「目指すのは街の安全だ」 浦安防災

浦安市を拠点とする株式会社「浦安防災」は、東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城など関東一円であらゆる施設・建物の消防設備の点検、工事を進めている。

浦安防災のプロフェッショナル集団

有事に備える

 浦安防災は消防設備のプロフェッショナル集団だ。集合住宅、商業ビル、小中学校、病院、ホテル、重要文化財などの消防設備を点検しており、年間2800件を超える。

 事業内容は消火設備、自動火災報知設備、避難器具設備、誘導灯設備、屋内・屋外消火栓設備、スプリンクラー設備、防排煙設備、連結送水管設備、非常放送設備など多岐にわたる。

 河野晃一郎社長(46)は「消防設備は有事のときに使用する。しっかり点検しています」と話す。

 管理しているマンションで火災が発生。担当者から「今、火災が起きている」と急報が入り、河野社長は現場に駆け付けた。鎮火後、消防署とともに担当者が消防設備を点検した。非常ベルは正常に作動し、防火扉は閉まっていた。連結送水管も正常で消火活動は順調に行われ、最小限の被害で収まったことを確認したという。

 消防設備点検の仕事が入ると、担当者が現地に足を運ぶ。綿密に打ち合わせを行い、信頼関係を築く。

 「病院の手術室の点検などは、事情によって臨機応変に対応します」

 また、マンションのベランダの避難ハッチに重いものを置いている場合、住民に避難経路の確保を指導する。こうした積み重ねによって「浦安防災は動きがいい」という評価が高まっている。

事業継承

河野晃一郎社長

 浦安防災は先代社長の保坂末吉さんが創業した。河野さんは30代で入社。先輩社員について現場を回り、勉強して消防設備士の資格を取得した。

 平成29年、社長に就任し、事業を継承する。

 「先代社長の思いを引き継ぎ、新しいことにチャレンジしたかった」

 企業理念は「点検の積み重ねが命をつなぐ」。全社員が応募し、多数決で決めた。風通しのいい、明るい社風がうかがえる。河野社長は笑顔で語る。

 「社員は仲間。宝です。命と財産を守るのが私たちの仕事。認知度を高め、顧客満足度をもっとあげていきたい。消防設備の点検は私たちにお任せください」

異色の経歴

 河野社長は浦安出身だ。中学時代はサッカー部。10代から音楽活動を始め、ロックバンドでギターを弾いていた。ホテルマンに転身し、その後、浦安防災に入社した。浦安青年会議所で活動し、人脈を広げた。大切にしている言葉は「つらいときこそ、笑え」

広告画像

関連記事

  1. うらじょグルメ(31) 旬の食材を使った手作り料理に 選りすぐった、こだわりの酒を 新鮮や たく うらじょグルメ(31) 旬の食材を使った手作り料理に 選りすぐっ…
  2. 年頭のご挨拶 浦安市市長 内田悦嗣 更なるステップアップに向けた足元を固める 年頭のご挨拶 浦安市市長 内田悦嗣 更なるステップアップに向けた…
  3. 本物のモミの木を使った香り高い7mのツリー イクスピアリ 本物のモミの木を使った香り高い7mのツリー イクスピアリ
  4. 大塚・浦安高校野球部監督が定年に 荒れた学校、少ない部員、辛抱強く再建 大塚・浦安高校野球部監督が…
  5. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(24) 財産分与不動産
  6. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(74) 生活費を渡してくれない時…
  7. うらじょグルメ(17) ジャンルにとらわれず多彩な料理堪能 ダイニングバー ミラコロ うらじょグルメ(18) ジャンルにとらわれず多彩な料理堪能 ダ…
  8. 浦安市市制施行40周年・千葉県誕生150周年記念式典開催 浦安市市制施行40周年・千葉県誕生150周年記念式典開催 華やか…

新着記事

  1. 心待ちにしていた浦安三社例大祭復活
  2. 三社例大祭 ハイライト
  3. 浦安三社例大祭8年ぶりに開催浦安っ子の心意気示す
  4. 東京ディズニーシー、新エリア「ファンタジースプリングス」開業
  5. ウルフ・アロンさん パリ五輪への意気込みを語る

浦安ふじみクリニック
さくら保育園
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP