スポーツ

東京パラ・車いすバスケットボール 京谷ヘッドコーチが内田市長を表敬訪問

 東京パラリンピック大会で、車いすバスケットボール男子日本代表チームのヘッドコーチを務めた京谷和幸(きょうや・かずゆき)氏(50)=浦安市在住=が、9月27日、内田悦嗣市長を表敬訪問した。

京谷イズムを浸透させ、見事、銀メダルを獲得

 内田市長から花束と浦安市特別表彰の表彰状を贈られた京谷氏は「今大会、車いすバスケは全試合がテレビ放送され、パラスポーツの中でも花形となってきたことは、とてもうれしい。銀メダルはスタート地点で、今後も高みを目指していきたい」と抱負を語った。

京谷和幸ヘッドコーチ(右)と内田悦嗣市長
※撮影のためにマスクを外しています

 内田市長は「京谷さんは長年、選手として車いすバスケを牽引してきました。市はこれからも、車いすバスケを含めてパラスポーツの素晴らしさを発信していくつもりです」と述べた。

 これに対し、京谷氏は、ヘッドコーチのやりがいについて「2020年2月に就任して、パラリンピック開幕まで半年で何ができるか、と思いましたが、コロナ禍で1年延期となったことで、『ディフェンスで世界に勝つ』『1・5倍の運動量』『トランジション(攻守の切り替え)バスケの遂行』という京谷イズムを浸透させることができました」と喜びを語った。

 京谷さんが、車いすバスケを知ったきっかけは浦安市役所だった、という。「Jリーガーだった28年前、運転中の交通事故で葛南病院(現・東京ベイ・浦安市川医療センター)に入院。妻が市役所に障害者手帳を申請した時、福祉課(当時)の窓口にいた人が、小瀧修さんでした」と、当時車いすバスケのトップチーム『千葉ホークス』の中心選手だった小瀧さんとの出会いを語った。

 病院で車いすバスケを始め、千葉ホークスに入団、2000年のシドニー五輪のパラリンピック代表にも選ばれた。その時のヘッドコーチが、また小瀧さんだった。

 今後の活動については「障害のある子どもたちが進む道を見つけられるように、と『きっかけプロジェクト』をスタートさせました。車いすバスケに限らず、ボッチャやフェンシングなど、自分で見て知って感じて、できると思うスポーツを見つけて、それを始められるようにつないでいく活動です」と強調した。

広告画像

関連記事

  1. うらやすの人(53) 船宿吉野屋 吉野眞太朗さん(69) うらやすの人(53) 船宿吉野屋 吉野眞太朗さん(69)
  2. 女人禁制無関係、小学生が熱戦 わんぱく相撲に350人 女人禁制無関係、小学生が熱戦 わんぱく相撲に350人
  3. 浦安在住ジャズ演奏家 外山喜雄さん率いるデキシーセインツが復活! 新浦安「浦安レビュー」でライブ再開 浦安在住ジャズ演奏家 外山喜雄さん率いるデキシーセインツが復活!…
  4. "スポーツの秋" 総合体育館 9月の催し “スポーツの秋” 総合体育館 9月の催し…
  5. 「市民を笑顔にする」 サッカーを通して恩返し ブリオベッカ浦安 「市民を笑顔にする」 サッカーを通して恩返し ブリオベッカ浦安
  6. 浦安ゆかりのイラストレーター吉泉ゆう子さん 作品展「海と風と堀中出身と」を開催 浦安ゆかりのイラストレーター吉泉ゆう子さん
    作品展「海と風…
  7. うらやすの人(64) 大蓮寺 江口隆定 住職 歴史と伝統引き継ぎ、次世代に継承を 「地域社会に根差していきたい」 うらやすの人(64) 大蓮寺 江口隆定 住職 歴史と伝統引き継…
  8. バトン世界大会優勝の上田莉夢(りのん)選手 市役所に凱旋、快挙を報告 バトン世界大会優勝の上田莉夢(りのん)選手 市役所に凱旋、快挙を…

新着記事

  1. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活
  2. 迫力ある取組を生で観戦 大相撲浦安場所 4/18開催
  3. ウルフ・アロン選手がパリ五輪内定 東海大浦安高出身 東京五輪金メダリスト
  4. 接戦を制し九州に7対6で競り勝つ 浦安D-ロックス
  5. 東京ディズニーシー新テーマポート ファンタジースプリングス 6月6日にいよいよ開業!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP