文化

浦安小さな旅(16) 「青べか物語」

 私たちが暮らす浦安を歩いてみよう。小さな発見があるかもしれない。
 今回は浦安を舞台にした山本周五郎の傑作「青べか物語」。ゆかりの地を巡った。

◇昭和初期の浦安

 青年作家だった山本周五郎は昭和初期、浦安で暮らした。その体験を基に「青べか物語」を執筆する。青べかとは青いペンキを塗ったべか舟のことである。

夕暮れの境川

 境川の東水門からスタートした。かつて、この先には遠浅の海が広がっていた。周五郎が芳じいさんと出会ったのがこの辺りだ。

 境川に沿って歩いて行く。空は青い。快適だ。

 境橋を渡る。フラワー通りに出る。寄席「浦安亭」が営業していたそうだが、今は面影もない。銭湯も姿を消した。旧大塚家住宅(市文化財)が残る。漁業と農業を営んでいた。家の中に入る。神棚と床の間が立派だ。

 昼時。そば処「天哲」へ。創業100年を超える老舗。今も家族で店を支える。周五郎は原稿料が入ると、この店で天ぷらを注文、酒を飲んだという。私は鴨せいろを注文。うまい。

◇蒸気河岸跡

 再び、境川へ。新橋の近くには、昔、見事な大松が枝を伸ばしていた。ここで周五郎はあの芳じいさんに「青べか」を売りつけられる。

蒸気河岸跡

 旧江戸川に出た。河岸には蒸気船の発着場があった。周五郎はこの界隈で暮らし、「蒸気河岸の先生」と呼ばれていたという。

 西水門の近くには船宿「吉野屋」が健在だ。作品には船宿「千本」として登場する。なぜ「千本」なのか。そのこころは吉野千本桜・・・。

 周五郎は吉野屋の息子、長太郎(小学生)と親しくなる。浅草の映画館に連れていったこともある。戦後、浦安を訪れた周五郎は長太郎と再会する。情感こもる名場面だ。

◇清瀧弁財天

 旧江戸川沿いを下流に向かって歩いて行く。風が強く吹く。住宅地の一角に清瀧弁財天が建つ。

 作品では一時期、多くの参詣者で賑わっていたと紹介されている。

 今、境内は静かだ。池には鯉が泳ぎ、亀が浮かぶ。若い女性がひとり。手を合わせている。

(塩塚 保)

広告画像

関連記事

  1. 「華麗なる2台ピアノの世界 ~デュオ・グレイス~」3/16㈯ 音楽ホール 「華麗なる2台ピアノの世界 ~デュオ・グレイス~」3/16㈯ 音…
  2. あなたの推しカクテルはどれ? 浦安ブライトンホテル東京ベイ 1階レストラン「カシュカシュ」カラフルカクテルコーナーが新登場 あなたの推しカクテルはどれ? 浦安ブライトンホテル東京ベイ 1階…
  3. 境川クリーンアップ開催 ゴミ拾い終了後に乗船体験実施 11/17(日) 境川クリーンアップ開催 ゴミ拾い終了後に乗船体…
  4. 「美」と「学び」を体験する「雅の会」 浦安ブライトンホテル東京ベイ 「美」と「学び」を体験する「雅の会」 浦安ブライトンホテル東京ベ…
  5. うらじょグルメ(45) 一歩入ればハワイのリゾート「ALOHA LOUNGE」 うらじょグルメ(45) 一歩入ればハワイのリゾート「ALOHA …
  6. 里帰りの母親にも拡大 日帰り、宿泊型産後ケア 里帰りの母親にも拡大 日帰り、宿泊型産後ケア
  7. 電話de詐欺防いだ2人表彰 高橋さんは2回目 電話de詐欺防いだ2人表彰 高橋さんは2回目
  8. 明るい笑顔と活気あふれる日常がここに! 「新浦安マルシェ」が再開 明るい笑顔と活気あふれる日常がここに! 「新浦安マルシェ」が再開…

新着記事

  1. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活
  2. 迫力ある取組を生で観戦 大相撲浦安場所 4/18開催
  3. ウルフ・アロン選手がパリ五輪内定 東海大浦安高出身 東京五輪金メダリスト
  4. 接戦を制し九州に7対6で競り勝つ 浦安D-ロックス
  5. 東京ディズニーシー新テーマポート ファンタジースプリングス 6月6日にいよいよ開業!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP