文化

ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著


学生時代にサッチモと会い、愛用のトランペットを吹いたという思い出も

 浦安在住のジャズ奏者、外山喜雄、恵子夫妻が7月下旬、ジャズの巨星、ルイ・アームストロング(愛称・サッチモ)の本格的解説書「ルイ・アームストロング生誕120年没50年に捧ぐ」(冬青社)を出版する。

ルイ・アームストロングの本格的解説書を共著した外山喜雄、恵子夫妻

 サッチモは1901年、米国・ニューオリンズで生まれた。ジャズ界で大活躍し、1971年に死去した。解説書では彼の劇的な人生、秘話、名曲、そして「銃に代えて楽器を」として、日本からニューオリンズの子供たちに楽器を贈った運動などを記している。

 1960年代、サッチモが来日。早稲田大学の学生だった外山さんは楽屋に行き、サッチモと会った。愛用のトランペットが置いてあり、金色に輝いていた。了解を得て手にとった。サッチモはにこにこ笑っている。

 「ええい、吹いちゃえ」 とっさの判断で外山さんはジャズの王者のトランペットを吹いたという。

 恵子さんは楽屋前で待っていた。外山さんが「サッチモのラッパ、吹いちゃったよ」と、夢見心地で出てきたのを鮮明に憶えている。

 その後、外山夫妻はニューオリンズにジャズの武者修行に出かけ、サッチモの訃報を聞いた。若者たちが伝統のジャズ葬式を行い、故人を悼んだのを目撃した。

出版される本

 昨年6月から執筆開始。恵子さんは「文章は苦手ですが、楽器をニューオリンズに贈った運動とみなさんの善意を書き留めなくてはと覚悟を決めました」と振り返る。

 外山さんは「サッチモは100年後、200年後も愛されると思う。サッチモへの想いのたけを書いた。楽しく読める本です」と笑顔で語っている。

 本出版とCD「デキシーマジック・ビビデバビデ・ブーアゲイン」発売を記念して特別ライブが8月8日、ジャズクラブのコットンクラブ(千代田区丸の内)で開催される。

 午後4時、6時半の2回公演。全席指定。テーブル席7千円から。03・3215・1555(7月12日予約受付開始)

広告画像

関連記事

  1. 日の出写真倶楽部 20周年写真展 日の出写真倶楽部 20周年写真展 絶妙なアングルと色彩で魅了
  2. 第2回オカリナ・コンサート 2/24(日) 午後2時 浦安音楽ホールで開催 第2回オカリナ・コンサート 2/24(日) 午後2時 浦安音楽ホ…
  3. 富士屋商事社長 志田 健司 日本国の未来は(10) リセット元年 富士屋商事社長 志田 健司…
  4. 浦安ブライトンホテル東京ベイ 自分史動画制作 新プラン始まる 浦安ブライトンホテル東京ベイ 自分史動画制作 新プラン始まる
  5. 車いすバスケチームの事前キャンプ 昨夏の交流が実る 車いすバスケチームの事前キャンプ 昨夏の交流が実る
  6. 浦安囃子など房総の郷土芸能 東葛8団体が披露 浦安囃子など房総の郷土芸能 東葛8団体が披露
  7. 都並監督、小島選手 今シーズンの抱負語る 都並監督、小島選手 今シーズンの抱負語る
  8. うらやすの人(60) 中野恒明さん (69) オール浦安で境川を上流から河口まできれいに うらやすの人(60) 中野恒明さん (69) オール浦安で境川…

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP