。足取りが軽くなる。豊受神社に参拝した。境内には銀杏の大木が枝を伸ばす。2基の神輿が置かれている。白木の神輿と塗りの神輿。4年に一度の浦安三社祭は今年6月に開催される予定だった。だが、新型コロナウイルスの影響で延期となった。神輿は出番を待っているかのようだ。

 昼食時だ。豊受神社近くの「太月(たいげつ)」に入る。プロ野球巨人の阿部慎之助2軍監督(浦安出身)が少年時代から通った店だ。カツ丼を注文する。分厚い肉にかぶりつく。うまい。

 ◇おっぱらみ

「おっぱらみ」周辺

 境橋の近くに表示があった。興味深い逸話が記されている。 江戸時代、行徳には塩田があった。梅雨の季節、製塩関係者が境川をせき止めた。海水の塩分濃度が下がるのを防ぐためだ。だが、浦安の漁師が漁に出るには不便となる。漁師たちは団結して製塩関係者を追っ払った。故事にちなみ、この辺りはかつて、「おっぱらみ」と呼ばれていたそうだ。

 明治時代に創業された浅田煎餅本舗で、詰め合わせと青のりせんべいを買う。家族への土産だ。

 かやぶきの古い民家が建っている。旧大塚家住宅。江戸時代末期の建築と推定される。大塚家は漁業と農業を営んでいた。中に入ってみよう。座敷に座る。心地よい。

西水門

 新橋を越える。最終目的地、西水門に到着した。河口を出発して3時間余……。よく歩いた。桜の木陰で憩う。旧江戸川から涼しい風が吹いてくる。達成感が心の中に満ちてくる。

広告画像

関連記事

  1. 海に臨むクリーンセンターの工房で 胸キュンな 「手すきハガキ」作り 海に臨むクリーンセンターの工房で 胸キュンな 「手すきハガキ」作…
  2. 17年連続ディズニー新成人 17年連続ディズニー新成人
  3. 全国学校給食週間 給食に「べか焼きそば」 全国学校給食週間 給食に「べか焼きそば」
  4. ウラヤスフェスティバル2019開催直前 浦安芸術花火 QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~ チケット特別販売決定! ウラヤスフェスティバル2019開催直前 浦安芸術花火 QUEEN…
  5. ディズニーアンバサダーホテル 「キングダム ハーツ」スペシャルルーム “特別なカギ”でゲームを再現 ディズニーアンバサダーホテル 「キングダム ハーツ」スペシャルル…
  6. 市役所前に佇む記念碑 ― 日露戦争の記憶を辿る ― 市役所前に佇む記念碑 ― 日露戦争の記憶を辿る ―
  7. ゆ~ゆ~カーニバル開催 今年で12回目、屋台が40店並ぶ ゆ~ゆ~カーニバル開催 今年で12回目、屋台が40店並ぶ
  8. 知ってるようで 知らない“生き物”「浦安の海苔養殖」展 知ってるようで 知らない“生き物”「浦安の海苔養殖」展

新着記事

  1. 「浦安の漁撈用具3」刊行 浦安市博物館
  2. 新型コロナウイルス対策ステッカーを発行 市内飲食店・店舗・事務所が対象
  3. 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始
  4. うらじょグルメ(15) 趣向を凝らした和食が味わえる 志摩家
  5. うらやすの人(56) 浦安市ゴルフ協会会員 深澤一三さん(71)

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社 富士屋商事
メディケア浦安/田所医院

今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…
嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金

PAGE TOP