文化

うらやすの人(32): 「浦安オールディーズバンド」

音楽通じて 共に元気で

 美浜4丁目の住宅街にある「浦安オールディーズバンド」リーダー・田中光男さん(69)の自宅。妻であり、ボーカルの典子さん(64)の案内で半地下式、30畳の防音稽古場に足を踏み入れた途端、懐かしくも迫力あるアメリカンポップスのメロディーが流れていた。
 この日は2週間に一度の練習日。7人のメンバーのうち、居合わせたベース担当の岡田二郎さん(70)、キーボードの久保英道さん(68)、バリトンの勝呂和男さん(68)、ギターの牛田康博さん(65)らに話を聞いた。

浦安オールディーズバンド

浦安オールディーズバンド。前列左から田中さん夫婦、岡田さん。
後列同、久保、勝呂(1人おいて)、牛田の皆さん

 メンバーの経歴も多彩。田中さんが元GS(グループサウンズ)「ジ・アイドルズ」から編集者に、岡田さんはジ・アイドルズから演歌歌手に転向。久保さんは元JAL国際線キャプテン。勝呂さんは元警視庁警視。牛田さんはフジテレビ制作会社の元テレビマン。多士済々だ。
 メンバーの平均年齢は、まさに “団塊世代”。演奏もさることながら「40~50キロもあるアンプなどの音響機器運搬や、会場のイス並べといった準備に時間がかかる」「段々きつくなってきた」「リハビリバンドだからね」―。
 口をついで出る自虐的なフレーズに、仲間との信頼関係が垣間見えた。このバンドを陰から支えているのが近所の60~70代のサポーター。会場でのイスの出し入れなどに欠かせない存在と、田中さんらは感謝しきり。

’50〜’60年代アメリカンポップス
26日 忘年ツイストライブ公演

 東京・荻窪生まれで板橋育ちの田中さんが浦安市美浜に居を構えたのは36年前の町時代。町会祭り10周年でバンドを結成したのが好評で「1回だけで解散はもったいない」とつづけて今年で25年。かつての “企業戦士” たちは第二の人生に入っている。
 公演会場も観客が100人を超えたため、美浜公民館を経て平成25年11月から新浦安駅前のウエーブ101に移転。レパートリーは1950~60年代アメリカンポップスからエルビス、ビートルズ、ジャズ、GS、青春歌謡など約270曲。
 口コミなどで固定ファンも増え、7割が常連さん。千葉県内だけでなく、東京、埼玉、神奈川から駆けつけるファンもいるという。 
「健康で長くつづけたい。われわれバンドメンバーも、お客さんとも手を携えていきたい」と田中さんは来年の目標を掲げた。
   ◇
 26日の忘年ツイストライブ公演は18時から、ウエーブ101大ホール。入場料500円。
 悲しき街角、朝日の当たる家、ダイアナ、GS、ビートルズほかを演奏。サプライズゲストが登場するかも!?

広告画像

関連記事

  1. 浦安市民ミュージカル「シンデレラ」 3・11文化会館で上演 浦安市民ミュージカル「シンデレラ」 3・11文化会館で上演
  2. 都並監督、小島選手 今シーズンの抱負語る 都並監督、小島選手 今シーズンの抱負語る
  3. 日の出写真倶楽部 20周年写真展 日の出写真倶楽部 20周年写真展 絶妙なアングルと色彩で魅了
  4. 境川にこいのぼりを およがせよう! 開催
  5. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(30) 離婚届不受理申出書
  6. オリエンタルホテル東京ベイ 親子でつくろう父の日スイーツ オリエンタルホテル東京ベイ 親子でつくろう父の日スイーツ
  7. 夫婦で「電話 de 詐欺」防ぐ 3人に署長感謝状を贈呈 夫婦で「電話 de 詐欺」防ぐ 3人に署長感謝状を贈呈
  8. ハロウィーンならでは、オシャレ魔女のデザートビュッフェ ヒルトン東京ベイ ハロウィーンならでは、オシャレ魔女のデザートビュッフェ ヒルトン…

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP