文化

ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著


学生時代にサッチモと会い、愛用のトランペットを吹いたという思い出も

 浦安在住のジャズ奏者、外山喜雄、恵子夫妻が7月下旬、ジャズの巨星、ルイ・アームストロング(愛称・サッチモ)の本格的解説書「ルイ・アームストロング生誕120年没50年に捧ぐ」(冬青社)を出版する。

ルイ・アームストロングの本格的解説書を共著した外山喜雄、恵子夫妻

 サッチモは1901年、米国・ニューオリンズで生まれた。ジャズ界で大活躍し、1971年に死去した。解説書では彼の劇的な人生、秘話、名曲、そして「銃に代えて楽器を」として、日本からニューオリンズの子供たちに楽器を贈った運動などを記している。

 1960年代、サッチモが来日。早稲田大学の学生だった外山さんは楽屋に行き、サッチモと会った。愛用のトランペットが置いてあり、金色に輝いていた。了解を得て手にとった。サッチモはにこにこ笑っている。

 「ええい、吹いちゃえ」 とっさの判断で外山さんはジャズの王者のトランペットを吹いたという。

 恵子さんは楽屋前で待っていた。外山さんが「サッチモのラッパ、吹いちゃったよ」と、夢見心地で出てきたのを鮮明に憶えている。

 その後、外山夫妻はニューオリンズにジャズの武者修行に出かけ、サッチモの訃報を聞いた。若者たちが伝統のジャズ葬式を行い、故人を悼んだのを目撃した。

出版される本

 昨年6月から執筆開始。恵子さんは「文章は苦手ですが、楽器をニューオリンズに贈った運動とみなさんの善意を書き留めなくてはと覚悟を決めました」と振り返る。

 外山さんは「サッチモは100年後、200年後も愛されると思う。サッチモへの想いのたけを書いた。楽しく読める本です」と笑顔で語っている。

 本出版とCD「デキシーマジック・ビビデバビデ・ブーアゲイン」発売を記念して特別ライブが8月8日、ジャズクラブのコットンクラブ(千代田区丸の内)で開催される。

 午後4時、6時半の2回公演。全席指定。テーブル席7千円から。03・3215・1555(7月12日予約受付開始)

広告画像

関連記事

  1. 初の境川クリーンアップ 15団体が協力 境川であそぼう実行委員会 初の境川クリーンアップ 15団体が協力 境川であそぼう実行委員会…
  2. 宴会場「華厳の間」が 多目的イベントスペースに シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 宴会場「華厳の間」が 多目的イベントスペースに シェラトン・グラ…
  3. 鈴木選手、創意工夫を重ねて進化し続ける「ないものを嘆くな。あるものを生かせ」 鈴木選手、創意工夫を重ねて進化し続ける「ないものを嘆くな。あるも…
  4. 浦安市国際交流協会 和食体験で文化交流 浦安市国際交流協会 和食体験で文化交流
  5. コロナ禍での上手な図書館活用法 ホームページを使って新ジャンルとの出合いも コロナ禍での上手な図書館活用法 ホームページを使って新ジャンルと…
  6. 第5回市写真展 10月はオンライン開催 作品募集は9/11まで 第5回市写真展 10月はオンライン開催 作品募集は9/11まで
  7. 稲荷神社 社務所と御輿庫を建て替え 稲荷神社 社務所と御輿庫を建て替え
  8. うらやすの人(24): 浦安ボッチャ協会 中台保会長 うらやすの人(24): 浦安ボッチャ協会 中台保会長 パラリンピ…

新着記事

  1. 心待ちにしていた浦安三社例大祭復活
  2. 三社例大祭 ハイライト
  3. 浦安三社例大祭8年ぶりに開催浦安っ子の心意気示す
  4. 東京ディズニーシー、新エリア「ファンタジースプリングス」開業
  5. ウルフ・アロンさん パリ五輪への意気込みを語る

浦安ふじみクリニック
さくら保育園
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP