教育

浦安高 学力向上へ大挑戦!! 探究ゼミと英語スクール開催  

 県立浦安高校(若菜秀彦校長)が、生徒の学力向上に向けた2つの新しい取り組みを始めた。1つは「探究ゼミ〜プロジェクトスタディ〜」。もう1つは「放課後英語スクール」の開催。どちらも校外の教育専門家を招いた年間授業の導入。「教える」から「自ら学ぶ」へ、変革期を迎えている教育界に一石を投じるか、注目される。

オープニングガイダンス

体育館で開かれた各講座のオープニングガイダンス

 浦安高校は1学年各6学級、生徒数713人。地域と連携した教育を推進する県内のコミュニティ・スクールに指定されている県立高校4校の1つ。
 今回の新しい取り組みは1年生240人全員が参加し、5月から来年1月まで年間9回、木曜日の午後、「総合的な学習の時間」(110分)を使って開かれる。
 「探究ゼミ」は、県内の私立大学8校の先生と2人の専門家が講師となり、10講座のゼミナールを開設する。
 例えばゼミ番号1は、千葉商科大の先生が講師になった講座名「店頭プロモーション企画」。
 テーマは、「経営者となって商品の流通を探る」(商学)。商品を店頭販売するのではなく、消費者が商品を手にするまで、経営者は何をするのか、店舗に並べられた商品に込められた社長の思いを探る。
 ゼミ番号6は、千葉工業大の先生。講座名は「アニメツーリズムと千葉」(日本文化)。
 私たちが暮らす千葉県が日本で生まれた小説、ライトノベルやアニメの中でどう描かれているかを調べ、聖地巡礼とも呼ばれるアニメツーリズムを考察する。

「教える」から「学ぶ」へ教育界に一石を投じるか

 ゼミはほかにも「身近なまちのルールを考えよう」(法律学)、「身体・遊びの探求」(舞踊学)、「一人ひとりを大切にする保育」(幼児教育)など。
 生徒は、あらかじめ10講座の中から4講座を選択、5月17日に開かれたオープニングガイダンスで内容を確認して1つの講座を選んだ。
 このゼミは、全講座とも「アクティブラーニング」という新しい勉強方法を採用する。学ぶ生徒の積極性を取り入れ、テーマも答えも生徒自身が考えて結論を出す。
 指導者からのアドバイスは極力抑え、従来の「教える」授業から「自らが学ぶ」授業への転換とするのが、大きなポイント。
 一方、もう1つの試み、「放課後英語スクール」は、民間学習塾の協力。浦安高校の校外組織、学校支援センター「浦高プライド」が浦安市内の英語塾と契約して、1年生を対象に放課後、手作りのアクティブラーニング室で学習する。
 年間16回、年間受講料は千円。希望生徒を募ったところ、定員10人に21人が応募。事前テストで、12人が受講することになった。テスト結果を参考に、生徒一人ひとりに合わせたプログラムと教材が用意される。
 若菜校長は「アクティブラーニングを取り入れた学習方法は理想的なものの、学年ぐるみで採用している高校は県内では聞いたことがない。今回実現できたのは講師の人たちの熱意と協力のおかげ。できれば今後も1年生を対象に実施したい」と話している。

関連記事

  1. 明海大学生たちのワイン造り ブドウ育成やラベル考案など、一連を学生が担当 明海大学生たちのワイン造り ブドウ育成やラベル考案など、一連を学…
  2. 市内全図書館 7月から月曜も開館 市内全図書館 7月から月曜も開館
  3. 浦安駅周辺土地区画整理 今年度から事業着手へ 浦安駅周辺土地区画整理 今年度から事業着手へ
  4. 松崎氏の挑戦、成就せず 現職の壁厚く、知名度不足 松崎氏の挑戦、成就せず 現職の壁厚く、知名度不足
  5. 日の出中サポーターズクラブ キャリア教育で文科相表彰 日の出中サポーターズクラブ キャリア教育で文科相表彰
  6. 中邑教授が 発達支援講演 「学ぶ環境で こどもは伸びる」 「学ぶ環境で こどもは伸びる」異才発掘PJの中邑教授が 発達支援…
  7. 浦安フェスティバル2015 9月5、6日開催 「浦安フェスティバル2015」
  8. 「投票は政治を動かす第一歩」 選挙啓発 県最優秀賞 浦安高3年 下門さん 受賞 「投票は政治を動かす第一歩」 選挙啓発 県最優秀賞 浦安高3年 …

新着記事

  1. 子どもたちの読書活動推進のため「子ども図書館」(仮称)整備計画進行
  2. 中央図書館がリニューアルオープン
  3. 「三社祭」に向けて意気込み語る 稲荷神社・総代長
  4. うらじょグルメ(10) コロッケとともに自家製カレーを満喫 コロッケのMARUYA(マルヤ)
  5. ディズニーアンバサダーホテル キングダム ハーツ スペシャルルーム再登場 シリーズを思い返せるリマインド新登場
 
PAGE TOP